SOLIDWORKS操作マニュアル

DXF/DWGの挿入

今回は【DXF/DWGの挿入】についてご説明します。 【DXF/DWGの挿入】は客先から図面を頂き、それを参考に設計したいとき等に便利です。 今回は上図の図面を挿入したいと思います。 新規部品ドキュメントから入ります。 スケッチを入れたい面を選択します。今回は「正面」にします。 メニューバーから挿入→DXF/DWGをクリックします。 すると図の画面が立ち上がります。「次へ」をクリックします。 単位が「Inches」になっていることが多いのでそういった場合は「Millimeters」にします。 挿入するレイヤーを選びます。ファイルが重いときは必要なものだけ選びましょう。 プレビュー表示されているので確認しながら選択できます。 今回はここでは特に設定を変えません。 DXFファイルを挿入できました。 スケッチを終了します。 これを部品としてアセンブリに組み込んだり、 レイアウトスケッチとして参照しながらモデリングしたり出来ます。  ...

Instant3Dの活用

今回は【Instant3D】についてご説明します。  【Instant3D】は手早くフィーチャーなどの寸法を修正するのにとても便利です。   Instant3Dは、フィーチャーに沿った定規を表示させ、 フィーチャーをドラッグして寸法値を変更できる機能です。   定規が表示されるので、目的の寸法値までドラッグする方法もありますが、 ここでは、数値を入力して、ダイレクトに寸法編集をする方法をご紹介します。   ↑緑の円柱の長さを30.00mmから10.00mmに変更するとしましょう。   ↑CommandManagerのフィーチャー欄の【Instant3D】をクリックします。   ↑【Instant3D】が選択されたままこの緑の円柱をクリックすると 設定していた寸法が出てきます。   ↑変えたい寸法をクリックするとその寸法にハイライトがつき、変更可能になります。 30.00mmから10.00mmに変更します。   ↑「10」と打ち込むだけで、簡単に円柱の長さが変更されました。...