Author: cadrise

news

セミナー情報を更新しました

2020年11月に行われるSOLIDWORKSに関するセミナー情報を掲載しました。 → セミナー情報 よりご覧ください。 ※セミナーの詳細については、ページ内のお問い合わせ先へご確認をお願いします。  また、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上での開催となります。  受講者へのお願い事項も併せてご確認をお願いいたします。 ...

募集中

3次元CAD「SOLIDWORKS2014」実践講座~マルチボディ機能の活用~in飯田技術専門校

3次元CAD「SOLIDWORKS2014」実践講座~マルチボディ機能の活用~in飯田技術専門校 3次元CAD「SOLIDWORKS」のマルチボディ機能を活用した部品のモデリング方法と3次元設計手法を実習します。 マルチボディ機能を活用することで、構想設計から部品設計が効率よく行えます。インポートデータの活用などもあり、 より実践的なモデリング方法を習得できます。 ※本講座は、全4日間(2日間×2回)の連続講座です。 日時: 2020年11月19日(木), 20(金), 26日(木), 27日(金)【4日間】 全日程 9:30 ~ 16:30 ※全日程のご参加となります。 受講申し込み・セミナー詳細: お申し込みやセミナーの詳細、受講料等については 下記PDFファイル をご覧ください。 ※新型コロナウィルス感染拡大防止策を講じた上での開催となります。  受講者へのお願い事項も併せてご確認をお願いいたします。 →3次元CAD「SOLIDWORKS2014」実践講座~マルチボディ機能の活用~【PDF】 セミナー開催場所: 長野県飯田技術専門校 コンピュータ室 〒395-0823 長野県飯田市松尾明7508-3 セミナー内容: 1. モデリング基本操作の復習 2. マルチボディとインポートデータ編集  ・レイアウトスケッチ・マルチボディ機能 3. マルチボディ機能による組立モデル作成 4. 3次元設計手法の基本、設計演習 対象となる方: SOLIDWORKSをお使いの方で設備や治具の設計をしたい方 参加前提条件: 同主催の3次元CAD「SOLIDWORKS2014実習講座~モデリングの基礎を学ぼう~」の受講済の方 または、同等の知識をお持ちの方(簡単な形状のモデリングが行える) 定員: 10名 募集締め切り: 2020年10月30日(金) お申し込み・問い合わせ先: (公財)南信州・飯田産業センター 〒395-0003 長野県飯田市座光寺3349-1 電話 0265-52-1630 Fax 0265-21-3134 Mail: sandai@isilip.com ...

マルチボディの干渉認識

干渉認識コマンドは、アセンブリをした部品同士の干渉を 簡単に検出することができます。 SOLIDWORKS2019からこの干渉認識が部品ドキュメントの マルチボディで使用できるようになりましたね。 ※マルチボディ・・部品ドキュメント内に複数のソリッドボディがある状態   マルチボディでも使える「干渉認識」 干渉認識はこれまではアセンブリで使用できたコマンドです。 ここでは、 アセンブリドキュメントでアセンブリをしたモデルと そのモデルを部品ドキュメントのマルチボディに変更したモデル を使用して干渉認識を比較してみます。 使用するモデルは歯車ポンプです。 歯車は、円筒形の簡易的な形で作成しているため干渉が起きます。   ●アセンブリドキュメントでの干渉認識 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 上下の歯車に干渉が起きていることが確認できます。 (他にもネジ部に干渉が起きていますね)   ●部品ドキュメントでマルチボディ状態の干渉認識 次に、歯車ポンプのアセンブリをマルチボディ化したモデルで アセンブリと同様に干渉認識を行います。 ドキュメントは部品です。 (部品ドキュメントのアイコンとソリッドボディが複数あることが確認できます。) 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 アセンブリと同様の箇所に干渉が起きていることが確認できます。     このマルチボディの干渉認識は、 アセンブリドキュメント内にマルチボディの部品が含まれいる場合 も干渉を調べることができます。 これは、鋼材のようにマルチボディで構築する部品が混在する組立品で有効です。 (鋼材機能を使用するとマルチボディになります。) 下図のモデルは、 フレーム部:鋼材機能を使用して作成した部品 カバー:それぞれ作成した部品 それらをアセンブリドキュメントでアセンブリしています。 「干渉認識」コマンドで確認をします。 その際に、オプションの「マルチボディ部品の干渉部分を含む」にチェックを入れます。 「計算」をクリック確認すると・・・ マルチボディになっている鋼材部分に干渉があることがわかりました。 どうやら鋼材同士の突き合わせ処理を忘れたようですね。   まとめ マルチボディの干渉認識は、部品ドキュメントで使用する以外にも、 アセンブリドキュメントにマルチボディの部品が含まれている状態でも使用できます。 ぜひ、お試しください。 ――――――― 余談ですが・・・ SOLIDWORKS2018以前でマルチボディの干渉を確認するには、 「組み合わせ」コマンドで代用できますよ。...

