マニュアル

【図面テクニック】狭いところへの寸法記入方法

今回は図面ドキュメントで使えるテクニックのご紹介です。 寸法補助線の間隔が狭くて寸法記入の余地がない、 例えば下図の場合の記入方法です。 1.矢印の代わりに黒丸を用いる場合 2.引出線と参照線を用いて記入する場合 さっそく操作方法です 1.矢印の代わりに黒丸を用いる場合 図の箇所は寸法補助線の間隔が狭いです。 矢印が重なりわかりにくいですね。 “寸法補助線の間隔が狭くて矢印を記入する余地がないときは、 矢印の代わりに黒丸または斜線を用いてもよい“ と製図教科書に記載があるのでこれを行います。 操作がしやすいように寸法数値4の寸法補助線は移動します。 寸法数値5を選択状態にして矢印の丸印を右クリック。 メニューから「小黒丸」を選択します。 左側の寸法数値5も同様に行います。 また、この場合の寸法数値4の寸補助線は矢印をつけないルールです。 寸法数値を選択状態にして矢印の丸印を右クリック。 メニューから「なし」を選択します。 左側の寸法補助線も同様に行い、寸法補助線を移動して戻して完成です。   2.引出線と参照線を用いて記入する場合 図の箇所のような寸法補助線の間隔が狭い場合に有効です。 “引出線には引き出す側に矢印をつけず、寸法数値は参照線の上側に記入する” と製図教科書に記載があるのでこれを行います。 寸法数値10を選択状態にします。 プロパティから、「オフセットテキスト」をクリック。 参照線が現れ、寸法数値が参照線の上側に移動します。 寸法数値が選択状態のまま矢印の丸印を右クリック。 メニューから「なし」を選択します。 左側の寸法補助線も同様に行い、参照線の配置を整えて完成です。 まとめ 狭い箇所の寸法記入方法は、 ・矢印の代わりに小黒丸を用いる ・参照線を利用して寸法値を入れる場所をスペースのある場所に移動させる (この場合は引出線の引き出す側の端には黒丸などの何もつけないようにする) また、あわせ技で使うと便利な機能はこちら → 【図面テクニック】寸法を同一線上に整列させる方法 お試しください。...

ファイルの名前の変更による罠!?

アセンブリを行ったあとに うっかりファイルの名前をつけ間違えていることに気がつき、 “部品ドキュメントのファイル名を変更したい” といったことはありませんか? そのようなときSOLIDWORKSの理解が浅いと、 他のアプリケーションのファイルと同じように Windows Explorer(ウィンドウズ エクスプローラ)から 名前を変更してしまいますよね。 今回は、Windows Explorerでドキュメントの名前を変更した場合の 危険とその後の対処方法についてお話いたします。 部品ドキュメントの名前を変更する ここに「A」と「B」という名前の部品ドキュメントを組み付けた アセンブリドキュメントがあります。 組み付けている部品ドキュメントの名前を変更します。 Windows Explorerから、「B」部品の名前を「C」に変更します。 その後、アセンブリドキュメント「AB組立」を開きます。 すると・・・ 下図のダイアログボックスが現れます。 ここで何も選択しないと・・・ 開かれたアセンブリドキュメントでは、 ツリーの部品「B」には警告マークがつき抑制されています。 これは、ドキュメントの参照関係がわからなくなってしまったからです。 (所謂リンク切れってやつですね・・) 再度ドキュメントの参照関係をつける そこで、名前を変更した部品を再指定し、改めて部品を認識させます。 部品「B」をクリックし、部品「B」の抑制解除をクリック。 すると・・・ ダイアログボックスが現れます。 「ファイルの参照」をクリック。 部品「C」を指定して、「開く」をクリック。 部品「C」に変更されました。 アセンブリドキュメントを再度保存してドキュメントを閉じます。 もう一度、アセンブリを開いて確認をすると、 先ほどのダイアログボックスは現れません。 今度は参照関係が崩れていない(復元できた)ことがわかります。   まとめ いかがでしたか。 ドキュメントの参照関係って怖いですね・・・ うっかりリンク切れを起こさないように ファイルの名前を変更する際には、 ドキュメントの取り扱いには注意してくださいね。 ファイル名を変更するこのほかの方法についても次回ご紹介予定。 お楽しみに! ...

SW2019から使いやすくなった測定ツール!

