図面

3Dモデルにサイズ公差を入れる_SOLIDWORKS

3Dモデルでサイズ公差を確認するときは どのようにしていますか? 紙図面や2D図面からモデルを作成した場合は 図面を見て確認していると思いますが、 「3Dモデルに入っていれば便利だな」 と感じることはありませんか?   そんなときに有用なのがこちら▼ ――――――――――――――― 「公差/少数位数」 ―――――――――――――――   さっそくサイズ公差を付記してみましょう 今回は、穴基準はめあい方式の軸の許容差を入れます。 基準寸法に軸の公差クラスと許容差の数値が付加します。 まず、モデルに付加した寸法を表示します。 ※現在は図示サイズ(基準寸法)のみでサイズ公差は入っていません。 公差を入れたい寸法「φ8」をクリックし、選択状態にします。 PropertyManagerの「公差/少数位数」を開き、   「公差のタイプ」に「はめあい公差」を選択します。   「軸基準はめあい」にプルダウンリストから「g6」を選択します。   「括弧で表示」のチェックボックスにチェックを入れ、プロパティを閉じます。   これでサイズ公差を入れることができました。 寸法を表示すると、基準寸法の次に、軸の公差クラスと許容差の数値が付加されています。   まとめ いかがでしたでしょうか。 モデルにサイズ公差を入れておけば、設計途中でも簡単に確認ができ、 流用設計の際もわかりやすいですね。 また、このモデルから図面を作成した際にも モデルアイテムで寸法を挿入すると 寸法軸の公差クラスと許容差が自動的に入るので使い勝手がいいですよ。 ぜひ試してみてください。 ...

ノックピンの位置決め穴の作成方法

機械や装置の心出しや位置決めにはノックピンを使用しますが、 みなさんはどのように位置決め穴を作成していますか。 穴を「押し出しカット」コマンドで作成して、 図面を作成した場合は下図のようになります。 この場合、ダウエル穴記号は 「ダウエル穴記号」コマンドで手動で追加しなければいけません。 ですが、モデル作成者とは別の人が図面を作成する場合、 通し穴なのか位置決め穴なのかは3Dモデルからは判断できませんよね。 今回は、そんな際におすすめのコマンドをご紹介します。   穴ウィザード(ダウエル穴) まず、位置決め(ノックピン)穴を作成するモデルを開きます。   穴を作成します ① 穴を追加したい面を選択 ② 穴ウィザードをクリック   ③ 穴ウィザードのPropertyManagerに変わります。 「タイプタブ」で、穴タイプのパラメータを設定します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※ 詳細項目にて下記を選択します。 穴タイプ:穴 規格:JIS 種類:ダウエル穴 ----- 穴の仕様へ設計値を選択 サイズ:φ5.0 (今回は「 φ5H7 」を選択) ----- 押し出し状態:全貫通 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   ④「位置タブ」に切り替えて、穴位置を決めます。 OKをクリックして穴をあけます。   穴あけ作業としてはこれで終わりです。 モデルを一見するといつもと同じ穴ですが・・・   図面を作成すると・・・ 図面ビューにダウエルピン記号が追加されています。   まとめ 「穴ウィザード」コマンドで穴タイプの種類に「ダウエル穴」を選択すると 図面ビューの作成時にすべてのダウエルピン記号を自動的に作成できます。 是非、ノックピンの位置決め穴をあける際にお試しください。   また・・・ 「押し出しカット」コマンドで作成した穴の図面にダウエルピン記号を挿入するには、 メニューバー/挿入 →アノテートアイテム →「ダウエル穴記号」です。 ...

拡大/縮小のマウスホイール操作を反転する

デフォルト設定は・・ 拡大/縮小はマウスのホイールボタン(中ボタン)で行います。 デフォルトの操作は、マウスポインタのある位置を中心に、 ・奥に転がす  → 縮小 ・手前に転がす → 拡大   今回は、他種アプリケーションをご使用の方で、 “拡大と縮小を思うようにコントロールできない” という方にご覧いただきたい マウス操作を下記のように反転したい場合の変更方法です。 ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小   変更方法 メニューバーからオプションをクリック。   システムオプションタブ → 表示 から、 「マウスホイールによる拡大/縮小を反転」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※デフォルトではチェックが入っていません。 ※システムオプションはPCに依存する設定です。 SOLIDWORKSを終了して次回起動したときにも有効です。   設定が変更できました ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小 これで操作性が上がる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お試しください。...

