Author: cadrise

3次元CAD(SOLIDWORKS2009)操作基礎講習会 長野県岡谷技術専門校

 ※終了致しました。ありがとうございました。 12月4日(木)、5日(金)、6日(土) 3日間 in 長野県岡谷技術専門校                   日程 2014年 12月4日(木)、5日(金)、6日(土) (3日間) 時間 9:00 ー 16:00 会場 長野県岡谷技術専門校 (〒394-0004 岡谷市神明町2-1-36) 定員 10名(先着順) ※ただし下記「申し込み方法」のとおりとします。 募集締切 2014年 11月20日(木) 持ち物 筆記用具、上履き 対象者 在職者の方で、3次元CADを知りたい方・試したい方。 これから「Solid Works」に取り組もうとする方、 あるいは実務に必要な方。 前提知識:Windowsを操作したことがある方 (クリックやダブルクリック等のマウスの取り扱いができること) 内容 1日目 1.3次元CADの概要 2.部品の作成(モデリング基礎) 2日目 3.部品の組み立て(アセンブリ基礎) 4.2次元図面の作成 3日目 5.応用演習 コーヒーミルの作成 6.応用機能紹介 モーション他 講師 株式会社アドライズ   村山 久美子 お申し込み 方法 【受講申込み】 『受講申込書』に必要事項を記入の上、FAXか郵送、又は窓口に持参してください。 ※受講申込書が必要な方は、本校ホームページよりダウンロードするか、 FAXにて送信させていただきますので 当校までご連絡ください。 ※電話・Eメールでの問合せはできますが、申込みの受付はいたしません。御了承ください。 【受講者の決定】 ①定員を超える応募があった場合は、同一事業所からの複数受講について、 人数を調整させていただくことがあります。 ②受講決定者には郵送またはFAXで案内を送付します。 ③定員を超える応募の場合、受講をお受けできない方に郵送またはFAXで連絡いたします。 ④応募が定員の8割に満たない場合には、講座を中止させていただくことがあります。 ⑤開講10日前になっても受講に関する連絡がない場合は、申込み先までお問合せ下さい。 ⑥長野県外の企業からの参加の場合、受講をお受けいたしかねる場合がございます。 お申し込み お問合せ先 長野県岡谷技術専門校 TEL:0266-22-2165 FAX:0266-21-1000 E-Mail:  okagisen@pref.nagano.lg.jp http://www.pref.nagano.lg.jp/okagisen/index.html ...

21

フィルパターン

今回は[フィルパターン]についてご説明します。   [フィルパターン]とは定義された領域にフィーチャーのパターンや 定義済みのカット形状を配置し、フィーチャーパターンを作成する機能です。   フィルパターンは 境界の選択→パターンレイアウト(配列形状)の選択→パターン化するフィーチャーの選択 といった順序でパターン化します。   最初に「境界の選択」から行います。 まず境界線となるスケッチを描きます。   境界線が描き終わったら一度スケッチを終了します。   次に「パターンレイアウト(配列形状)の選択」をします。   <フィーチャータブ/パターン>フィルパターンをクリックします。   先ほど描いたスケッチを選択し、パターンレイアウトを選択します。        ※今回は穿孔を選択します。 次に「パターン化するフィーチャーの選択」をします。         ※今回は菱形を選択します。   今回はこのように設定してみます。                   そしてOKをクリックして完成です。   今回はパターン化するフィーチャーをSOLIDWORKSで用意されているものから選択しましたが、自分で作成した形などをパターン化することも可能です。...