ファイル名の変更方法(3) ― FeatureManagerデザインツリー

前回に引き続きファイル名を変更する方法のご紹介です。 前回のご紹介記事はこちら → ファイル名の変更方法(2) ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー 今回はFeatureManagerデザインツリーから アセンブリを構成する部品のファイル名を変更する方法をご紹介します。 この方法は、 ・FeatureManagerデザインツリーから構成部品のファイル名を直接変更できます ・開いていないドキュメントも名前を変更したファイルとの参照を同時に更新できます   やりたいこと:ファイル名の変更 「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けたアセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 まず、少し設定を行います。   事前準備 名前を変更できるように、システムオプションの設定を行います。 <メニューバー>から「オプション」をクリック。 ダイアログボックスを開き、下記箇所にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※この設定を行わないとプロンプトが現れ、名前の変更ができません。   では実際に FeatureManagerデザインツリー から「B」部品の名前を「C」に変更してみましょう。   部品ドキュメントの名前の変更する アセンブリドキュメントを開きます。 ファイル名を変更する構成部品を右クリックし、「部品を名称変更」をクリック。 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。 ダイアログボックスが現れるので、「ドキュメントの一時的な名前変更」を選択します。 ※再構築のメッセージが表示された場合は「はい」をクリックします。 構成部品の名前の変更ができました。 ※まだSOLIDWORKS上で一時的に名前を変更している状態です。 Windows Explorerを確認すると部品の名前はBのままです。 アセンブリドキュメント保存します。 「すべて保存」をクリック。 ドキュメントの名前変更ダイアログボックスが表示されます。 「OK」をクリックすると、 SOLIDWORKS上で一時的に名前を変更して内部的に更新していたものが、 Windows Explorer上でも適用され部品の名前が変わります。 また、名前を変更をしたドキュメントが他のアセンブリでも使用していて参照関係も更新する場合は、 「使用先の更新」にチェックを入れ、使用先の更新をします。   まとめ FeatureManagerデザインツリーで構成部品の名前を変更する方法は、 編集中の参照しているアセンブリを閉じなくても名前の変更が可能です。 ぜひお試しください。...

ファイル名の変更方法(2) ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー

以前に部品やアセンブリのファイル名を Windows Explorerで直接ドキュメントの名前を変更した場合の 危険についてご紹介しました。 → ファイルの名前の変更による罠!?   ではどうやって名前を変更するのか?・・・ そのひとつに下記変更方法があります。 ・SOLIDWORKS2019 まで:Windowsスタートメニュー → SOLIDWORKS Explorer ・SOLIDWORKS2020 から:Windows Explorer のファイルショートカットメニュー ( ※ SOLIDWORKS Explorer は2020よりWindowsスタートメニューからなくなりました。) 今回は SOLIDWORKS2020 を使用して、 Windows Explorerのファイルショートカットメニュー から変更する方法をご紹介します。   やりたいこと:ファイル名の変更 ここに「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けたアセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 では実際に Windows Explorer から「B」部品の名前を「C」に変更してみましょう。   部品ドキュメントの名前を変更する ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー ファイルを右クリック。 ショートカットメニューから「SOLIDWORKS」→「名前変更」をクリック。   「ドキュメントの名前変更」ダイアログボックスが現れます。 「次に変更」欄に新しい名前を入力します。 ※拡張子は削除してしまっても問題ありません。 入力が終わったら「OK」をクリック。 これでドキュメントの参照関係を保ったまま、名前の変更は終了です。 Windows Explorer上でも名前の変更ができたことがわかります。 アセンブリドキュメント「AB組立」を開いて確認してみましょう。 「再構築」をクリックすると、部品の名前が変わります。 問題ありませんね。   この方法の注意点 参照している部品やアセンブリをSOLIDWORKSで開いていると 下図の警告が現れます。 ファイルの名前を変更する前には、 開いている部品やアセンブリを保存して閉じておく必要があります。   ぜひお試しください。 次回は、FeatureManagerデザインツリーを使ったファイル名を変更する方法についてご紹介します。 お楽しみに! ...

news

コーポレートサイトリニューアルのお知らせ

日頃よりCADRISEをご利用いただき誠にありがとうございます。 このたび弊社株式会社アドライズのコーポレートサイト(https://adrise.jp/) をリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。 今回のリニューアルでは、デザインを全面的に見直し、 筐体設計・機械設計・試作モデルの作成・ 組立図・バラシ図・部品図作成の依頼にお応えすべく 事例や実績をわかりやすくお伝えしております。 当CADRISEサイトと併せてご活用いただけましたら幸いです。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 ...

news

一部サービスの再開のご案内

日頃よりCADRISEをご利用いただき誠にありがとうございます。 先にご案内いたしましたシステムのメンテナンス作業が完了いたしましたのでご報告申し上げます。 サービスの一時停止中はご不便をお掛けし大変申し訳ございませんでした。 今後ともCADRISEをどうぞよろしくお願い申し上げます。...