  測定ツール 今回ご紹介するのは 測定ツール です。 測定ツールは、モデルの「エッジの長さ」や、 「面間の距離」や「面積」などを計測するコマンドです。 SOLIDWORKS2018までは、モデル編集中に測定をしたい場合、 一度コマンドを終了してから測定ツールで計測し、 再度コマンドに入り編集をする必要がありました。 それが、SOLIDWORKS2019からは いつでも測定ツールを使用できるようになりました ☆彡   【基本的な測定ツールの使い方】 CommandManagerの「評価」タブ → 「測定」コマンドをクリックします。 測定のダイアログが表示されます。 選ぶ要素によって様々な情報が測定できます。 例1 面と面を選択 → 面の面積や距離を計測できます。 例2 点と点を選択 → 点から点までの高さや幅を計測できます。 例3 点と円筒面を選択 → 円筒の中心から点までのそれぞれの方向の距離を計測できます。 また、円筒の基準には「中心距離」「最小距離」「最大距離」を選択でき、 「最小距離」に変えると円筒エッジから点までの最小距離の測定に変わります。 【SOLIDWORKS2019からの機能】 お伝えしているように SOLIDWORKS2019からはいつでも測定ツールを使用できるようになりました。 例えば、下図の穴のフィーチャーにフィーチャー編集に入っている場合でも、   「評価」タブ → 「測定」コマンドをクリックして 下図のようにエッジなどを選択すると フィーチャー編集中でも測定ができるのです。 まとめ 設計をするときには、これから作成する形状の大きさを決める際に、 取合いや現状のモデルの大きさを確認しながら決めていきます。 編集中に測定ツールが使用できるようになり、 一旦作業を中断する必要がなくなりとても便利になりましたね。    ...

製氷皿を作ってみよう – 「シェル」(その2)

前回は「1ホールの製氷皿」を作成しました。 → 1ホールの製氷皿の作り方はこちらから   今回は前回の復習も兼ねて「6ホールの製氷皿」を作成します。 ぜひご一緒に操作をしてみてくださいね。 「6ホールの製氷皿」を作る (1) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。   (2) 「押し出し」コマンドで図のように設定し、立体形状にします。     (3) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。   (4) 「押し出しカット」コマンドで図のように設定し、内側をくり抜きます。 ※今回も勾配も指定します。     (5) 「フィレット」コマンドで角に丸みをつけます。 ※ 内側側面のエッジ4本と内側底面を選択します。   1ホールを作成できました。 このフィーチャーを元にして6ホールを作成していきます。     「直線パターン」コマンドと「ミラー」コマンド (6) 「直線パターン」コマンドで図のように設定し、左右にパターン化します。     ※ 直線パターンは2つのパターン方向指定できますよ。   (7) 奥側の3つは「ミラー」コマンドで作成します。   「シェル」コマンド (8) 1ホールを作成したときと同様に「シェル」コマンドでくり抜き・・    ※ このとき「削除する面」に選択するのは外側の4面と底面です。   (9) 「フィレット」コマンドでふちの形状を整えたら・・     製氷皿の完成です!     まとめ 「シェル」コマンドを使った応用編「6ホールの製氷皿」 いかがでしたか。 今後もこのような身近なものの3Dモデル作成を お届けしたいと思います。 ご期待ください。   → このほかSOLIDWORKSの操作に関するマニュアル記事はこちらから...

製氷皿を作ってみよう – 「シェル」(その1)

今回は製氷皿を作成します。 「シェル」コマンドのちょっと驚く使い方のご紹介です。     「1ホールの製氷皿」を作る 「シェル」コマンドを使って、このような「1ホールの製氷皿」を作成してみましょう。 (1) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。 (2) 「押し出し」コマンドで図のように設定し、立体形状にします。   (3) 基本3面の「平面」に図のようなスケッチを描きます。 (4) 「押し出しカット」コマンドで図のような設定で内側をくり抜きます。   ※ 今回は、勾配も指定します。 (5) 「フィレット」コマンドで角に丸みをつけます。   ※ 内側側面のエッジ4本と内側底面を選択します。   「シェル」コマンドを使う (6) みなさんお待ちかねの「シェル」コマンドの登場です。   ※ このとき選択するのは外側の4面と底面です。 すると・・・ 選択した外側4面と底面が削除されて、このような形状ができます。 (みなさん想像できましたか?)   (7) 最後に「フィレット」コマンドでふちの形状を整えましょう。   「1ホールの製氷皿」完成!   まとめ 「シェル」コマンドは、下図のように モデルを空洞化、薄板化する際に使うことが多いと思いますが、 こんな使い方もおもしろいですよね。 → シェルの関連記事 次回は、今回作成した「1ホールの製氷皿」の応用編として「6ホールの製氷皿」を作成します。 お楽しみに。   → このほかSOLIDWORKSの操作に関するマニュアル記事はこちらから ...