スマート寸法

今回は【スマート寸法】について説明します。   寸法は、作成したスケッチ線の長さや角度を入力するのに必要なコマンドです。 寸法には、「線の長さ・円の径の大きさ・角度」などがあります。 これらの数値を入力することで3Dモデルの形にします。     ここでは「直線」で適当な三角形を書き、線の長さと角度の寸法を入力し、 図形の大きさを整えていきます。                                           コマンドマネージャーから「スマート寸法」をクリックするか、 または、マウスの右クリックをして下の図のように「スマート寸法」を出します。       「スマート寸法」を選択したら左の一辺をクリックしてみましょう。                         カーソル寸法がついてくるので、画面上適当な箇所でクリックします。                   クリックすると下記のような図が出てくるので、そこで「100」と入力します。 「enter」もしくはOKをクリックすることで、線の長さが確定します。                                             寸法配置プロパティ主要値に、現在選択している寸法の長さが表示されます。 ここの数値を変更することでも、長さを変えることが出来ます。               角度を入力したい場合は、まず先に「スマート寸法」をクリックし、 その角度にあたる左右の直線をそれぞれクリックします。 すると寸法の表示が角度に変わります。                 --------------------------------- 重複して寸法を入れてしまうと、下記のように黄色に変わりエラーとなります。 その場合は問題解決ができなくなるので、「キャンセル」をクリックし、 重複しないように気をつけましょう。                 ●従動寸法に設定 ・参考寸法扱いになり、エラーを回避できます。ただし、寸法の変更が出来ません。 ●駆動寸法のままに設定 ・エラー(重複寸法)になります。黄色に表示されている箇所が矛盾している部分です。 削除することで矛盾が解決します。                                                    ...

完全定義

今回は【完全定義】について説明します。 矛盾のない完全なモデルを作成するには、スケッチを完全定義にする必要があります。 完全定義とは、図形に寸法や幾何拘束などの情報を与えて形状を定義することです。     スケッチの定義状態には、次の3種類があります。 ●未定義…スケッチの定義が不十分な状態 (青色で表示) ●完全定義…スケッチの情報が完全である状態 (黒色で表示) ●重複定義…スケッチの寸法が重複していたり、拘束が矛盾している状態(黄色で表示)               スケッチを完全定義にするには、「スケッチの形状・大きさ・位置」の情報を 不足なく与えると完全定義になります。   形状の情報 (どのような形をしているか…ここでは長方形)                   大きさの情報 (大きさはどのくらいか)                     位置の情報 (空間のどこにあるのか)                   未定義のスケッチでもフィーチャーを作成することは可能ですが、 後の変更のためには、完全定義にしておくことが望ましいです。 また、重複定義(未解決・無効)のスケッチは、 モデルがエラーになるので必ず修復しましょう。                ...

「SOLIDWORKS活用研修Part3 3次元設計トップダウンアセンブリ編」 

「SOLIDWORKS活用研修Part3 3次元設計トップダウンアセンブリ編」 2日間 in 大田区産業プラザ   ※こちらのセミナーは終了致しました。ありがとうございました。   ■日時:  2014年 10月6日(月)、10月7日(火) (2日間)   ■時間:  ●10月6日(月)   13:00~18:00  ●10月7日(火)   10:00~16:00   ■定員: 8名 (※先着順です)   ■募集締切: 2014年 9月22日(月)     ■主催: 株式会社アドライズ   ■受講料: 68,000円(テキスト代込、税込)   ■このような方へ ・トップダウンアセンブリについて学びたい ・SOLIDWORKSで設計がやりにくい ・機械装置など、複数部品から構成されるアイテムを効率良く設計したい   ■講 師: 株式会社アドライズ 代表取締役 諏訪東京理科大学非常勤講師 牛山 直樹   ■会場: 大田区産業プラザ (PiO) 6F G会議室 (東京都大田区南蒲田1-20-20) 地図・交通手段 http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html     ■講師のことば: 「SOLIDWORKSで3次元設計はどうやったらよいのか」といった質問をよく受けます。実は、私も2次元CADから3次元CADに移行する際に、本来の設計ができなくなってしまって、とても苦労した過去があります。 しかし、3次元設計手法を確立してからというもの、設計ができないといった問題がすっきりと解決しました。 トップダウンアセンブリとは、その名の通り、アセンブリ上でトップダウン設計を行う手法です。購入品や標準部品を多く組み合わせるレイアウト設計では、大いに役に立つ方法です。 本講座ではトップダウンアセンブリの手法をお教えします。 「SOLIDWORKSで設計がやりにくい」といった悩みをお持ちの方へ向け、私の設計手法を惜しみなくお伝えいたします。   ■お支払い方法※ ※前払いいただきます。弊社指定の口座へお振込みいただきます。 お申込みをいただいた時点では仮予約とさせていただき、 ご入金の確認が取れましたところで、「お申込みの成立」となります。 (お申込みをいただきましたら、追ってお振込先などをメールにてご案内いたします)   ■お申し込み方法 お申込み締切日までにinfo@cadrise.jpへ、 以下の①~⑦とともにお申込みください。 折り返しメールにてご連絡いたします。 ①申込セミナー:2014年 10月6日(月) 10月7日(火) 2日間 大田区 (①はこのままにしてお送りください。) ②貴社名 ③所在地 ④受講者の人数 ⑤受講者の部署名・役職・ご氏名 ⑥お申込みご担当者名 ⑦ご連絡先電話番号 ■お申し込み、お問い合わせ先 株式会社アドライズ キャドライズ事務局 上野まで E-Mail:info@cadrise.jp TEL:0266-55-2097 FAX:0266-55-5703...

