2月 2014

ブラインド

押し出し状態の種類①

「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 押し出し状態の中から、よく使用する3つをご紹介します。 (※画像は全て「押し出しカット」したものです) . 【 ① ブラインド 】                   . スケッチ平面から距離を指定して押し出します。       【 ② 全貫通 】 スケッチ平面から、既存するモデル形状を全て貫通するように押し出します。     . . 【 ③ 次サーフェスまで 】 スケッチ平面から、スケッチ輪郭と交差する次のサーフェス(面)まで押し出します。       ...

アドライズ創業10周年キャンペーン

アドライズ創業10周年を記念して、キャンペーンをいたします。 ご好評いただいている【よくわかる!SOLIDWORKS活用研修3次元設計】DVDですが、 より多くの人にお届けできるよう以下の3つの特典を付けさせていただくことになりました。   オリジナルテキスト オリジナルメールセミナー 60,000円→55,000円 (税別)   詳細は下記PDFをご覧下さい。 https://cadrise.jp/wp-content/uploads/2014/02/dvd.pdf   4/30までの期間限定ですので、お早めにご検討下さい。...

コンフィギュ003

コンフィギュレーションの追加

今回はコンフィギュレーションを追加したいと思います。 コンフィギュレーションを使うと、1 つのドキュメントで複数の部品やアセンブリ モデルを作成できます。   左の図はM5六角穴付ボルトです。 ねじ部分の長さは10mmです。 コンフィギュレーションを使って長さ15mmのM5六角穴付ボルトを作ってみましょう。                 図のConfigurationManagerをクリックします。           右クリックでメニューが開くのでその中からコンフィギュレーションの追加を選択します。                       コンフィギュレーション名を「15」とします。                      コンフィギュレーションを追加することができました。                               FeatureManagerデザインツリーに戻ってねじ部分を作成したフィーチャーを編集します。   距離を「15mm」に変更して、コンフィギュレーションは「当コンフィギュレーション」にチェックを入れます。                     コンフィギュレーション機能によりねじ部分が15mmのM5六角穴付ボルトを追加できました。 コンフィギュレーションをデフォルトにすると10mmのM5六角穴付ボルトが表示されます。  ...

抜き勾配 オン/オフ

  【勾配】とは「水平面に対する傾きの度合い」のことです。 SOLIDWORKSでは、「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 【抜き勾配オン/オフ】を設定することで、簡単に勾配をつけることができます。   例えば、100mm × 100mm の正方形を 100mm押し出す場合、 上のようなプロパティと、押し出し状態のプレビューが表示されます。   この時、プロパティから「抜き勾配オン/オフ」ボタンを押すと、 勾配の角度を指定できるようになります。     抜き勾配をオンにして、角度を10度に設定すると、このように勾配がつきます。 標準状態では、勾配は内側に向かってつくように設定されています。       「外側に抜き勾配指定」にチェックを入れると、勾配は外側に向かってつきます。     【抜き勾配】は、押し出しカットでも同様に設定することができます。  ...

エンティティオフセット

今回は【エンティティオフセット】についてご説明します。 【エンティティオフセット】とは既にある線をある一定の間隔(オフセット)で スケッチできる機能(コマンド)のことです。                 ↑上のように図をかいてみましょう。       ↑CommandManagerから「エンティティオフセット」をクリックします。                       ↑基となる線(ここではこの矩形です)を選択すると水色にハイライトします。                     ↑パラメータの線を「15.00mm」に設定してみます。 「寸法の追加」と「チェーン選択」にチェックが入っていることを確認します。                     ↑15mm外側にオフセットした線が追加されました。                 ↑同じように次は角丸の矩形を作ってみましょう。 寸法を「70」と「150」、「R20」と設定してみます。                     ↑エンティティオフセットをクリックし、基となる線を選択します。 今回は10.00mmを「反対方向」にもチェックを入れてみます。 すると先ほどとは逆に内側に線が追加されます。                       ↑「ボス押し出し」をします。                     ↑「エンティティオフセット」コマンドを活用する機会は多いと思うので しっかり覚えておきましょう。...