モデル作成

CommandManagerが見当たらなくなってしまったら_SOLIDWORKS

SOLIDWORKSのCommandManagerとは、 SOLIDWORKSのコマンドをリボン形式で表示するツールバーです。 デフォルトの状態では、CommandManager が有効になっているため、 ドキュメントを開くとSOLIDWORKS画面の上部にあります。   このCommandManagerですが、SOLIDWORKSを使用していると 意図せず固定が外れたり非表示になったりする場合があります。 そこで今回は、CommandManagerに関する3つの対処方法をご紹介します。 ・CommandManagerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 ・CommandManagerが非表示になってしまった場合 ・CommandManagerをロックする   Command Managerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 フローティングする原因は? CommandManagerの「フィーチャー」「スケッチ」などのタブをドラッグすると、 非固定になりフローティングウィンドウになります。 ※非固定になったCommandManagerは、SOLIDWORKS画面の中や外へドラッグして移動できます。   フローティングしたCommandManagerを固定するには CommandManager 上部のロゴ部分をドラッグしている際に、 SOLIDWORKS画面の3箇所(上、左、右)に現れる ドッキングアイコンの上にカーソルを持っていき、   アイコンの上で放します。     Command Managerが非表示になってしまった場合 非表示になる原因は? 何かの拍子にキーボードの「F10」キーを押してしまったなどが考えられます。 ※CommandManagerの表示/非表示は「F10」キーにショートカットが割り当てられています。   CommandManagerを表示するには ・キーボードの「F10」キーを押す  または、 ・メニューバー「表示」−「ツールバー」−「CommandManagerを有効化」にチェックを入れる     また、このようなことを防ぐために、SOLIDWORKS2016以降は 下記方法でCommandManagerをロックできます。 CommandManagerをロックする メニューバー「ツール」−「ユーザー定義」をクリックします。 現れた「ユーザー定義」ダイアログボックスより 「ツールバー」タブ−「CommandManagerとツールバーのロック」にチェックを入れます。   お試しください。 ...

3Dモデルにサイズ公差を入れる_SOLIDWORKS

3Dモデルでサイズ公差を確認するときは どのようにしていますか? 紙図面や2D図面からモデルを作成した場合は 図面を見て確認していると思いますが、 「3Dモデルに入っていれば便利だな」 と感じることはありませんか?   そんなときに有用なのがこちら▼ ――――――――――――――― 「公差/少数位数」 ―――――――――――――――   さっそくサイズ公差を付記してみましょう 今回は、穴基準はめあい方式の軸の許容差を入れます。 基準寸法に軸の公差クラスと許容差の数値が付加します。 まず、モデルに付加した寸法を表示します。 ※現在は図示サイズ(基準寸法)のみでサイズ公差は入っていません。 公差を入れたい寸法「φ8」をクリックし、選択状態にします。 PropertyManagerの「公差/少数位数」を開き、   「公差のタイプ」に「はめあい公差」を選択します。   「軸基準はめあい」にプルダウンリストから「g6」を選択します。   「括弧で表示」のチェックボックスにチェックを入れ、プロパティを閉じます。   これでサイズ公差を入れることができました。 寸法を表示すると、基準寸法の次に、軸の公差クラスと許容差の数値が付加されています。   まとめ いかがでしたでしょうか。 モデルにサイズ公差を入れておけば、設計途中でも簡単に確認ができ、 流用設計の際もわかりやすいですね。 また、このモデルから図面を作成した際にも モデルアイテムで寸法を挿入すると 寸法軸の公差クラスと許容差が自動的に入るので使い勝手がいいですよ。 ぜひ試してみてください。 ...