表示パネルで作業効率アップ!

表示パネルとは 「表示パネル」を使用すると、部品、アセンブリ、図面ドキュメントで 設定をした様々な表示設定をすばやく確認することができます。   前回は、部品を透明化する方法をご紹介しました。 →アセンブリで部品の透明度の変更する しかし、複数の部品を透明にしていくと、 どの部品を透明にしたのかわからなくなる場合があります。 そこで、「透明化した部品を確認する方法」を例に、 「表示パネル」をご紹介します。   表示パネルを使ってみよう 「表示パネル」はデフォルトでは折りたたまれています。 そこで、表示パネルを展開します。 FeatureManager デザインツリー上部のタブの右側にある > をクリック。 ※表示パネルを折りたたむには < をクリックします。   透明化した部品は、「透明度」の列にアイコンが表示されます。   現在、サブアセンブリ「コンテナ組立」は透明化をしています。   透明化を解除するには、「表示パネル」の解除したい部品や サブアセンブリの行のアイコンをクリックします。   透明度アイコンが消え、   モデルの表示が元に戻ります。   まとめ また、「表示パネル」では、透明度の他にも 非表示/表示、表示モードや外観なども確認できます。   中でも、 非表示/表示 の設定は、 アイコンをクリックするごとに 素早く部品やボディ、スケッチ、平面などの 非表示と表示の切り替えができ、とても便利です。 ぜひお試しください。 ...

ファイル名の変更方法(2) ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー

以前に部品やアセンブリのファイル名を Windows Explorerで直接ドキュメントの名前を変更した場合の 危険についてご紹介しました。 → ファイルの名前の変更による罠!?   ではどうやって名前を変更するのか?・・・ そのひとつに下記変更方法があります。 ・SOLIDWORKS2019 まで:Windowsスタートメニュー → SOLIDWORKS Explorer ・SOLIDWORKS2020 から:Windows Explorer のファイルショートカットメニュー ( ※ SOLIDWORKS Explorer は2020よりWindowsスタートメニューからなくなりました。) 今回は SOLIDWORKS2020 を使用して、 Windows Explorerのファイルショートカットメニュー から変更する方法をご紹介します。   やりたいこと:ファイル名の変更 ここに「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けたアセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 では実際に Windows Explorer から「B」部品の名前を「C」に変更してみましょう。   部品ドキュメントの名前を変更する ― Windows Explorerファイルショートカットメニュー ファイルを右クリック。 ショートカットメニューから「SOLIDWORKS」→「名前変更」をクリック。   「ドキュメントの名前変更」ダイアログボックスが現れます。 「次に変更」欄に新しい名前を入力します。 ※拡張子は削除してしまっても問題ありません。 入力が終わったら「OK」をクリック。 これでドキュメントの参照関係を保ったまま、名前の変更は終了です。 Windows Explorer上でも名前の変更ができたことがわかります。 アセンブリドキュメント「AB組立」を開いて確認してみましょう。 「再構築」をクリックすると、部品の名前が変わります。 問題ありませんね。   この方法の注意点 参照している部品やアセンブリをSOLIDWORKSで開いていると 下図の警告が現れます。 ファイルの名前を変更する前には、 開いている部品やアセンブリを保存して閉じておく必要があります。   ぜひお試しください。 次回は、FeatureManagerデザインツリーを使ったファイル名を変更する方法についてご紹介します。 お楽しみに! ...