受講料無料!「3Dプリンタ活用講座」(3次元CAD SOLIDWORKS操作演習)

※こちらのセミナーは終了致しました。ありがとうございました。   受講料無料! 「3Dプリンタ活用講座」開講のご案内(3次元CAD SOLIDWORKS操作演習) in 諏訪東京理科大学   企業はもちろん、一般の方、学生の方が自身のアイデアを速やかに形にできる、「3Dプリンタ」が諏訪東京理科大学内に導入されました。3Dデータさえあれば製品や部品を速やかに製造することが可能です。そこで今回、3D データを作成するための3DCAD「SOLIDWORKS」講座を下記のとおり企画しましたので、ご案内いたします。   ■日時: (第1回目) 平成26年 8月30日(土)13:00-18:00         (第2回目) 平成26年 9月 6日(土)13:00-18:00 (※2回完結コースです。)   ■定員: 10名  ※申し込み順です。定員になり次第、締め切らせていただきます。   ■申し込み期間: 平成26年7月30日(水)~ 8月8日(金)     ■対象者 ・3D プリンタを活用しようとする企業、一般の方   ■講師: 株式会社アドライズ  技術サービスセンター 桑原鉄矢、山﨑美穂   ■講座の概要 ・身近な素材をテーマに、基本的な部品の作成、組立を行いながらSOLIDWORKS の基礎知識及び基本操作を 修得します。・さらに3D プリンタでの部品製作を通して、データの出入力や材料の取り扱い方法などを習得します。   ■カリキュラムの概要1.3D プリンタと3DCAD 概要2.基本操作演習 部品の作成(モデリング)3.基本操作演習 部品の組立(アセンブリ)4.応用演習Ⅰ コーヒーミル 部品の作成5.応用演習Ⅱ コーヒーミル 部品の組立6.3D プリンタ実習Ⅰ 部品の作成7.3D プリンタ実習Ⅱ 部品の組立   ■受講料: 無料※テキスト「よくわかる3次元CADシステムSOLIDWORKS入門Part3」を使用します。 購入希望者は、当日釣銭のないように¥3,456-を持参してください。   ■会場: 諏訪東京理科大学コンピュータ教室1及びメディアラボ       ※詳細の会場案内は受講者に別途連絡します。   ■お問合せ先: 〒391-0292 長野県茅野市豊平5000番地1 諏訪東京理科大学 事務部(担当:牛山) TEL:0266-73-1201   FAX:0266-73-1230       主催:諏訪東京理科大学共催:諏訪東京理科大学地域コンソーシアム推進協議会    茅野・産業振興プラザ    茅野市情報プラザ          ...

