マニュアル

図面からモデルを作成するには?

弊社執筆の「入門」書籍ではモデルを作成し、 それを図面にする方法については解説していますが、 図面からモデルを作成する方法までは掲載しておりません。 SOLIDWORKSの操作方法の本なので・・・という言い訳もあるのですが、 それだと実務的ではないですよね。   皆さんが現場で設計業務に携わる場合、 どんなに新人であっても図面を読み解くことは必須です。       設計には ・図面からモデリングしていくボトムアップ設計 ・3Dで設計してから図面に落とし込んでいくトップダウン設計 の2手法があります。   今月はまず、基本となるボトムアップ設計に注目していきます。 ボトムアップ設計で私たちに最初に必要な知識は、 「図面のどこから作り始めたらいいか」ということです。 私も初心者なので、そのつまずきの感覚はまだまだリアルです。 コーヒーミルが出来た!と思って喜んで次の「練習帳」 (弊社発売の「3次元CAD SOLIDWORKS練習帳」です。 図面と完成モデル画像だけあるので、図面から作る練習ができます。) に取り掛かろうとしたら、部品作成画面を開いただけで手が止まりました。 「どこから描けばいいの?」 「どの面に描くの?」 「原点てどうすればいいの?」 ?????の連続で、何もできなくなるのです。       ◆図面のどこから作り始めたらいいか◆ これを解決していくには、図面の【基準】を読み解きます。 基準はどこか?簡単に言ってしまえば、 寸法がどこから始まっているのか見て、 寸法が多く集まっているところが【基準】です。 (≒寸法表記の矢印→が多く集まっているところ) 図面から【原点】がどこか?をまずは把握します。       上の図面を見てください。 大体の図面には ・正面図(左下) ・平面図(左上) ・側面図(右下) の3方向からの投影図があります。   正面、平面、側面のそれぞれの【基準面】が ありますので、投影図からそれらを見つけます。 その基準が交わるところが【原点】です。 正面図など一つだけの図面は2次元なので 最大で2つの基準面しか特定できません。 他の図面から奥行き方面の基準面を把握し、 初めて原点の1点が特定できます。 (↑図面から最初に描くフィーチャーの図です。)   ※上の図面では正面の図の下側が平面、 左側が側面の基準面となります。 ここまでで正面の図左下に基準があることが分かります。 さらに、平面図から中央に正面の基準面があると わかるので、原点は正面左下の奥行き方向中央に 【原点】があると特定できます。     【基準面】と【原点】が分かったらスケッチに入ります。 寸法が沢山入っている面を優先し、 最大寸法のスケッチを描き始めます。   如何でしたか? 最後までお読みくださりありがとうございました。 来週ももう少し図面について書いていきますね。 お楽しみに!  ...

角にRを付ける【フィレット】の活用方法

※フィレットと面取りの違いは下記よりご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/fillet/   フィレットの活用方法について解説します。 しっかり使いこなせば、ロフトを使わなきゃできないような形状が フィレットのあるコマンドで簡単にできてしまうなど、 操作も簡単になります。 その反面、フィレットをつける順番で形状が変わったり、 希望通りどころかエラーになってフィレットがつけられない、 なんてことも起こりえます。 今回は要点とコツをまとめました。   ◆フィレットタイプは4種類 (上画像のように固定サイズフィレットが初期設定になっています) 画像左から ・固定サイズフィレット 選択したエッジに対し、指定したサイズでのRをつける。 エッジを選択する他、面を選択しても面に接するエッジに適用される。 ・可変サイズフィレット 選択したエッジに対し、各部分にそれぞれのRをつける。 ・面フィレット 基準面と選択した面にあるエッジに対してRをつける。 ・フルラウンドフィレット 3面に対しRをつける。 3面であればロフト形状などの変形型にも適用され、簡単にRがつく。   ◆フィレットを一度に広範囲につけるには フィレットは直線エッジと、 (↓設定により)正接でつながれたエッジ上に適用されます。 フィレットを連続的に広範囲に適用させたい場合、 最初に角が無いよう、周りからフィレットをつけて 正接でつながるエッジにしておきます。 しかし、周りのフィレットのRがあまりに小さいと エラーになる可能性もありますので、 そういった場合は大きいRのフィレットからつけてください。   ◆フィレットをつける順番に注意 フィレットをつける順番によって形が変わる場合があります。 このような形状の2辺にフィレットをつけるとします。(青部分)   ①斜めを1番、底側を2番でフィレットをつけた場合 ②底側を1番、斜めを2番でフィレットをつけた場合 ※②では通常だと底板までフィレットが延長されます。 「正接の継続」チェックを外し、 フィレットオプションにて「エッジを保持」にチェックの 設定で行っています。 最後に、上手にフィレットをつけるコツをご紹介します。 ◆上手にフィレットをつけるコツ 1、大きいサイズのRからつける 2、一度につかない場合には小分けにしてつける 3、入れる順番に気をつける 4、できるだけ最後の仕上げにまとめてつける  ...