【図面テクニック】狭いところへの寸法記入方法

今回は図面ドキュメントで使えるテクニックのご紹介です。 寸法補助線の間隔が狭くて寸法記入の余地がない、 例えば下図の場合の記入方法です。 1.矢印の代わりに黒丸を用いる場合 2.引出線と参照線を用いて記入する場合 さっそく操作方法です 1.矢印の代わりに黒丸を用いる場合 図の箇所は寸法補助線の間隔が狭いです。 矢印が重なりわかりにくいですね。 “寸法補助線の間隔が狭くて矢印を記入する余地がないときは、 矢印の代わりに黒丸または斜線を用いてもよい“ と製図教科書に記載があるのでこれを行います。 操作がしやすいように寸法数値4の寸法補助線は移動します。 寸法数値5を選択状態にして矢印の丸印を右クリック。 メニューから「小黒丸」を選択します。 左側の寸法数値5も同様に行います。 また、この場合の寸法数値4の寸補助線は矢印をつけないルールです。 寸法数値を選択状態にして矢印の丸印を右クリック。 メニューから「なし」を選択します。 左側の寸法補助線も同様に行い、寸法補助線を移動して戻して完成です。   2.引出線と参照線を用いて記入する場合 図の箇所のような寸法補助線の間隔が狭い場合に有効です。 “引出線には引き出す側に矢印をつけず、寸法数値は参照線の上側に記入する” と製図教科書に記載があるのでこれを行います。 寸法数値10を選択状態にします。 プロパティから、「オフセットテキスト」をクリック。 参照線が現れ、寸法数値が参照線の上側に移動します。 寸法数値が選択状態のまま矢印の丸印を右クリック。 メニューから「なし」を選択します。 左側の寸法補助線も同様に行い、参照線の配置を整えて完成です。 まとめ 狭い箇所の寸法記入方法は、 ・矢印の代わりに小黒丸を用いる ・参照線を利用して寸法値を入れる場所をスペースのある場所に移動させる (この場合は引出線の引き出す側の端には黒丸などの何もつけないようにする) また、あわせ技で使うと便利な機能はこちら → 【図面テクニック】寸法を同一線上に整列させる方法 お試しください。...

ファイルの名前の変更による罠!?

アセンブリを行ったあとに うっかりファイルの名前をつけ間違えていることに気がつき、 “部品ドキュメントのファイル名を変更したい” といったことはありませんか? そのようなときSOLIDWORKSの理解が浅いと、 他のアプリケーションのファイルと同じように Windows Explorer(ウィンドウズ エクスプローラ)から 名前を変更してしまいますよね。 今回は、Windows Explorerでドキュメントの名前を変更した場合の 危険とその後の対処方法についてお話いたします。 部品ドキュメントの名前を変更する ここに「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けた アセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 Windows Explorerから、「B」部品の名前を「C」に変更します。 その後、アセンブリドキュメント「AB組立」を開きます。 すると・・・ 下図のダイアログボックスが現れます。 ここで何も選択しないと・・・ 開かれたアセンブリドキュメントでは、 ツリーの部品「B」には警告マークがつき抑制されています。 これは、ドキュメントの参照関係がわからなくなってしまったからです。 (所謂リンク切れってやつですね・・) 再度ドキュメントの参照関係をつける そこで、名前を変更した部品を再指定し、改めて部品を認識させます。 部品「B」をクリックし、部品「B」の抑制解除をクリック。 すると・・・ ダイアログボックスが現れます。 「ファイルの参照」をクリック。 部品「C」を指定して、「開く」をクリック。 部品「C」に変更されました。 アセンブリドキュメントを再度保存してドキュメントを閉じます。 もう一度、アセンブリを開いて確認をすると、 先ほどのダイアログボックスは現れません。 今度は参照関係が崩れていない(復元できた)ことがわかります。   まとめ いかがでしたか。 ドキュメントの参照関係って怖いですね・・・ うっかりリンク切れを起こさないように ファイルの名前を変更する際には、 ドキュメントの取り扱いには注意してくださいね。 ファイル名を変更するこのほかの方法についても次回ご紹介予定。 お楽しみに! ...

