SOLIDWORKS操作マニュアル

【作ってみよう】ファイルスタンド その2

前回の続き 【作ってみよう】ファイルスタンド ここまで作ってもらってありますでしょうか? まずは1こを↑ここまで完成させましょう。 角を丸くするのはフィレットや面取りに任せるので後で行います。 上記のようなサイズで押し出しカットします。 最後に、そのままでは角がいたそうなので、 上のように角4ヵ所を半径30mmでフィレットしておきます。 ***** 【直線パターン】 次はこの形を3個並べます。 アセンブリで並べていくことももちろんできますが、 部品ドキュメントの中でも並べることができます。 コマンドはフィーチャータブのフィレットの横にありますよ。 もし無かったら、『○○パターン』という前回使ったものに なっているので、その下の三角ボタンをクリックして 選択します。 左側に出てきた↓メニューで設定を行います。 「方向1」 は直線的に並べる方向を指定します。 エッジ1となっているのは、ファイルスタンドの手前のエッジです。 ここを指定すると上図のようにグレーの矢印が出現するので方向を右側になるよう調整します。 (グレーの矢印をクリックしても方向を変えられます) また、隣接させる面を指定してもOK!   間隔は厚みと同じ100mm、インスタンスは3と指定します。 ボディは今まで作ってきたものを指定します。 OKしたら出来上がります。   完成しました!        ...

【作ってみよう】ファイルスタンド

以前スプーンを作る課題を出させて頂きました。 ご好評につき、第2弾はファイルスタンドを作成します。 今回のは簡単かもしれません。 いつもの解説というよりは、作成方法の回答を していきますので、ご自身で考えながら先にお進みください。   まず最初に、「どうやって作るか?」 というところから考えてみましょう。 闇雲に作るより、しっかり道筋が出来ていることは 重要なことなので、コマンドどれ使うかなどは 抜きにして、どう作っていくかを考えましょう。 ***   同じ形が連続していますよね? つまり、下記のようなスタンドを一つ作れれば、 あとは同じものを3個並べれば完成です。 作成の第一段階として、この形状を作ることを目指しましょう。       今日は下記形状までを作りますね。 上図はスケッチの図です。 これを描き、押し出し(100mm)で立体的にします。 水色にハイライトしている部分をフィレットします。 (50mm) 周りの角もフィレットします。(3mm)   最後にシェルで中身を抜きます。 (厚み2mm)     できましたか? 次回は完成させます。 今週はここまで作っておいてくださいね。                ...

覚えて便利なショートカットキー

今回は『ショートカットキー』について ご案内します。 SOLIDWORKSってマウスを駆使しますよね。 コマンドのボタンをクリックしたり、 ホイールをドラッグしたりで 操作を行っていきます。 でも慣れてくると、 マウスをそこまで運ぶのが邪魔になりませんか? そんな時に便利なのが『ショートカットキー』です。 右手はマウス、左手はキーボードにおいておくと すばやい操作が可能になります。 よく使うものだけでも意識して覚えると 便利でカンタンになりますよ♪   Escキー コマンドの選択の解除 Ctrlキー 押しながら要素を選ぶと複数選択ができる Deleteキー 選択状態のものを削除 Fキー 表示をウィンドウにフィット 矢印キー モデルを水平または垂直に回転(デフォルトは15度回転) Shift+矢印キー モデルを水平または垂直に90度回転 Gキー 虫メガネツール。全体のビューを変更することなくモデルの一部を拡大する Alt +矢印キー モデルの表示方向を変えずに回転(デフォルトは15度回転) Spaceキー 表示方向のウィンドウを出す。 実際の画面でお試しください!    ...

