11月 2018

【図面テクニック】参考寸法の表示方法

  図面に寸法を記入する際、 本来、記入しなくてもいい寸法でも、 図面上で表記しておきたい寸法に( )をつけて 表記するのが「参考寸法」です。   今回は図面ドキュメントで、寸法を参考寸法の表示に変える方法を 長さと半径の2種類でご紹介します。     長さの寸法を変更するには それでは、操作方法を見ていきましょう。 表示を変更したい寸法を選択します。 寸法を選択するとツリーの表示が寸法配置のプロパティにかわります。 寸法テキストの項目の下図のボタンを押すと・・   寸法値に( )かっこが付いた参考寸法の表示に変わりました。   ****** 半径を参考寸法の( R )にするには 半径寸法は通常はこのように表示されます。   寸法配置のプロパティで、 寸法テキストの「R」は残し、<DIM>を削除します。 (※SOLIDWORKSでは寸法は自動的に <DIM> で表されます。)   ( )カッコ表示のボタンをおします。   簡単にカッコが追加できました。   一度お試しください。  ...

よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】

よく使う購入部品や標準部品をアセンブリドキュメント内に配置する際、 どのように部品データを読み込んでいますか?       SOLIDWORKSの「既存の部品/アセンブリ」コマンドから、 あるいはエクスプローラーからドラッグ&ドロップで読み込む方が 多いのではないでしょうか。   しかしこれらの方法では、 ファイルを読み込もうとする度に その部品の保存先のフォルダを 探しに行かなければなりません。   今回は、こういったときに簡単に部品を読み込める オススメの方法をご紹介します。       それは、 「デザインライブラリ」です。 【デザインライブラリとは?】 使用頻度の高い部品・アセンブリなどのデータを、 登録しておくことができる場所です。 簡単にドキュメントへ追加することができます。     まずは、よく使う部品の保存先のフォルダを登録します。 SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目の「デザインライブラリ」をクリック。 「ファイルの場所を追加」をクリックし部品の保存先フォルダを指定します。 (ここでは、「標準部品」というフォルダを指定しました)   すると、右側の「デザインライブラリ」に指定したフォルダが追加されます。 (「標準部品」という先ほど指定したフォルダが加わっていますね) こちらをクリックすると、フォルダ内に保存されている部品などが デザインライブラリ下部に表示されます。   あとは実際にこれらの部品を配置したいアセンブリドキュメントを開き、 配置したい部品をアセンブリドキュメントへ ドラッグ&ドロップすれば簡単に配置できます。   以降、この部品を配置する際は 「デザインライブラリ」から簡単にアセンブリへ 読み込むことができます。         いかがですか? お仕事によっては何度も使う部品が沢山ある方も いるかと思います。 決まったアイテムは、探しに行かなくてもすぐにドロップできたら 作業効率も大幅に上がりますね。     ******** その他、活用方法もご紹介します。 「デザインライブラリ」から スケッチをブロックにして登録したり、 注記(テキスト)を登録し読み込むこともできます。   また、グループの共有ディレクトリにフォルダ作成し、 そのフォルダをデザインライブラリに登録することで、 データを共有して使用できます。 色々な活用方法がありますので まだ使ったことがない方は是非試してみてくださいね。  ...