「フィレット」と「面取り」について

今回は【フィレットと面取り】について説明します。   「フィレット」は角がR(なめらか)になります。 「面取り」はその名の通り、角がとれます。 面取り・フィレットは即座に適用されます。       「フィレット」 下の図のように矩形を描き、フィーチャーで押し出しをします。             フィーチャーの「フィレット」をクリック。                 フィレットするアイテムに向かって左側のエッジを選択します。 (Rはここでは10.00mm) 下の画像のようになります。                 なめらかな角です。               「面取り」 今度はフィーチャーの「フィレット」の▼をクリックして「面取り」を選択します。                   「面取りパラメータ」に向かって右側のエッジを選択します。 (ここでは距離は10.00mm、角度は45度にします)                   完成です。                  ...

いろいろな拘束

SOLIDWORKSに使われる拘束を一覧にしました。 拘束の名称 拘束付加前 拘束のコマンド 拘束付加後 備考   一致         点が線上に一致します   鉛直         鉛直になります   貫通         点と、異なる面にある要素が一致します (貫通の方法)   交点          点に対して線が交わるようになります (線の延長上になり線が交わらないことも有)   垂直             線と線が垂直になります   水平         水平になります   正接         円弧と線が正接します   対称          円や直線など中心線をはさんで対象になります   中点         線と点を選択で、線の中点に点が一致します   同一円弧           2つの円弧が同じ円弧上に並びます   同一線上         2つの線が同じ直線上に並びます   同心円         同心を持つ円になります   等しい値         同じ大きさになります   マージ         端点と端点をつなぎます  ...

練習帳【f 39】40-10x90°カットの方法(39P)

                  【基本形状応用 f】完成モデル 弊社発行の『Solidworks 練習帳』39Pの 【基本形状応用 f】作成方法について お客様よりお問合せいただきましたので、 こちらでも回答させて頂きます。 ご参考ください。   ※バージョン2014にて回答しております。 ご使用のバージョンにより多少の 操作方法が異なります。 今回の回答でご不明な点がございましたら お問合せください。 ***************** <40-10x90°カットの方法> 今回ご案内するのは、上の完成モデルの 中央上部、三角にカットされている部分です。   ================= 詳しい操作方法の前に、 大まかな流れをご案内します。   (1)40幅の三角形をスケッチ (2)10幅の三角形をスケッチ (「エンティティのミラー」使用) (3)「ロフトカット」にて 2つの三角形をつなげてカット =================   <操作手順>                 直前までの形状はこのような形になります。 ここからスタートします。       (1)40幅の三角形をスケッチ ⇒水色部分を作ります                   正面の長方形部分を選択します。 「スケッチ」タブ→「直線」内→「中心線」 を使用し、上辺中心から垂直に 「中心線」を引きます。   「直線」にて中心線の下部から 三角形の斜め線を左右どちらかに 1本引きます。   「エンティティのミラー」を選択 下記のようなメニューが出現します。                   ミラーコピーする方に斜めに書いた「直線」 ミラー基準に「中心線」を選択すると、 図のような黄色い線が出現します     「OK」すると 左右対称の三角形ができました!       スマート寸法にて三角の幅と (斜め線上端の点同士の距離) 角度を内角90度 (斜めの2線を選択) に設定します。   最後に三角形最後の直線を 追加し、閉じます。     (2)10幅の三角形をスケッチ 1の40幅の三角形と同じ手順で 背面に10幅の三角形を作成します。     (3)「ロフトカット」にて   2つの三角形をつなげてカット     1、2の手順で作成した 2つの三角形を輪郭メニュー内に 順番に指定します。     「OK」すると カットが完成します。 *****************       作成はできましたか? うまくできなかったり、 他の部分の解説が欲しいなど ありましたらお気軽にご連絡ください。  ...

SOLIDWORKS練習帳 基本形状B 3Dプリンタ出力

SOLIDWORKS練習帳から基本形状Bを3Dプリンタで出力しました。 基本形状Bは、ブロック形状を最初に「押し出しボス/ベース」で作成し、 「押し出しカット」で削って作成していきます。 https://www.youtube.com/watch?v=GU4eZxetCLA   SOLIDWORKS操作マニュアルの基本形状B モデリング方法 のページにて、 モデルの作成方法を動画で説明しています。...

エンティティ変換② ~エンティティ変換の手順~

今回は【エンティティ変換】の手順について説明します。   【エンティティ変換】は、まず、スケッチを投影したい面(この説明ではモデルの底面)を選択し、 「スケッチ」タブの「スケッチ」コマンドを選択します。                         次に、ツリーの履歴から、スケッチ面に投影したいスケッチを選択します。 履歴のスケッチをクリックすると、モデル上では選択されたスケッチが水色で表示されます。                         「スケッチ」タブから、「エンティティ変換」コマンドを選択します。         選択したスケッチを、現在のスケッチ面に投影することができました。                           「フィーチャー」タブの「押し出しカット」コマンドで、下図のように設定すると、                         モデルの底面から、上面と同じ位置の同じ大きさの穴を開けることができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                         「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。                                ...

エンティティ変換① ~エンティティ変換の機能~

今回は【エンティティ変換】の機能について説明します。   【エンティティ】とは、点やエッジ、面などの要素のことを指します。 【エンティティ変換】では、エッジ、面、スケッチ、エッジの集合などを、 スケッチ平面へ投影することができます。     例えば。 モデル上面に空いているφ10mm穴深さ10mmの4つの穴を、底面からも空けたい場合、                           モデル上面に描いたスケッチを、底面に投影することができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                           「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。  ...