モデルに材質を設定して重量を測定する_SOLIDWORKS

モデルを作成していく過程で、 このモデルを実際に製作したらどのくらいの重さなの? と思ったことはありませんか? 技術計算が速やかにできることは体積情報を持つ3Dモデルの醍醐味です。 そこで今回は次の2つの方法をご紹介します。 ――――――――――――――― 1. モデルに材質を設定する方法 2. モデルの重量を確認する方法 ―――――――――――――――   使用するコマンド ・材料編集 (FeatureManager デザインツリー) ・質量特性 (評価タブ) - - - - - - - - - - ※今回モデルに設定する材質には、SOLIDWORKSにあらかじめ登録されている材料を使用します。  そのため、重量についてはあくまでも参考値となります。  実際に使用する材料での正しい重量が知りたい場合は、その材料の物性値で材料を登録する必要があります。 - - - - - - - - - -   1. モデルに材質を設定する方法 材料を指定していないモデルは、「材料<指定なし>」となっています。 FeatureManager デザインツリーの「材料」を右クリックし、メニューから「材料編集」をクリック。   すると、「材料」ダイアログボックスが表示されます。   今回は、材料に「炭素鋼(普通)」を設定します。 「Solidworks materials」フォルダを展開し、「鋼鉄」フォルダを表示します。   さらに「鋼鉄」フォルダを展開し、項目内の「炭素鋼(普通)」を選択します。 選択が出来たら「適用」をクリックし、「閉じる」をクリックします。   FeatureManager デザインツリーを確認すると、材料適用され「炭素鋼(普通)」に変わっています。     2. モデルの重量を確認する方法 評価タブから「質量特性」コマンドを選択します。 すると、「質量特性」ダイアログボックスが表示されます。 「質量」を確認すると設定した材質での重量がわかります。 重量のほかにも体積や重心なども確認できます。   また、単位がグラムのままでわかりにくい場合は、下記方法で変更することもできます。 質量の単位の変更方法 ここでは、グラムからキログラムの表示へ変更します。 ① ウィンドウ右上の「オプション」をクリック。 ② 「ユーザー定義設定を使用」にチェックを入れる ③ 質量の単位を「キログラム」に変更し、OKをクリック。 質量の単位がキログラムに変更できました。   まとめ いかがでしたか。 今回は、材質の設定と重量を確認するお話でした。 またの機会に、”物性値を設定して材料を登録する方法” をご紹介します。 是非お試しいただけましたら幸いです。 ...

中空のシェルモデル

  「シェル」フィーチャーは、 3Dモデルの外面から指定した厚み分を残して、 均一にくり抜くコマンドです。 外装部品、板金部品などの板厚が均一なモデルを 作成するときに便利なコマンドですね。   このような箱形状を作成する際に使用します。   ところで 「シェル」フィーチャーを行ったのに 形状がかわらなかった場合はありませんか?   SOLIDWORKSの入門講座でよくある現象ですので 今回、皆さんと共有したいと思います。   シェル このような場合 あれ・・・おかしいな・・と思い もう一度シェルコマンドを行おうとすると 下記のようなエラーメッセージが現れ適用できません。   これは、既に 内側が指定した厚みで中空になっている からです。 一見するとわかりませんが、 断面表示にして確認すると空洞化しています。   なぜ? この原因は、削除する面が選択されていないからです。 既存のシェルフィーチャーに「フィーチャー編集」に入ると 「削除面」に何も選択されていないことがわかります。   まとめ シェルコマンドで削除面を選ばなかった場合は、 中空の形状ができます。 モデル作成の過程で敢えて中空にすることもありますが、 通常は、削除面を選択して使用します。 エラーメッセージが現れた場合は、 フィーチャー編集に入って設定を確認してくださいね。   ▼関連記事はこちら ●シェル ●分割ライン②  ~分割ラインフィーチャーの活用~ ...

ノックピンの位置決め穴の作成方法

機械や装置の心出しや位置決めにはノックピンを使用しますが、 みなさんはどのように位置決め穴を作成していますか。 穴を「押し出しカット」コマンドで作成して、 図面を作成した場合は下図のようになります。 この場合、ダウエル穴記号は 「ダウエル穴記号」コマンドで手動で追加しなければいけません。 ですが、モデル作成者とは別の人が図面を作成する場合、 通し穴なのか位置決め穴なのかは3Dモデルからは判断できませんよね。 今回は、そんな際におすすめのコマンドをご紹介します。   穴ウィザード(ダウエル穴) まず、位置決め(ノックピン)穴を作成するモデルを開きます。   穴を作成します ① 穴を追加したい面を選択 ② 穴ウィザードをクリック   ③ 穴ウィザードのPropertyManagerに変わります。 「タイプタブ」で、穴タイプのパラメータを設定します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※ 詳細項目にて下記を選択します。 穴タイプ:穴 規格:JIS 種類:ダウエル穴 ----- 穴の仕様へ設計値を選択 サイズ:φ5.0 (今回は「 φ5H7 」を選択) ----- 押し出し状態:全貫通 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   ④「位置タブ」に切り替えて、穴位置を決めます。 OKをクリックして穴をあけます。   穴あけ作業としてはこれで終わりです。 モデルを一見するといつもと同じ穴ですが・・・   図面を作成すると・・・ 図面ビューにダウエルピン記号が追加されています。   まとめ 「穴ウィザード」コマンドで穴タイプの種類に「ダウエル穴」を選択すると 図面ビューの作成時にすべてのダウエルピン記号を自動的に作成できます。 是非、ノックピンの位置決め穴をあける際にお試しください。   また・・・ 「押し出しカット」コマンドで作成した穴の図面にダウエルピン記号を挿入するには、 メニューバー/挿入 →アノテートアイテム →「ダウエル穴記号」です。 ...

