マニュアル

【図面テクニック】参考寸法の表示方法

  図面に寸法を記入する際、 本来、記入しなくてもいい寸法でも、 図面上で表記しておきたい寸法に( )をつけて 表記するのが「参考寸法」です。   今回は図面ドキュメントで、寸法を参考寸法の表示に変える方法を 長さと半径の2種類でご紹介します。     長さの寸法を変更するには それでは、操作方法を見ていきましょう。 表示を変更したい寸法を選択します。 寸法を選択するとツリーの表示が寸法配置のプロパティにかわります。 寸法テキストの項目の下図のボタンを押すと・・   寸法値に( )かっこが付いた参考寸法の表示に変わりました。   ****** 半径を参考寸法の( R )にするには 半径寸法は通常はこのように表示されます。   寸法配置のプロパティで、 寸法テキストの「R」は残し、<DIM>を削除します。 (※SOLIDWORKSでは寸法は自動的に <DIM> で表されます。)   ( )カッコ表示のボタンをおします。   簡単にカッコが追加できました。   一度お試しください。  ...

よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】

よく使う購入部品や標準部品をアセンブリドキュメント内に配置する際、 どのように部品データを読み込んでいますか?       SOLIDWORKSの「既存の部品/アセンブリ」コマンドから、 あるいはエクスプローラーからドラッグ&ドロップで読み込む方が 多いのではないでしょうか。   しかしこれらの方法では、 ファイルを読み込もうとする度に その部品の保存先のフォルダを 探しに行かなければなりません。   今回は、こういったときに簡単に部品を読み込める オススメの方法をご紹介します。       それは、 「デザインライブラリ」です。 【デザインライブラリとは?】 使用頻度の高い部品・アセンブリなどのデータを、 登録しておくことができる場所です。 簡単にドキュメントへ追加することができます。     まずは、よく使う部品の保存先のフォルダを登録します。 SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目の「デザインライブラリ」をクリック。 「ファイルの場所を追加」をクリックし部品の保存先フォルダを指定します。 (ここでは、「標準部品」というフォルダを指定しました)   すると、右側の「デザインライブラリ」に指定したフォルダが追加されます。 (「標準部品」という先ほど指定したフォルダが加わっていますね) こちらをクリックすると、フォルダ内に保存されている部品などが デザインライブラリ下部に表示されます。   あとは実際にこれらの部品を配置したいアセンブリドキュメントを開き、 配置したい部品をアセンブリドキュメントへ ドラッグ&ドロップすれば簡単に配置できます。   以降、この部品を配置する際は 「デザインライブラリ」から簡単にアセンブリへ 読み込むことができます。         いかがですか? お仕事によっては何度も使う部品が沢山ある方も いるかと思います。 決まったアイテムは、探しに行かなくてもすぐにドロップできたら 作業効率も大幅に上がりますね。     ******** その他、活用方法もご紹介します。 「デザインライブラリ」から スケッチをブロックにして登録したり、 注記(テキスト)を登録し読み込むこともできます。   また、グループの共有ディレクトリにフォルダ作成し、 そのフォルダをデザインライブラリに登録することで、 データを共有して使用できます。 色々な活用方法がありますので まだ使ったことがない方は是非試してみてくださいね。  ...