ビューの必要な部分のみ表示する方法「ビューのトリミング」

これは駆動軸です。 みなさんは、SOLIDWORKSでこの駆動軸の図面を作成する場合、 投影図はどのように表現していますか。 一つの方法として、 下図のように正面図と平面図のビューを作成する方法が考えられます。 しかし、駆動軸の平面図は、 キー溝部分のみ図示すれば、 全体の図を描かなくても形状がわかりますね。 今回は、キー溝部分を 局部投影図で表す場合などに 使用できるコマンドをご紹介します。 コマンドは、 「ビューのトリミング」です。 ビューのトリミングを使用する場合は、 閉じたスケッチを書いておく必要があります。   1. ビュー内の残したい部分を囲むようにスケッチを描きます。 ここでの注意点は、残したい部分のビューがアクティブな状態で スケッチ描くということです。 下図ように“ビューをアクティブ維持の状態(四角が実線のピンクの点線)”にして、 点線の内側に閉じたスケッチを描きます。     2. 1で作成したスケッチ線を全て選択した状態で、 <レイアウト表示タブ>から「ビューのトリミング」をクリックします。     3. 図面ビューのトリミングが行われ、選択した領域のみ表示できます。     4. このときに、トリミングの輪郭線をなくしたり、 ギザギザの輪郭線にすることもできます。    これは、ビューを選択しておいてから、 プロパティの“ビューのトリミング”のチェックボックスで行います。     5. 更に、トリミング後も残った不要な線を非表示にするには、 線を選択して、「エッジ非表示/表示」をクリックします。     6. 不要な線が非表示にでき、 局部投影図で表すことができました。       JIS製図に合わせるとしたら、 主となる投影図と局部投影図を細い実線で結んでおきます。   また、一度トリムしたものを、やり直したり、削除するには、 ① トリムしたビューを右クリック。 ショートカットメニューから、「ビューのトリミング」→「トリミングを編集」をクリック。 ※削除する場合は「トリミングを削除」をクリック。     ② スケッチ編集の状態になり、 矩形の大きさや位置などを調整することができます。     ぜひお試しください。...

図面ビューの境界線

図面ドキュメントで図面ビューにポインタを近づけると、 図面ビューの境界がハイライトします。 今回は、この図面ビューの境界線の状態をご紹介します。     境界線の色は選択状態を表しますが 概ね他のドキュメント(部品・アセンブリ)と同様です。 しかし、以外と知らない方も多い 図面ドキュメントならではの選択状態が登場します。   それでは確認していきましょう。       「選択前」 ビューにポインタを近づけると、オレンジ色の破線が表れます。 これは、ダイナミックハイライト「選択前」を示します。   「選択前」なので、実際に選択はしていません。 ポインタをはずすと破線が消えます。         「選択状態(アクティブ)」 ビューにポインタを近づけてクリックすると、水色の破線が表れます。 これは、「選択状態」を示します。   選択しているので、ポインタをはずすしても継続します。       「アクティブ維持」 ビューをダブルクリックすると、水色の破線の四角が太い実線になります。 この状態が、「ビューアクティブ維持」を示します。 また、続けて何もないところをクリックすると、 ピンク色の破線に変わります。 これは、選択状態は解除されましたが、 「ビューアクティブ維持」が継続していることを示します。 図面に注記やスケッチなどの要素を挿入する際に 重要です。     みなさんは、図面に注記やスケッチを挿入する際に、 予期せぬ位置に挿入されてしまったことはありませんか?   例えば、アクティブ維持ではない状態で、 矩形のスケッチを追加した場合 ビューをドラッグすると・・・スケッチが追従しません。 これは、挿入する要素がどのビューに関連するものなのか 明らかではないからです。 一方、ビューを「アクティブ維持」にして、 矩形のスケッチを追加した場合、 ビューをドラッグすると・・・スケッチがビューに追従します。 このように「アクティブ維持」にして 関連付けを明確にしてから要素を追加すると、 そのビューの一部として扱われます。   そのため、ビューを移動した際には、 そのビューに追従して動くのです。 せっかく描いたスケッチが追従しなかったら ちょっと残念に感じますよね。   スマート寸法コマンドなどの使用では、 挿入したいビューにポインタを近づけると、 自動的にアクティブ維持になります。 ですから、意識をしていなくても作業ができます。   しかし、自動的にアクティブにならないような スケッチコマンドなどの使用の際には、 「アクティブ維持」を意識しましょう。...

丸みのあるコーナー部に仮想交点を表示するには

2D図面作図の際、「丸みのあるコーナー」に寸法を入れるには、 仮想交点が必要になります。 もし、あなたがスケッチの直線で仮想交点を作図しているのなら、 今回の記事が有益です。 スケッチの直線を作図して仮想交点を作るよりも 手軽な方法をご紹介します。     「仮想交点」の作成方法 1. 仮想交点が必要な2本の直線をCtrlキーを押しながら、 順番にクリックして選択します。 2. そして、スケッチツールの「点」をクリックします。 3. 選んだ2本の直線の仮想交点が作成されます。 4. 残りの仮想交点も作成します。 5. 寸法入力は、この仮想交点をクリックします。 いかがでしたか? 仮想交点が簡単に作成できたと思います。 ぜひ、ご活用ください。  ...