3次元CAD中級研修会 in 長野県伊那技術専門学校

~モデリングとプレゼンテーションへの活用のために~ 3次元CAD中級研修会 in 長野県伊那技術専門学校   ※こちらのセミナーは終了致しました。ありがとうございました。 ■日時: 2014年8月27日(水)、28日(木)、29日(金) 各日9:00~17:00   ■定員: 12名   ■募集締切: 2014年8月22日(金)   ■概要 開発設計、生産技術部門などの技術者及び経験者が、業界屈指の機能と操作性を 備えた、Windows完全準拠の3次元CADシステムSOLIDWORKSの操作方法を学び、3次 元CADのより高度な知識・操作技術とその活用を学ぶ講座です。 本講座は、3次元CADによるモデリングと、商品や各種企画などのプレゼンテーション にも活用できるまでのレベルアップを目指した、中小企業においても基幹となる人材の育 成のための研修会です。この機会に、是非、本研修会をご活用下さい。 本講座は、経済産業省中小企業庁ものづくり小規模事業者等人材育成事業指定講座です。所定の申請により補助(補助率2/3以内)を受けることが出来ます。是非、ご活用下さい。 (所定機関への事前申請が必要です。当財団ホームページをご覧下さい。)   ■対象者 ・3次元CADでの設計業務に関わる方 ・より高度な3次元CAD設計手法を習得したい方 ・SOLIDWORKSの一通りの基本操作が出来る方   ■講師 株式会社アドライズ  桑原 鉄矢   ■講師から一言 今回の研修では、いろいろなフィーチャーを使ったモデリングテクニックをご案内します。 また、作成したCADデータを伝えるツールとして、ソフトに依存しないビューアーの活用方法などを含めてご紹介します。「モデル作成」から「伝える」までのヒントにして下さい。   ■カリキュラム <基本モデリング> 1、クイックチュートリアル 2、上手なモデリング4カ条 <応用モデリング> 1、色々なフィーチャー 2、サーフェス基礎 <設計モデリングテクニック> 1、レイアウトスケッチ 2、設計用モデルアプローチ 3、マルチボディ機能 <プレゼンへのデータ活用> 1、分解図の作成 2、外観編集 3、ロゴの作成 4、ビューアーの活用 *技術専門校の教室で、一人づつコンピュータの実機を用いて学んでいきます。     ■持ち物: 筆記用具、昼食   ■会場: 長野県伊那技術専門校(〒399-4511 伊那市南箕輪村8304-190) ○お申し込み、お問い合わせ先 (公財)上伊那産業振興会(伊那技術形成センター内) TEL:0265-76-5661 FAX:0265-73-9023 E-Mail: keisei3@ina.janis.or.jp          ...

「SOLIDWORKS活用研修Part2 マルチボディ設計編」 2日間 (大田区)

「SOLIDWORKS活用研修Part2 マルチボディ設計編」 2日間 in 大田区産業プラザ ※こちらのセミナーは終了いたしました。ありがとうございました。   ■日時:  2014年 7月31日(木)、8月1日(金) (2日間) ■時間:  ●7月31日(木)   13:00~18:00  ●8月  1日(金)   10:00~16:00 ■定員: 8名 ■募集締切: 2014年 7月22日(火) ■主催: 株式会社アドライズ ■概要 本講座では、SOLIDWORKSを使用してモデル構築方法、トップダウン設計の基本を習得することができます。 ■このような方へ ・SOLIDWORKSの基本操作ができる方 ・3次元設計の方法をお求め方 ■内容 1.基本操作チュートリアル(基本的な部品モデリング) 2.マルチボディとインポートデータ編集の方法 3.トップダウン設計 3つの大切なこと 4.マルチボディ機能によるトップダウン設計 5.動きのアニメーション (個別のQ&Aは時間が取れ次第、受け付けます。) (都合により、内容・順番を変更する場合があります。)   ■講 師: 株式会社アドライズ 代表取締役 諏訪東京理科大学非常勤講師 牛山 直樹 ■会場: 大田区産業プラザ(PiO)6F E会議室 (東京都大田区南蒲田1-20-20) 地図・交通手段 http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html   ■講師のことば: <3次元CADによるトップダウン設計とは> 製品や部品の設計を進める方法は、そのアプローチ手順によりトップダウン設計とボトムアップ設計に 大別できます。 ボトムアップ設計は、あらかじめ個々の部品の詳細が決まっており、部品から全体を組み立てる方法です。 標準部品を多様する製品や過去の設計資産が流用できる場合の設計では、効率が良く有効な方法です。 しかし、仕様から構想するような設計は苦手です。 一方トップダウン設計は、与えられた条件などから製品や部品を構想し、おおまかな全体像から考え始め、 徐々に個々の部品を作りこんでいく方法です。     ■受講料: 68,000円(テキスト代込、税込)   ■お支払い方法※ ※前払いいただきます。弊社指定の口座へお振込みいただきます。 お申込みをいただいた時点では仮予約とさせていただき、 ご入金の確認が取れましたところで、「お申込みの成立」となります。 (お申込みをいただきましたら、追ってお振込先などをメールにてご案内いたします) ■お申し込み方法 <h5お申込み締切日までにinfo@cadrise.jpへ、 以下の①~⑦とともにお申込みください。 折り返しメールにてご連絡いたします。 ①申込セミナー:2014年 7月31日(木) 8月1日(金) 2日間 大田区 (①はこのままにしてお送りください。) ②貴社名 ③所在地 ④受講者の人数 ⑤受講者の部署名・役職・ご氏名 ⑥お申込みご担当者名 ⑦ご連絡先電話番号 ■お申し込み、お問い合わせ先 株式会社アドライズ キャドライズ事務局 上野まで E-Mail:info@cadrise.jp TEL:0266-55-2097 FAX:0266-55-5703...