フィーチャーに画像を貼り付ける

SOLIDWORKSでは、こんな風に 画像データを貼り付けることができます。    今日はその、「画像の貼り付け方」をお伝えします。 必要なものは、 PNGやJPGなどの貼り付けたい画像です。 曲面にも貼れるので、 私は円筒のフィーチャーを用意しました。 使用するコマンドは「デカル」です。 左側のツリーからディスプレイマネージャーへ。 真ん中のコマンドがデカルです。 「デカルライブラリを開く」ボタンの下当りで 右クリックすると、 「デカル追加」というメニューが 出てくるので、そちらをクリック。 画面が開きました。 参照から挿入したい画像を選びます。 次にマッピングタブに移り、 「選択ジオメトリ」が水色の選択状態で 貼り付けたい面を選択します。 できました。 ↓実際貼り付けた画像がこちらのJPG画像 ・・・なんだか背景がグレーに見えて、 「アレ?」という感じがしますよね。 でもこれ、光の当り具合によるので よく光の当たる場所ではしっかり白いことが確認できます! それから、背景を透過しているPNGも 貼れるのですが、そのままだと こんな真っ黒になってしまうのです。 プレビューと全く違いますよね。 そんな時は 「デカルイメージアルファチャンネルを使用」にチェック。 できました。 ご活用いただけたら幸いです。  ...

薄板フィーチャー

薄板フィーチャー

開いたスケッチを薄板状に押し出したい時、 (通常は矩形など閉じたスケッチを 押し出して立体化していますよね) そこで便利なのが【薄板フィーチャー】です。 スケッチに厚みを付けて作成される(薄い板のような) フィーチャーです。 板金形状やパイプ形状を作るのに便利な機能です。 押し出しだけでなく、回転などのフィーチャーにもあります。 ただ、板の表面と裏面があるので、 寸法を入れるときは基準に注意が必要です。 【薄板フィーチャー】は  「押し出しボス/ベース」フィーチャーの プロパティ から設定することができます。 例えば、下のようなスケッチを薄板状に押し出します。 フィーチャータブから、「押し出しボス/ベース」をクリック。 すると、ツリーがプロパティマネージャーに切り替わるので、 薄板フィーチャーにチェックを入れます。 「薄板フィーチャー」のプロパティが展開され、 押し出し状態のプレビューを確認できます。 「中間平面」では描いたスケッチの両側に厚みができます。 「片側に押し出し」にすると片側にのみ厚みを付けられますが、 「反対方向」ボタンで、スケッチの上側に厚みをつけるか、 下側に厚みをつけるか変更することができます。 また、「自動フィレットコーナー」にチェックを入れると、 板の曲げ部分にフィレットをかけることができます。 半径の設定値は、曲げの内側の半径値です。 上記のプロパティのように設定すると、 このような薄板状のモデルが完成します。  ...

【アニメーション】ケーブルを動かす

今週もご応募いただいた質問に回答します。 ***** スカラーロボットの3D動作の表現する場合、 ケーブル部は変形を含む3D動作となるため 動画のような表現は3D-CADでの表現は 不可と諦めていますが、 動画に近い表現が可能でしたら、教えてください よろしくお願いします。 *****   二つの物体をケーブルでつなぎ、 移動させるという簡単なアニメーションの 作り方でご案内しますね。 まずは部品の作成。 仮にこのようなブロックを作成しました。 カーソルがある先にはケーブルの接続場所となる 「点」を付けてあります。 ケーブルは後で付け足しますので、 部品として必要なのはこれだけです。 これをアセンブリドキュメントで配置します。 下のブロックは動いて欲しくないので、 右クリックして出てきたメニューから「固定」を 選択しておきます。 アセンブリ上で新しく3Dスケッチを開始します。 この二つの間を3Dスケッチで描いた スプラインのケーブルでつなぎます。 スケッチコマンド下の三角ボタンから 「3Dスケッチ」に入り、スプラインのコマンドへ。 ブロックの上につけた点から点へ、 一致の合致を付加して描いてください。 ケーブルは伸縮性がないと考え、スマート寸法にて 寸法も入力しておくことが可能です。 (ここで完全定義してしまうと後で動かせないので  必要最低限の定義のみにしてください。) 「既存部品/アセンブリ」から「新規部品」をクリック。 加わりました。 先ほどの3Dスケッチをエンティティ変換で持ってきます。 フィーチャータブが出現しているので、「スイープ」。 基本形状ができました。 あとは、動かすのみですね! 画面左下のモーションスタディをクリック。 アニメーションの画面下半分にでました。 例えば、10秒のところでクリックし、 10秒後に動いておいてほしい場所に 上のブロックをドラッグして動かします。 「再構築」 「計算」 再生を押すと、10秒かけて ずらした場所へと徐々に移動していく様子が 見られます。 同じようにタイムラインをずらして ブロックを任意の場所に持っていくことで アニメーションを作成することが可能です。 保存したい場合は こちらをクリックするとavi形式の 動画をとることが可能です。        ...