【モデリング】スケッチの余分な線を修正する

今回はスケッチを描くときに陥る イライラを解消するコマンドをご紹介いたします。 スケッチを描く際に 余分な線を追加してしまうことがありませんか? 書き残しや 二重に線を引いてしまう等。 スケッチ画面上で簡単に見つけることが出来ればいいのですが、 目視だとなかなか見つけられない場合があります。 このような余分な線が残っていると スケッチが完全定義になりません。 余分な線が残っているのか見つけられない場合、 それを簡単に解消するコマンドがあります! 「スケッチ修復」です。 それでは操作を見ていきます。 コマンドマネージャーのスケッチタブより 「スケッチ修復」をクリックします。 ※コマンドマネージャーにない場合は、メニューバーから 「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ修復」 を選択してください。 書き残し等とび出した線の箇所が 虫眼鏡ツールでズームになって表示されます。 そこから不要な線を選択して削除します。 同じように他にもないか調べていきます。 画面上にこのようなダイアログボックスが現れています。 まだ余分な線がある場合、この矢印で送って調べることが出来ます。 修正が終了したら、 ダイアログボックスのキャンセルボタンを押します。 次に2重に引いてしまった線など重複した線について。 こちらを探すのは難しいことですが、 実は「スケッチ修復」コマンドを実行すると同時に 自動的に削除されています。 余分な線が削除できました。 ぜひ試してみてくださいね。...

回転軸を設定したモデルの回転方法

今回は、回転軸を設定したモデルの回転方法をお伝えします。 実は以前ご紹介したこの記事 『表示方向の新規作成方法』 において、図面に任意の向きでモデルを表示できる方法を ご紹介しました。 しかし、マウスホイールのドラッグによる回転は なかなか思う角度に設定することが難しいものです。 しかも、表示角度によっては直線がギザギザに表示されてしまい、 図面に使用するには美しくありません。 そこで、回転軸を設定したモデルの回転方法です。 1分の動画で操作方法をまとめましたのでご確認ください。 (音はありません) https://youtu.be/XZMw5SRkFdU 回転する際の軸にしたいエッジや面にカーソルを合わせて、 マウスホイールをクリック。 再度マウスホイールを押しながら いつもモデルを回転させるようにドラッグ。 お試しください。...

【図面テクニック】直径(半径)の寸法配置を一ヶ所だけ変える

今回も図面ドキュメントで使えるテクニックをご紹介いたします。 ドキュメントプロパティで寸法を中央配置に設定しておくと 自動的に中央に寸法が配置されて便利です。 中央配置設定の場合、補助線や中心線とかぶってしまった時 直線寸法などは下図のように寸法配置のプロパティで中央揃え を外して移動させることができます。 しかし、直径(半径)寸法の場合は、寸法配置のプロパティでは グレー表示になっていて中央揃えを外すことができません。 そんなときに便利な機能を紹介します。 それでは、操作方法を見ていきましょう。 配置を変えたい直径(半径)寸法を右クリックします。 表示オプション → 寸法中央揃え のチェックを外します。 これで寸法をドラッグすると、自由に動かすことができます。 あまり多用することはありませんが、知っていると便利な機能です。 お試しいただけたら幸いです。...

非アクティブスケッチの色の変更方法

部品やアセンブリなどのモデル作成の際、 スケッチをレイアウト用として参照すると便利です。 一方で、複雑な形状や部品点数が多いモデルになってくると スケッチが見えにくくなり、操作に困ることがあります。 そこで今回は、システムオプションから 非アクティブスケッチの色を変更する方法をご紹介します。 モデル作成時、編集中ではないスケッチの色はグレーです。 この編集中ではないスケッチを「非アクティブスケッチ」といいます。 (編集中のスケッチはアクティブスケッチ) モデルと非アクティブスケッチの色が同じグレー系なので 同化してしまい、見えにくいです。 そこで、 非アクティブスケッチの色を変更して見えにくさを解消してゆきます。 オプションをクリックします。 メニューから 色 をクリックします。 色スキーム設定の項目から「スケッチ、非アクティブ」を選択し、編集ボタンをクリックします。 色の設定ウインドウでグレーと区別しやすい色を選択し、 OKボタンをクリックします。 事例はピンクを選択しています。 OKボタンをクリックして、オプションを閉じます。 非アクティブスケッチが見えやすくなりました。 いかがでしたか? お好みの色で設定をお試しくださいね。 *****お知らせ***** 大好評をいただいております、 【よくわかる!SOLIDWORKS 図面】 “お得な3巻セット”を更にキャンペーン価格で 買えるのは6月末までです。 ↓ ↓ ↓ https://cadrise.jp/dvd/dvd_zumen_lp/...

