11月 2019

部品の動きを確認しよう ~制限合致①~

  装置設計で機械の動きを表現する場合、 コンフィギュレーションを用いることがあります。 コンフィギュレーション機能は、 1 つのドキュメント内に 形状違いなど複数の部品やアセンブリモデルを作成できます。   例えばシリンダなどの装置設計で動きをみる際に コンフィギュレーションを用いた場合は 「最大」や「最小」といった特定の位置の状態を再現できます。 コンフィギュレーションの追加はこちらから https://cadrise.jp/manual/so_manual/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%bf%bd%e5%8a%a0/     設計をするときに、 「実際の動きを確認しながら設計をしたい」 と思ったことありませんか? 今回ご紹介するコマンドを使用することで、 部品がどのように動くのかを表現することができます。 2回に渡ってご紹介する内容はこちら☟ 第1弾 【制限合致】 第2弾 【サブアセンブリのフレキシブル化】     今回は、設定をするにあたっての準備段階 【制限合致】 です。   まず、動きを持たせたいアセンブリを用意します。 今回は、テーブルが下記の設定で移動します。 ・テーブルの中心と下部品の端の移動量250mm 最小値:70mm(下部品端から) 最大値:320mm(下部品端から)   移動前(最小値)   移動後(最大値)       それでは、距離を制限した合致をつけましょう。 アセンブリタブ→「合致」コマンドをクリック。 合致設定に、図の2つ面を選択します。 「詳細設定合致」を展開し、「制限合致」をクリック。 距離に最小値:70mm(下部品端から)が選択されます。 最大値と最小値を設定します。 最大値:320mm(下部品端から) 最小値:70mm(下部品端から)   合致コマンドを終了します。 移動距離を制限した合致をつけることができました。   距離制限をつけたことにより テーブル可動域の範囲で移動します。     次回は、このアセンブリ部品を 実際の装置(トップアセンブリ)に挿入して動かします。 【サブアセンブリのフレキシブル化】 ご期待ください。...

簡単にねじ山のモデリングをする方法

ねじ山をリアルに見せたい時に どうやって3Dモデルで作成しようかと 悩んだことはありませんか。 作成するにしても ヘリカルとスパイラルコマンドで 螺旋を描きねじの谷スケッチを書き・・・ と大変だったかと思います。 そんな3Dモデルで ねじ山をリアルに作成するときに 便利なコマンドをご紹介いたします。   「ねじ山」 円筒形状に対してねじ山をモデリングできます。 (これはSOLIDWORKS2016からの機能です。)     メニューバー/挿入から、 「フィーチャー」→「ねじ山」をクリックします。     コマンドを実行すると 下図のようなアラートメッセージ現れます。 ※これは実際に加工する寸法が適用されたスケッチ輪郭ではないので、 3Dデータからの生産には用いないようにとのメッセージです。 OKをクリックします。   ねじ山コマンドが実行され、PropertyManagerが開きました。   今回は全ねじボルトを作成してみたいと思います。 まず、ねじ山を作成したいエッジを選択します。     選択するとプレビューが表示されます。     この時に、オフセットにチェックを入れ 距離を設定すると(場合によっては反対方向にチェック) モデル端までねじ山を作成することができます。     次に、押し出し状態を設定します。 今回は「次の選択まで」を選択し、六角ボルトの裏面を選択します。     選択するとプレビューが表示されます。   次にネジの仕様を設定します。 種類:「Metrir Die」 サイズ:「M4x0.7」 ねじ山の作成方法:「ねじ切り」にチェックを入れる   スクロールバーを下に移動して ねじ山のオプションを設定します。 「右ねじ」と「端面でトリム」にチェックを入れる       OKボタンをクリックすると、 ねじ山を作成することができました。   いかがでしたでしょうか。 簡単にねじ山を作成することができますね。     上記の方法でねじ山を作成したモデルを図面化すると、 作成された形状の通りに投影されるので実形図示になります。     図面でねじを通常図示したい場合は、 メニューバー/挿入から、 「アノテートアイテム」→「ねじ山」を使用してください。     こちらはネジ部を作成する方法でご紹介をしています。 https://cadrise.jp/manual/screwcreated/ あわせてご覧いただければ幸いです。    ...