5月 2014

好評につき追加開催! 「3次元CAD入門講習会」3日間 in 長野県伊那技術専門校

※こちらのセミナーは終了いたしました。ありがとうございました。   ■日時:2014年6月30日(月)~7月2日(水) の3日間  各9:00~17:00 ■定員: 10名 ■申込締切:2014年6月10日(火) ■対象者: これからSOLIDWORKSに触れる方、基本からしっかりと習得したい方、ポイントを押さえて短時間で基本操作を習得したい方。 ■前提条件: Windowsの基本操作ができる方 ■講習内容 : 部品・組立・図面の作成を行い、実務でよく使用する基本操作を学習します。身近なモデルの作成を通して必要な操作が身につきます。豊富なビジュアルのテキストを使用することで、視覚的にもわかりやすい講習内容です。なお、この講習会は平成26年6月3日~6月5日に行う講習会と同じ内容のものです。    1日目 ・3次元CADの概要 ・部品の作成(モデリング基礎)  2日目 ・部品の組立(アセンブリ基礎 ・2次元図面作成  3日目 ・応用演習 コーヒーミルの作成 ・応用機能紹介 モーション他 ※進捗状況などにより、内容が変更になる場合があります。   ■受講場所: 伊那技術専門校 メカトロニクス科第1実習棟CAD室 ■講師:(株)アドライズ 村山久美子 ■テキスト代: 3,456円  「よくわかる3次元CADシステム SOLIDWORKS入門 Part3」(日刊工業新聞社)  3,456円(税込)受講料と一緒にお持ちください。なお、テキストをすでにお持ちの方は、購入の必要はありません。 ■持 ち 物:筆記用具、昼食、上履き ■お申し込み方法 募集期間内に受講申込書をFAX・Eメール・郵送か窓口に直接持参してください。電話での問合せは結構ですが申込みはできませんので御承知おきください。折り返しメールにてご連絡いたします。   ■受講者の決定と通知 ①先着順とします。 ②定員を超える応募があった場合は、在職者を優先します。また、同一事業所からの複数受講について人数を調整していただくことがあります。 ③受講決定者には決定の通知を送付します。開講5日前になっても受講に対する連絡がない場合はお問い合わせください。 ④定員を超える応募があった場合で受講ができない方には申込担当者に電話にて連絡致します。 ⑤応募が極端に少ない場合には、中止させていただくことがあります。   ■受講料の支払方法、その他 ①受講料は、受講決定後に送付する納付書により事前に納入してください。 ②キャンセルの場合、受講決定通知に記載の期限までに連絡がない場合には受講料をご負担いただきますのでご了承ください。 ③テキスト代は講習会初日に現金でつり銭のないようお持ちください。受付時に販売します。     ○お問合せ先 長野県伊那技術専門校 担当:木下・小林 〒399-4511 上伊那郡南箕輪村8304-190 E-Mail:inagisen@pref.nagano.lg.jp URL: http://www.inagisen.ac.jp/ TEL:0265-72-2464  FAX:0265-72-2064      ...

ロゴのトレース

今回は【ロゴのトレース】をしてみたいと思います。   以前の「テキスト その1」 「テキスト その2」では文字を部品の面にスケッチしましたが、 今回はテキストではなく「ロゴ」などの「bmp」や「png」形式に保存した画像をスケッチ図として持ち込み、 トレースする方法をご説明します。               ↑まず、上の図のようなモデルをつくります。                               ↑今回は「CADRISE.bmp」の画像を取り込みます。 画像を挿入したい面にスケッチに入り、 「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ図」を選択します。                         ↑適度な位置に配置します。(《CAD》のみトレースします)                       ↑早速スケッチをはじめましょう。 画像を挿入したままの同じスケッチで、 「直線」と「スケッチフィレット」を用い《CAD》をトレースします。 トレースする図形によっては「円弧」や「スプライン」等を使い分けてください。                       ↑スケッチを終了します。                     ↑《CAD》をトレースしたスケッチを選択して、「フィーチャー」の「ラップ」をクリック。                       ↑「ラップパラメータ」の「浮き出し」を選択します。                       ↑つぎに「浮き出し」する「面」を選択し、ここでは厚さ「3.00mm」で、OKをクリックします。                       ↑ロゴを「浮き出し」でトレースできました。                       ↑また、「掘り込み」を選択し「3.00mm」の場合は上の図のようになります。 ※ 「線彫り」は、面上にスケッチの輪郭の2Dフィーチャーを作成することです。      ...