【図面テクニック】直径寸法の寸法線の表示を変える

今回も図面ドキュメントで使えるテクニックを ご紹介いたします。 寸法の表記の仕方は様々あります。 寸法線を延長した線上に数値を表記する形もあれば(1)、 寸法線を引き出し、水平の寸法線の上に 数字を表記して読めるようにする形もあります(2)。 (1) (2) 今回は、直径寸法の寸法線の表示を変更します。 (1)の形から(2)に変更します。 それでは、操作方法を見ていきましょう。 表示を変更したい寸法を選択します。 寸法を選択するとツリーの表示が寸法配置のプロパティにかわります。 「値」「引出線」「その他」の3つのダブ構成になっています。 その中から「引出線」タブをクリックします。 下直径寸法と同様、半径寸法も同じ操作で変更できます。 下部に「ユーザー定義テキスト位置」の項目があります。 クリックしてチェックマークを入れます。 ↓3タイプの表示方法があります。 中央の「破線引出線、水平テキスト」のボタンを選択します。 寸法線の形が変わりました。 この設定はドキュメントプロパティの設定に依存しています。 オプション→ドキュメントプロパティ→寸法→直径 テキスト位置の設定で決まります。 テキスト位置は下図の3タイプです。 ****** 今回のまとめ。 直径寸法の寸法線の表示を変えるには 変更したい寸法のプロパティ「引出線」タブ、 「ユーザーテキスト位置」で変更 ★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★ 図面の基礎知識から学べる 『よくわかる!SOLIDWORKSシリーズ最新作 図面編』 6/13いよいよ発売です。 部品図、組立図の作成方法から 図枠などの図面テンプレート作成方法まで 徹底解説した全3巻。 詳しくは下記URLをご確認ください。 https://cadrise.jp/dvd/dvd_zumen_lp/ ...

【図面テクニック】寸法の表示をほかのビューに移動する

今回も図面ドキュメントで使えるテクニックを ご紹介いたします。 図面ドキュメントで寸法を 自動で挿入したとき、思うような位置に 入らなくて困ったことはありませんか? 今回は、そんな時に使えるテクニックの一つ、 寸法を他のビューに移動する方法をご紹介します。 ※寸法の自動読み込みコマンド『モデルアイテム』を使用し、 思った位置に寸法が入らない時に使用できます。 それでは、早速操作方法を見ていきましょう。 例題として、下面図の直径10を断面図に移動してみます。 Shiftキーを押しながら寸法を断面図のビューへドラッグします。 断面図のこのあたりでドロップ。 ...

【図面作成テクニック】矢印の分岐方法

こんにちは。アドライズの中澤です。 久しぶりの投稿となってしまいましたが、 今回は弊社講師の林より、 「矢印を分岐する」方法をお伝えいたします。 注記や表面性状記号等では複数個所を矢印で指示することがあります。 今回は、上記のように近接する複数の箇所を、 1つの表面性状記号で指示す場合に利用できる 矢印の分岐方法をご紹介します。   【分岐手順】 こちらの表面性状記号に追加をします。 まず、表面性状記号をクリックして、選択状態にします。(黒→水色になります) Ctrlキーを押しながら、矢印の先の点をドラッグ。 今ある矢印はそのままに、もう1本の矢印が引きずられてきます。   矢印が追加できました。 Ctrlキーを押しながら端点をドラッグ&ドロップすることで、 何本でも続けて追加することができます。   また削除するには、不要な矢印の端点を選択して Deleteキーを押します。 このときに、削除したい矢印の端点ではなく 記号全体を選択してDeleteキーを押すと、 記号自体が削除されてしまうのでご注意ください。   この矢印を分岐する方法は、矢印付きの注記でも同様に行えます。 お試しください。    ...