拡大/縮小のマウスホイール操作を反転する

デフォルト設定は・・ 拡大/縮小はマウスのホイールボタン(中ボタン)で行います。 デフォルトの操作は、マウスポインタのある位置を中心に、 ・奥に転がす  → 縮小 ・手前に転がす → 拡大   今回は、他種アプリケーションをご使用の方で、 “拡大と縮小を思うようにコントロールできない” という方にご覧いただきたい マウス操作を下記のように反転したい場合の変更方法です。 ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小   変更方法 メニューバーからオプションをクリック。   システムオプションタブ → 表示 から、 「マウスホイールによる拡大/縮小を反転」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※デフォルトではチェックが入っていません。 ※システムオプションはPCに依存する設定です。 SOLIDWORKSを終了して次回起動したときにも有効です。   設定が変更できました ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小 これで操作性が上がる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お試しください。...

表示パネルで作業効率アップ!

表示パネルとは 「表示パネル」を使用すると、部品、アセンブリ、図面ドキュメントで 設定をした様々な表示設定をすばやく確認することができます。   前回は、部品を透明化する方法をご紹介しました。 →アセンブリで部品の透明度の変更する しかし、複数の部品を透明にしていくと、 どの部品を透明にしたのかわからなくなる場合があります。 そこで、「透明化した部品を確認する方法」を例に、 「表示パネル」をご紹介します。   表示パネルを使ってみよう 「表示パネル」はデフォルトでは折りたたまれています。 そこで、表示パネルを展開します。 FeatureManager デザインツリー上部のタブの右側にある > をクリック。 ※表示パネルを折りたたむには < をクリックします。   透明化した部品は、「透明度」の列にアイコンが表示されます。   現在、サブアセンブリ「コンテナ組立」は透明化をしています。   透明化を解除するには、「表示パネル」の解除したい部品や サブアセンブリの行のアイコンをクリックします。   透明度アイコンが消え、   モデルの表示が元に戻ります。   まとめ また、「表示パネル」では、透明度の他にも 非表示/表示、表示モードや外観なども確認できます。   中でも、 非表示/表示 の設定は、 アイコンをクリックするごとに 素早く部品やボディ、スケッチ、平面などの 非表示と表示の切り替えができ、とても便利です。 ぜひお試しください。 ...

アセンブリで部品の透明度の変更する

アセンブリドキュメントで 他の部品の影に隠れた部品を移動したいときや、 隠れた部品の位置関係を確認したいときに 手前の部品を透過したくなりませんか。 今回ご紹介する方法は次の場合に有効です。 ・装置のカバーを設計したら中身が見えなくなってしまったとき ・ある部品の中に入っている部品を選択したいとき ・材質がガラスや透明樹脂などの場合にそれらしく見せたいとき   部品の透明度の変更 使用するモデルは、 弊社書籍「よくわかる3次元CADシステムSOLIDWORKS入門」に 掲載のアセンブリモデル「コーヒーミル」です。 この「コーヒーミル」のアセンブリドキュメントを使用してご紹介します。 【部品の透明化】 【サブアセンブリの透明化】   【部品の透明化】 まず、アセンブリで使用している部品「ホッパー」を透明に変更します。 透明にしたい部品をクリックします。   すると、コンテキストツールバーが現れます。 「透明度変更」をクリックします。   部品「ホッパー」が透明になりました。 ホッパーを透明にしたことで、内部のミル刃の詳細な様子が確認できます。   【サブアセンブリの透明化】 次に、アセンブリで使用している サブアセンブリ「コンテナ組立」を透明に変更します。 FeatureManager デザインツリーからサブアセンブリ「コンテナ組立」をクリック。 コンテキストツールバーから「透明度変更」をクリックします。 ーーー サブアセンブリ品は、選択しているものが サブアセンブリなのか、部品なのかを混同しやすいので、 FeatureManager デザインツリーからの選択をお奨めします。 ーーー   サブアセンブリ「コンテナ組立」全体が透明になります。   注意点 透明度変更をするとその部品の面を選択し難くなります。 その際は以下の方法をお試しください。 ・Shiftキーを押しながら透明にした部品の面をクリックする ・透明にした部品の背後に何も部品がない状態にして透明にした部品を選択する 次回は、透明化をした部品を確認するのに便利な機能、 「表示パネル」をご紹介します。...