3次元CAD「SOLIDWORKS2013」初級講座 3日間

  ※こちらのセミナーは終了いたしました。ありがとうございました。   3次元CAD「SOLIDWORKS2013」初級講座 3日間 in 飯田産業技術大学 ■日時:  2014年 6月30日(月)、7月1日(火)、7月2日(水) (3日間) ■時間:  9:30~16:30 ■定員: 8名 (※定員になり次第、締め切らせていただきます。また応募が3人に満たない場合には、中止にさせていただくことがあります。定員を超えた場合は、飯田下伊那地域の企業の方を優先とさせていただきます) ■募集締切: 2014年 6月20日(金)   ■主催: (公財)南信州・飯田産業センター様 ■概要 1.3次元CADとは 2.部品の作成(モデリング基礎) 3.部品の組立(アセンブリ基礎) 4.2次元図面の作成 5.応用演習 6.応用機能紹介 (1人1台のパソコンを使用して、最新バージョンのソフトで研修できます)   ■対象者: 基礎から3次元CADの操作技能を身に付けたい方、業務改善に活用したい方 ■講 師: 株式会社アドライズ 技術サービセンター 3D化推進室 山﨑 美穂 ■会 場: (公財)南信州・飯田産業センター 2F 資料室 ■持ち物: 筆記用具・弁当 ■講座紹介 基礎からやさしく3次元CAD「SOLIDWORKS」の操作方法を学びます。3日間の講習を終えるころには、3次元モデルや図面が書けるようになります。専門の講師の説明により、難しいスケッチ拘束条件の設定もしっかりと習得していただけます。 【ものづくりへの3次元モデル活用により、多くの事業所が生産性を向上させています】 ・製品の部品同士がぶつかっていることを現場で初めて気がつき、結局作り直すことになってしまった。 →3次元CADであれば、パソコン上で製品や部品の干渉を簡単に発見することができます。 ・客先からの短納期要請に応えたい →3次元モデルをCAMに渡すことにより、工作機械を動かすまでの段取りが格段に早くなります。 ・製造指示書がわかりにくい →立体的な絵はとても理解しやすく、作業者の方の誤認が減ります。さらに、作業を覚える速度も早くなります。 SOLIDWORKSとは…産業機械、工作機械、電機・電子部品メーカーを中心に広い分野で支持を集めている3次元CADソフトウェアです。長野県内においても企業や学校に数多く導入されています。   ■お申し込み方法 下記サイトをご参照の上、FAX又はメールにてお申し込み下さい。 平成26年度 飯田産業技術大学 技術講座 3次元CAD「SOLIDWORKS2013」初級のご案内 ■お申し込み、お問い合わせ先 (公財)南信州・飯田産業センター 〒395-0003 長野県飯田市上郷別府3338-8 TEL:0265-52-1613 FAX:0265-24-0962 E-Mail:sandai@isilip.com...