スイープのための平面作成

こんにちは、アドライズの五味です。 すっかり春らしい暖かさを感じられるようになりましたね。 暖かいと眠くなってしまうものですが、眠気に負けず、 今日も元気にSOLIDWORKSを勉強していきたいと思います! さて、本日勉強するテーマは「スイープのための平面作成」です。 書籍に関してお問い合わせをいただいた問題ですが、 せっかくなので皆様と共有していきたいと思います。 今日は『3次元CAD SolidWorks練習帳』の81Pに掲載されているカム軸をモデルに使用します。 (モデルデータはこちらの応用問題にあります) 解答モデルデータの履歴を確認すると、平面2がオレンジ色で表示された平面1より少し傾いています。 また、この平面1も最初からある平面ではありません。 このカム軸の溝は「スイープカット」フィーチャーを使用しています。 円筒面に沿って溝を掘るため、「ヘリカルカーブ」を軌跡とし、 カーブの端点に対して垂直な平面2に描写したスケッチを輪郭としてスイープカットしています。 平面1、並びにカーブの端点に対して垂直な平面2とはどうやって作成するのでしょうか? 綺麗なモデルを作成するため、新しい平面の作成方法を学んでいきましょう! ステップ1『平面1の作成』 カム軸の溝は下図のように、緑色に表示された面から 10mmほど離れたところから始まります。 よってカム軸の円筒面に沿ったヘリカルカーブも、 緑色の面から10mm離れたところから描写を始める必要があります。 まずはそのための平面を作成してみましょう! フィーチャータブの『参照ジオメトリ』→『平面』を選択。 第一参照にピンクで表示されているモデルの面を選択し、距離を10mmとしてOKをクリック。 するとピンクの面を基準に10mmオフセットした平面が作成されます。 この平面1に、ヘリカルカーブの元となる円のスケッチを描きます。 必要なのはカム軸の円筒面と同じ円のスケッチです。 今回はエンティティ変換を使って円のスケッチをトレースしましょう。 平面を選択→スケッチを開始し、下図のエッジを選択。 スケッチタブから『エンティティ変換』コマンドをクリック。 すると下図のように円筒のエッジが平面1に投影されます。 ここを起点にヘリカルカーブを作成します。 フィーチャータブから、『カーブ』→『ヘリカルとスパイラル』を選択。 下図のようにパラメータを設定してヘリカルカーブを作成しましょう。 ステップ2『ヘリカルカーブに合わせた平面の作成』 フィーチャータブから『参照ジオメトリ』→『平面』を選択。 ヘリカルカーブとヘリカルカーブの端点を参照します。 OKをクリックすると、平面2が作成できます。 こうして新しく作成した平面2に溝を掘るためのスケッチを描いていきましょう。 平面2を選択し、『矩形中心』を使って下図のスケッチを描きます。 この矩形の中心の点とヘリカルカーブを選択し、『貫通』の拘束をつけます。 拘束がついたら、スケッチを終了しておきます。 あとは、フィーチャータブから『スイープカット』を選択し、 青い欄(輪郭)に先ほど描いた矩形のスケッチを、 ピンクの欄(パス)にヘリカルカーブを指定し、OKをクリックします。 仕上げとして溝の両端を丸めましょう。 『フィレット』を選択、『ラウンドフィレット』にチェックを入れ、 下図のように面を選択します。 反対側も同様にしてフィレットを行うことで、 カム軸の溝のモデル作成ができました! いかがでしたでしょうか? 実は平面2を作成せず、平面1に矩形を描写し、 同じような手順を踏んでも溝を掘ることはできます。 一見すると似たような溝が掘れているように思えるのですが、 測定してみると平面2を作成しなかった場合は歪んでしまっているのがわかります。 興味のある方はぜひ一度、平面2を作成せずに溝を掘り、 それがどのように歪んでしまっているのか測定してみてくださいね。 テスト テスト テスト ...