マルチボディの干渉認識

干渉認識コマンドは、アセンブリをした部品同士の干渉を 簡単に検出することができます。 SOLIDWORKS2019からこの干渉認識が部品ドキュメントの マルチボディで使用できるようになりましたね。 ※マルチボディ・・部品ドキュメント内に複数のソリッドボディがある状態   マルチボディでも使える「干渉認識」 干渉認識はこれまではアセンブリで使用できたコマンドです。 ここでは、 アセンブリドキュメントでアセンブリをしたモデルと そのモデルを部品ドキュメントのマルチボディに変更したモデル を使用して干渉認識を比較してみます。 使用するモデルは歯車ポンプです。 歯車は、円筒形の簡易的な形で作成しているため干渉が起きます。   ●アセンブリドキュメントでの干渉認識 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 上下の歯車に干渉が起きていることが確認できます。 (他にもネジ部に干渉が起きていますね)   ●部品ドキュメントでマルチボディ状態の干渉認識 次に、歯車ポンプのアセンブリをマルチボディ化したモデルで アセンブリと同様に干渉認識を行います。 ドキュメントは部品です。 (部品ドキュメントのアイコンとソリッドボディが複数あることが確認できます。) 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 アセンブリと同様の箇所に干渉が起きていることが確認できます。     このマルチボディの干渉認識は、 アセンブリドキュメント内にマルチボディの部品が含まれいる場合 も干渉を調べることができます。 これは、鋼材のようにマルチボディで構築する部品が混在する組立品で有効です。 (鋼材機能を使用するとマルチボディになります。) 下図のモデルは、 フレーム部:鋼材機能を使用して作成した部品 カバー:それぞれ作成した部品 それらをアセンブリドキュメントでアセンブリしています。 「干渉認識」コマンドで確認をします。 その際に、オプションの「マルチボディ部品の干渉部分を含む」にチェックを入れます。 「計算」をクリック確認すると・・・ マルチボディになっている鋼材部分に干渉があることがわかりました。 どうやら鋼材同士の突き合わせ処理を忘れたようですね。   まとめ マルチボディの干渉認識は、部品ドキュメントで使用する以外にも、 アセンブリドキュメントにマルチボディの部品が含まれている状態でも使用できます。 ぜひ、お試しください。 ――――――― 余談ですが・・・ SOLIDWORKS2018以前でマルチボディの干渉を確認するには、 「組み合わせ」コマンドで代用できますよ。...

ファイル名の変更方法(3) ― FeatureManagerデザインツリー

前回に引き続きファイル名を変更する方法のご紹介です。 前回のご紹介記事はこちら → ファイル名の変更方法(2) ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー 今回はFeatureManagerデザインツリーから アセンブリを構成する部品のファイル名を変更する方法をご紹介します。 この方法は、 ・FeatureManagerデザインツリーから構成部品のファイル名を直接変更できます ・開いていないドキュメントも名前を変更したファイルとの参照を同時に更新できます   やりたいこと:ファイル名の変更 「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けたアセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 まず、少し設定を行います。   事前準備 名前を変更できるように、システムオプションの設定を行います。 <メニューバー>から「オプション」をクリック。 ダイアログボックスを開き、下記箇所にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※この設定を行わないとプロンプトが現れ、名前の変更ができません。   では実際に FeatureManagerデザインツリー から「B」部品の名前を「C」に変更してみましょう。   部品ドキュメントの名前の変更する アセンブリドキュメントを開きます。 ファイル名を変更する構成部品を右クリックし、「部品を名称変更」をクリック。 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。 ダイアログボックスが現れるので、「ドキュメントの一時的な名前変更」を選択します。 ※再構築のメッセージが表示された場合は「はい」をクリックします。 構成部品の名前の変更ができました。 ※まだSOLIDWORKS上で一時的に名前を変更している状態です。 Windows Explorerを確認すると部品の名前はBのままです。 アセンブリドキュメント保存します。 「すべて保存」をクリック。 ドキュメントの名前変更ダイアログボックスが表示されます。 「OK」をクリックすると、 SOLIDWORKS上で一時的に名前を変更して内部的に更新していたものが、 Windows Explorer上でも適用され部品の名前が変わります。 また、名前を変更をしたドキュメントが他のアセンブリでも使用していて参照関係も更新する場合は、 「使用先の更新」にチェックを入れ、使用先の更新をします。   まとめ FeatureManagerデザインツリーで構成部品の名前を変更する方法は、 編集中の参照しているアセンブリを閉じなくても名前の変更が可能です。 ぜひお試しください。...