5月 2020

SW2019から使いやすくなった測定ツール!

  測定ツール 今回ご紹介するのは 測定ツール です。 測定ツールは、モデルの「エッジの長さ」や、 「面間の距離」や「面積」などを計測するコマンドです。 SOLIDWORKS2018までは、モデル編集中に測定をしたい場合、 一度コマンドを終了してから測定ツールで計測し、 再度コマンドに入り編集をする必要がありました。 それが、SOLIDWORKS2019からは いつでも測定ツールを使用できるようになりました ☆彡   【基本的な測定ツールの使い方】 CommandManagerの「評価」タブ → 「測定」コマンドをクリックします。 測定のダイアログが表示されます。 選ぶ要素によって様々な情報が測定できます。 例1 面と面を選択 → 面の面積や距離を計測できます。 例2 点と点を選択 → 点から点までの高さや幅を計測できます。 例3 点と円筒面を選択 → 円筒の中心から点までのそれぞれの方向の距離を計測できます。 また、円筒の基準には「中心距離」「最小距離」「最大距離」を選択でき、 「最小距離」に変えると円筒エッジから点までの最小距離の測定に変わります。 【SOLIDWORKS2019からの機能】 お伝えしているように SOLIDWORKS2019からはいつでも測定ツールを使用できるようになりました。 例えば、下図の穴のフィーチャーにフィーチャー編集に入っている場合でも、   「評価」タブ → 「測定」コマンドをクリックして 下図のようにエッジなどを選択すると フィーチャー編集中でも測定ができるのです。 まとめ 設計をするときには、これから作成する形状の大きさを決める際に、 取合いや現状のモデルの大きさを確認しながら決めていきます。 編集中に測定ツールが使用できるようになり、 一旦作業を中断する必要がなくなりとても便利になりましたね。    ...

製氷皿を作ってみよう – 「シェル」(その2)

前回は「1ホールの製氷皿」を作成しました。 → 1ホールの製氷皿の作り方はこちらから   今回は前回の復習も兼ねて「6ホールの製氷皿」を作成します。 ぜひご一緒に操作をしてみてくださいね。 「6ホールの製氷皿」を作る (1) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。   (2) 「押し出し」コマンドで図のように設定し、立体形状にします。     (3) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。   (4) 「押し出しカット」コマンドで図のように設定し、内側をくり抜きます。 ※今回も勾配も指定します。     (5) 「フィレット」コマンドで角に丸みをつけます。 ※ 内側側面のエッジ4本と内側底面を選択します。   1ホールを作成できました。 このフィーチャーを元にして6ホールを作成していきます。     「直線パターン」コマンドと「ミラー」コマンド (6) 「直線パターン」コマンドで図のように設定し、左右にパターン化します。     ※ 直線パターンは2つのパターン方向指定できますよ。   (7) 奥側の3つは「ミラー」コマンドで作成します。   「シェル」コマンド (8) 1ホールを作成したときと同様に「シェル」コマンドでくり抜き・・    ※ このとき「削除する面」に選択するのは外側の4面と底面です。   (9) 「フィレット」コマンドでふちの形状を整えたら・・     製氷皿の完成です!     まとめ 「シェル」コマンドを使った応用編「6ホールの製氷皿」 いかがでしたか。 今後もこのような身近なものの3Dモデル作成を お届けしたいと思います。 ご期待ください。   → このほかSOLIDWORKSの操作に関するマニュアル記事はこちらから...