見た目をツルツルにする

今日は、見た目を変えます。 ↓球体を作ると通常はこのようにくすんだ形で出ます。 それが、設定を少し変えるだけで ツルツル!になりました。 『リアルビュー』という機能です。 ※PCにより使えない場合があります。 https://www.solidworks.co.jp/sw/support/videocardtesting.html 上記よりご確認ください。 (また、メニュー選択時に文字がグレーになっている場合も使用できません。) ヘッズアップツールバーのモニターアイコンの中にある RealView Graphics という設定をオンにします。 鉄やプラスチックなどの素材にすることも出来ますが、 リアルビューの設定で見た目は全く変わります。 ↓ ↓ ↓ 背景を設定しておくと、違いは一目瞭然ですね。 これを使うのは、一時的に完成イメージが見たいとか、 実際の質感を見ながら作れる時に有効です。 設計時には向きを変えるときなど処理が遅く感じたり、 キラキラして形状を確認しにくくなるなどありますので オフにしておくことをオススメします。 外観(素材)の設定 画面右端の『外観、シーン、デカル』をクリック 外観を選ぶと、 沢山の素材などが入っています。 変更したいものを選んでドラッグ&ドロップ ドロップするとメニューが現れます。 どこにその素材を適用するかという選択肢です。 面 フィーチャー ボディ ドキュメント 外観フィルター で並んでいますので任意のものを選択ください。 ※背景も同じように外観の下のシーンから選び、 ドラッグ&ドロップで変更できます。  ...

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

ネジ部分干渉認識を1つにまとめる

今回はお問合せを頂いていた続編をお伝えします。 ネジ穴にネジを入れた構造を作り、 干渉認識を計算すると、干渉が発生してしまいますよね。   でも、これは「取り除かなければいけない干渉」ではありません。 一つずつ確認して無視することも可能ですが、 【ネジに関する干渉】をまとめた1つのフォルダにいれることも可能です。     例として、下記のようなモデルを作成しました。 (穴ウィザードでネジ穴をあけ、 ツールボックスよりJIS規格のネジを挿入しています) 干渉認識では、3つの干渉が見つかりました。   ここで、その下にあるオプションから 「ファスナーフォルダの作成」 にチェックをいれます。   すると、 先ほどの3つの干渉がファスナーというフォルダに入りました。   ”ファスナー”合致で挿入された部品への干渉部分がフォルダに入ったということです。   このフォルダに移動されていない干渉は その他の問題が原因となり、検証が必要と一目で分かりやすくなります。   もう一つ、似たものに 「一致するねじ山フォルダ」があります。 こちらもまた解説していきますね。   お楽しみに♪...

SOLIDWORKS2016のアイコン色を変更する

早速、今週の質問はこちらです! ============ 先日、会社のSOLIDWORKSのバージョンが上がり、 2016を使用することになりました。 しかし、どうしても色味に慣れず 使いにくいのです。 以前のアイコンに戻せる機能がついていると聞きました。 どうやるのか教えてもらえませんか? ============ A様ありがとうございます。 今までの黄色x緑の色味から 白x青の色味へ変更されています。 詳しい設定方法の前に、 まずはご使用のSOLIDWORKS2016の サービスパックのバージョンをご確認ください。 ヘルプ ⇒ SOLIDWORKSについて 上の方に「SOLIDWORKS2016~~ SP3.0」 という表記があります。 SP3.0以上で変更が可能になります。 3.0未満だった方は、同じくヘルプから アップデートチェック を行ってください。 ここまで出来ていれば簡単です。(2017も同様に変更できます) システムオプションをクリック。 左側のメニューから「色」を選択。 アイコンの色をクラシックに変更してOKです。 背景色なども変更できます。 またコチラはシステムオプションですから 一度設定してしまえば次回起動時もこちらの設定になります。 ...