エンドキャップ追加

板金製品のモデル作成に使えるかも!?「エンドキャップ追加」

板金製品の3Dモデルを作成する場合 L曲げやZ曲げのような単純な曲げの製品には 断面アプローチが有効です。 (弊社書籍「3次元CAD SolidWorks板金練習帳」より) そんな時に知っていると ちょっと便利な設定をご紹介いたします。 「エンティティオフセット - エンドキャップ追加 - 」 今回描く断面のスケッチはコレです。 「エンティティオフセット」コマンドは スケッチエンティティ(線分、円、円弧など)モデルのエッジやモデルの面 を、指定した距離でオフセットするコマンドですね。  「エンティティオフセット」についてはこちらから  → https://cadrise.jp/manual/so_manual/entityof2/   Let’s give it a try! まず、L金具の断面形状を描きます。 フューチャータブから「エンティティオフセット」コマンドをクリック。 下図のように設定をし、コマンドを終了します。 このようなスケッチが描けます。 でもこの設定だと・・・スケッチが閉じられていません。 赤丸部分を直線で結ぶ必要があります。 そこで設定するのが 「エンドキャップの追加」です。 今度は「エンドキャップの追加」にチェックを入れ、 「直線」のラジオボタンをオンにします。 コマンドを終了すると、このような閉じたスケッチが描けます。 線分を書き足して閉じたスケッチにする手間が省けますね。 また、「円弧」のラジオボタンにチェックを入れると・・ 円弧で閉じたスケッチになります。   まとめ 「エンティティオフセット」コマンドを使用して開いたスケッチをオフセットする場合、 「エンドキャップの追加」で、直線や円弧で閉じたスケッチを作成できます。 ぜひお試しください。   ※注記 「エンティティオフセット」コマンドの「エンドキャップの追加」は SOLIDWORKS2016 からの機能となります。   ...

連続するエッジを簡単に選択する

複雑な形状の輪郭を参照する際に “ここからここまでのエッジを選択したいのにうまく選択できない” ということがあります。 連続する接続エッジを選択する場合、 細かいエッジがたくさん含まれていると選択しにくいですよね。 今回は、 指定エッジから指定エッジまでの 「連続したエッジを簡単に選択する方法」 をご紹介いたします。   「部分ループ選択」 「部分ループ選択」とは、指定エッジから指定エッジまでの連続したエッジを 簡単に選択することができる機能です。 例えば下図のように、連続したエッジを選択したいときに使うと便利です。 今回は時計回りにエッジを選択してみます。 手順 (1) 選択の開始となるエッジをクリックします。 (2) 「Ctrl」キーを押しながら選択の終了となるエッジを「右クリック」します。 (3) メニューから「部分ループ選択」をクリックします。 (4) 部分的に連続したエッジを選択することができました。 注意点 手順(2)では、中点より始点に近い側を右クリックすること。 上図のように中点より終点に近い側(赤い矢印のあたり)を右クリックした場合は、始点から反時計回りに連続したエッジが選択されます。 ※ ソリッドボディのエッジを選択する場合は、選択エッジが同じ面上にある必要があります。   まとめ いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した「部分ループ選択」は、細かいエッジが含まれていればいるほど効果を発揮します。 操作方法はとても簡単ですが、かなりの時間が短縮できますね。   補足「ループ選択」 接続エッジの外周を一度に選択する方法には 「ループ選択」があります。 こちらもあわせてご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/loop/ ...

押し出しフィーチャー「輪郭選択」

押し出しフィーチャーを作成した際に、 スケッチのアイコンが 下図のようになっていたことはありませんか。 これはスケッチを「輪郭選択」していることを現しています。 「輪郭選択」って何? ということで、今回は 押し出しフィーチャー「輪郭選択」についてご説明します! 問題提起です。 このような形状を作成する際はどのような手順で行いますか? 弊社の書籍やDVDをご愛顧いただいている皆さんは、 (1) 矩形のスケッチを描いて押し出し。 (2) 円のスケッチを描いて押し出しカット。 このような手順行っている方がほとんどだと思います。 履歴はこのようになります。 上記の手順で行った場合、スケッチのアイコンも 輪郭選択ではなくスケッチのアイコンです。 では、「輪郭選択」のアイコンが現れるのは? 輪郭選択の設定ができるのは次の場合です。 押し出しフィーチャーを作成時に 同一のスケッチ内に複数の閉じたスケッチ輪郭がある場合 例えばこのようなスケッチで押し出しを行う場合 プロパティ画面に「輪郭選択」の設定が現れ、 選択する輪郭によって出来上がる立体形状が変わります。 【パターン1】 【パターン2】 【パターン3】 注意点としては、 選択した輪郭が意図せず選択解除された場合には エラーが起こるということです。 まとめ 近年のバージョンでは輪郭に閉じたスケッチだけでなく モデルエッジとスケッチ輪郭を選択できるなど 使い方によっては便利な機能ですね。 2Dデータを取り込み、簡単に3Dモデルにして 形状を確認する際に「輪郭選択」は有効です。 ただし、 3Dデータを共有して編集することが多い設計のモデルの場合には 使用したスケッチ輪郭が明確にわかるように ・同一スケッチ内に閉じた輪郭を2つ描かない ・「輪郭選択」は極力使用しない ことが望ましいです。 「輪郭選択」はモデルの使用目的によって使い分けがおすすめです。 ...

