6月 2021

CommandManagerが見当たらなくなってしまったら_SOLIDWORKS

SOLIDWORKSのCommandManagerとは、 SOLIDWORKSのコマンドをリボン形式で表示するツールバーです。 デフォルトの状態では、CommandManager が有効になっているため、 ドキュメントを開くとSOLIDWORKS画面の上部にあります。   このCommandManagerですが、SOLIDWORKSを使用していると 意図せず固定が外れたり非表示になったりする場合があります。 そこで今回は、CommandManagerに関する3つの対処方法をご紹介します。 ・CommandManagerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 ・CommandManagerが非表示になってしまった場合 ・CommandManagerをロックする   Command Managerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 フローティングする原因は? CommandManagerの「フィーチャー」「スケッチ」などのタブをドラッグすると、 非固定になりフローティングウィンドウになります。 ※非固定になったCommandManagerは、SOLIDWORKS画面の中や外へドラッグして移動できます。   フローティングしたCommandManagerを固定するには CommandManager 上部のロゴ部分をドラッグしている際に、 SOLIDWORKS画面の3箇所(上、左、右)に現れる ドッキングアイコンの上にカーソルを持っていき、   アイコンの上で放します。     Command Managerが非表示になってしまった場合 非表示になる原因は? 何かの拍子にキーボードの「F10」キーを押してしまったなどが考えられます。 ※CommandManagerの表示/非表示は「F10」キーにショートカットが割り当てられています。   CommandManagerを表示するには ・キーボードの「F10」キーを押す  または、 ・メニューバー「表示」−「ツールバー」−「CommandManagerを有効化」にチェックを入れる     また、このようなことを防ぐために、SOLIDWORKS2016以降は 下記方法でCommandManagerをロックできます。 CommandManagerをロックする メニューバー「ツール」−「ユーザー定義」をクリックします。 現れた「ユーザー定義」ダイアログボックスより 「ツールバー」タブ−「CommandManagerとツールバーのロック」にチェックを入れます。   お試しください。 ...