news

一部サービスの一時停止のご案内

日頃よりCADRISEをご利用いただき誠にありがとうございます。 誠に勝手ながらシステムメンテナンスのため、当Webサイトの一部サービスがご利用いただけません。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【ご利用いただけないサービス】 ダウンロードページ ■ダウンロードできるデータ01:書籍掲載の3Dモデルデータ ・よくわかる3次元CADシステムSOLIDWORKS入門:全掲載の3Dモデルのダウンロード ・3次元CADSolidWorks練習帳:全掲載の3Dモデルのダウンロード ・よくわかる3次元CADシステム実践SolidWorks:全掲載の3Dモデルのダウンロード ■ダウンロードできるデータ03:無料メールセミナー用3Dモデル・課題等 ・よくわかる仕事に役立つ機能編:全課題のダウンロード ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ご利用再開まで、今しばらくお待ちいただきたく存じます。 お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。...

螺旋(らせん:ヘリックス)を描く

前回は、「ヘリカルとスパイラル」コマンドの スパイラルを使用して渦巻形状を作成しました。 → 「蚊取り線香を作りたくて」 今回は螺旋(らせん:ヘリックス)です。 旋回するにつれ旋回面に垂直成分のある方向へ移動する 3次元曲線を作成します。 このヘリカルを使用すると ばねやねじの山と溝などのモデリングができます。 ※今回はこちらを作成します。   螺旋を描く 基本3面の右側面にヘリカルカーブの元になる円をスケッチします。 スケッチ編集状態のまま、 <フィーチャータブ>から「カーブ」-「ヘリカルとスパイラル」をクリック。 プロパティを下図のように設定します。 ※プロパティのパラメータの意味 ・指定定義 ピッチと回転:ピッチと回転によって定義されるヘリカルを作成する ・パラメータ 固定ピッチ:固定ピッチをもつヘリカルを作成する ピッチ:一回転の間の距離の設定 回転数:回転の数を設定 開始角度:スケッチした円の最初のカーブ角度を設定 右回り:回転方向を右回りに設定 「OK」をクリックすると、ヘリカルカーブの完成です。   形状を作成する このヘリカルカーブをパスに使用して、「スイープ」コマンドで形状を作成します。 作成したヘリカルカーブを選択して <フィーチャータブ>から「スイープ」をクリック。 プロパティを下図のように設定します。 「OK」をクリックすると、螺旋形状の完成です。 スイープの輪郭を変えればトルネードポテトのような形状も作成できますね。   まとめ 螺旋の作成には「ヘリカルとスパイラル」コマンドのヘリカルカーブ。 「SOLIDWORKSの習得は螺旋だよ」と言われ続けてまだまだ道半ば。 シュッと直線的に習得できたらいいのですが・・   ※ SOLIDWORKS2016 以降の新機能についてこちらで詳しく解説をしています。 → 【スイープ】SOLIDWORKS2016からの新機能...

蚊取り線香を作りたくて

そろそろ虫が気になる季節。 どこかほっとする香りで多くの人に愛されている 昔ながらの蚊取り線香をモデリングしてみました。   渦巻を描く 渦巻(スパイラル)の旋回するにつれ中心から遠ざかる2次元曲線は、 「ヘリカルとスパイラル」コマンドで作成します。 基本3面の平面にスパイラルの元になる円をスケッチします。 スケッチ編集状態のまま、 <フィーチャータブ>から「カーブ」-「ヘリカルとスパイラル」をクリック。 プロパティを下図のように設定します。 ※ プロパティのパラメータの意味 ・指定定義 スパイラル:ピッチと回転によって定義されるスパイラルを作成する ・パラメータ ピッチ:カーブの回転の間の半径距離を設定 回転数:回転の数を設定 開始角度:スケッチした円の最初のカーブ角度を設定 左回り:回転方向を左回りに設定 「OK」をクリックすると、スパイラルカーブの完成です。   形状を作成する このスパイラルカーブをパスに使用して、「スイープ」コマンドで形状を作成します。 パスに垂直な法平面に、スイープの輪郭(断面)をスケッチします。 今回は基本3面の平面にパスを描いているので、法平面は基本3面の正面です。 正面に下図のスケッチを描きます。 (表示方向:正面) その際、下図の赤枠部分の頂点は スパイラルカーブ と貫通拘束をつけます。 (表示方向:不等角投影) ※ 貫通拘束についてはこちらで詳しく解説をしています。 → 線の真ん中で貫通拘束をつける方法   <フィーチャータブ>から「スイープ」をクリック。 プロパティを下図のように設定します。 最後にホルダーに固定する中心部分を作成し、完成です。 ※ 中心部のやり方はまた別の機会にご紹介します!   まとめ 渦巻の作成には、「ヘリカルとスパイラル」コマンドのスパイラルカーブ。 最近の蚊取り線香は色も香りもバリエーション豊富で、 ホルダーも素敵なものが多いですね。 今年の夏は蚊取り線香を活用してみてはいかがでしょうか。 ...