「ねじ」の長さを追加する方法 – Toolbox

製品を設計する際には、 自分でモデリングを行う部品だけでなく 標準部品も使用しますよね。 そこでアセンブリ作成の効率を上げるために 使用する標準部品の追加機能が「Toolbox」です。 SOLIDWORKSのアドイン機能として 搭載されている「Toolbox」には、 さまざまな工業規格に対応した標準部品が用意されています。 それらの部品は、アセンブリドキュメントの画面上に ドラッグ&ドロップするだけで簡単に追加できます。 ※Toolboxが搭載されていないパッケージもあります。 Toolboxの使用方法はこちらから https://cadrise.jp/manual/so_manual/toolbox_bolts/ そんな素敵な機能ですが、 皆さんはToolboxを使用して ボルトを挿入しようとした際に、 “挿入したいボルトの長さがなかった” という経験はありませんか。 今回はToolboxに用意された既存のデータを編集し カスタマイズをする方法をご紹介いたします。 「Toolboxコンフィギュレーション設定」   まず、「デザインライブラリ」をクリックします。 (SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目が「デザインライブラリ」です。) 次に、「Toolboxコンフィギュレーション設計」をクリックします。   Toolboxの設定ダイアログボックスが開きます。   「ハードウェアのカスタマイズ」をクリック。   Toolboxの規格に「JIS」をクリックして選択します。   カテゴリから「ボルトとネジ」をクリック。   タイプに「六角ボルト」をクリック。   「全ねじ六角ボルト(部品等級A)」を選択します。   今回はボルトの首下の長さ変更したいので、 標準プロパティから「Length」をクリック。   「新規サイズを追加」をクリック。   「新規サイズ追加」ダイアログボックスが開きます 追加したいサイズと長さを入力し「OK」をクリック。   スクロールバーを移動すると1番下に 新しいサイズが追加されています。   いかがでしたでしょうか。 カスタマイズを行うと更に使い勝手が良くなりますね。 ぜひ、お試しください。...

部品の動きを確認しよう ~制限合致②~

  前回に引き続き、【制限合致】のご紹介です。 第1弾はこちらから ↓ ↓ ↓ 部品の動きを確認しよう ~制限合致①~ https://cadrise.jp/qanda/limit-mates/   第2弾の今回は、 [サブアセンブリのフレキシブル化]です。 下図の前回のアセンブリを 最終組立となるアセンブリに挿入して 動きを確認します。 コンフィギュレーションとは違い 可動範囲もリアルにわかるのでとても便利です。       [サブアセンブリのフレキシブル化]   まず、2種類のアセンブリを用意します。 ①トップアセンブリ (装置全体の最終組立品のこと) ②サブアセンブリ (トップアセンブリを構成する組立品のこと) ※今回の②は前回で【制限合致】をつけたアセンブリを指します。   実際にサブアセンブリを挿入したトップアセンブリ   ところが・・・   サブアセンブリ作成時は 制限距離の範囲で動いたテーブルが、 トップアセンブリに挿入すると動きません。 これはサブアセンブリが“リジット”という 固定された状態だからです。   そこで、サブアセンブリを“フレキシブル”という 固定されていない状態にする必要があります。 ※SOLIDWORKSのデフォルト設定では、 トップアセンブリの中でサブアセンブリは 一つのユニットとして動作するため 固定される仕様です。   ツリーからサブアセンブリを右クリック。 コンテキストツールバーから 「サブアセンブリをリジットに指定」をクリックします。   すると・・・ サブアセンブリがフレキシブルになります。   ツリーをよく見るとフレキシブルに設定したアセンブリは、 アイコンが変わっています。 どのサブアセンブリがフレキシブルで 可動するのかすぐにわかりますね。     フレキシブルにしたことで、 サブアセンブリのテーブルは 制限合致で定義した可動域の範囲で移動します。     より具体的に動きを再現することができますね。 ぜひお試しください。    ...