書籍

【訂正】書籍『実践SolidWorks』の誤画像について【104P】

書籍『実践SolidWorks』の104Pについて 誤画像がありましたので訂正をさせていただきます。   手順②において「ミラー」コマンドの 設定する内容に誤りがあります。   上記の画像で上から4つ目の矢印の項目 フィーチャーのスコープで選択するボディが 「タイロッド」となっております。 正しくはスイープ1となります。 (タイロッドはその先の手順⑤で変更する名前ですので  手順②の時点ではスイープ1です) 誤:タイロッド 正:スイープ1 フィーチャーのスコープに、 履歴から「スイープ1」のボディを 選択していただけますようお願いします。     ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。...

【訂正】書籍『実践SolidWorks』の誤画像について

「実践SolidWorks」P74~77につきまして誤りがございましたので 訂正のご案内をさせていただきます。     P74までの操作で行った上記のようなカット後の画像におきまして、 カット後の形状に誤りのある画像が使われておりました。     <誤>  <正>     購入されているお客様には大変な混乱を 招きましたこと、誠に申し訳ございません。   下記に差し替えページを作成させていただきましたので お手数ではございますが、印刷の上差し替えをお願いいたします。     74~77Pの差し替えページ こちらからダウンロードください。  ...

画像をなぞってスケッチを描く方法

本日のご質問、 デザイン画を取り込んで、なぞるように スケッチができる方法をご紹介します。 ============== よく動画で写真を取り込んでマウスの モデリングをしているのを見ていますが 解説が英語なのでイマイチ分かりづらい のですができましたら解説のほど 宜しくお願い致します。 又写真はどういう風に変換し 取り込んでいるか、お願い致します! ============== ご質問ありがとうございます。 (弊社発行のメルマガ読者様限定で 募集した質問に回答しています) 写真、基本的にピクチャファイル(jpg,png,gif,bmpなど) であれば使えます。 今回はシンプルで曲線のある形状としてハートを 例題にしました。(男性の方も是非トライしてくださいね) 上の画像を右クリックで画像を保存してください。 では、SOLIDWORKSで新規部品ドキュメントをひらいてください。 まずは画像の大きさを調整するため作図線で矩形を描いておきます。 (画像全体でも大きさを調整することはできますが、 余白込みになってしまうのでこのように欲しいもののサイズで指定します。) 面を選択してスケッチに入ります。 ツール→スケッチツール→スケッチ図 保存しておいたハートを開きます。 先ほどの矩形の中に納まるよう画像を調整します。 更に、背景の白も消していきましょう。 左のメニュー、下側の透明度の項目を ユーザー定義 にして、 スポイトで背景の白を指定、 透明度を1.00にします。 OKすると だいたいですが、取れました。 ココまでで一旦、このスケッチは終了させてください。 レイアウトスケッチのように、このスケッチは 直接立体化などしないスケッチになります。 (ツリーの名前を変更しておくと分かりやすいですよ!) あとは、またスケッチを新たに開始して スプラインなどで曲線をなぞるように描いていきます。 作成の途中でいらなくなったら非表示にすることも出来ます。 色々展開は出来ると思いますが、 私はドームコマンドを使ってプックリ膨らませてみました。 フリーハンドだけでこういった形状を作るのは難しいですが、 なぞるだけならすぐ出来てしまいますね! 「寸法を入れなくていいの?」 と思う方もいると思いますが、入れなくても大丈夫です。 ただ、一番最初の作図線のように 最大寸法は決めておいた方がいいです。 ****** 弊社で編集しているこの書籍でも詳しく解説してます! ↓こんな複雑な形状のクジラもスケッチ図があれば作れます! 作成過程を少しだけお見せすると、 側面と平面の図を2枚組み合わせて元を作り、 これを立体的に作り込んでいくのです。 こちらはサーフェスなど使って、難易度高いですので 興味ある方は書籍でご確認くださいね。...

スケッチフィレットを使いこなす【仮想交点】

今回はフィレットの第2弾。 「スケッチフィレット」について。 (弊社『SolidWorks練習帳』ミニカーなどでも 使用されるテクニックのご紹介) このような2つの直線のコーナーを 「スケッチフィレット」で スケッチの段階でフィレットをつけることができます。 ↓↓↓     でも、先にフィレットを入れてしまうと 寸法を入れる際に選択されるのは このように、フィレットの手前までの寸法になります。   ※先に寸法を入れてから「スケッチフィレット」すれば 上図のように入ります。 しかし、場合によってはこのような寸法を 後から追加したいケースもありますよね。     そんなときにどうしたらいいのかというと、 『仮想交点』を作ります。 2つの直線の仮想延長上の交点に点をうち、 寸法を拾える状態にします。   【方法】 1) 2つの直線をCtrlキーを押しながら選択します。 2)点コマンド 3) できました!   交点を選択できるようになります。  ...

角にRを付ける【フィレット】の活用方法

※フィレットと面取りの違いは下記よりご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/fillet/   フィレットの活用方法について解説します。 しっかり使いこなせば、ロフトを使わなきゃできないような形状が フィレットのあるコマンドで簡単にできてしまうなど、 操作も簡単になります。 その反面、フィレットをつける順番で形状が変わったり、 希望通りどころかエラーになってフィレットがつけられない、 なんてことも起こりえます。 今回は要点とコツをまとめました。   ◆フィレットタイプは4種類 (上画像のように固定サイズフィレットが初期設定になっています) 画像左から ・固定サイズフィレット 選択したエッジに対し、指定したサイズでのRをつける。 エッジを選択する他、面を選択しても面に接するエッジに適用される。 ・可変サイズフィレット 選択したエッジに対し、各部分にそれぞれのRをつける。 ・面フィレット 基準面と選択した面にあるエッジに対してRをつける。 ・フルラウンドフィレット 3面に対しRをつける。 3面であればロフト形状などの変形型にも適用され、簡単にRがつく。   ◆フィレットを一度に広範囲につけるには フィレットは直線エッジと、 (↓設定により)正接でつながれたエッジ上に適用されます。 フィレットを連続的に広範囲に適用させたい場合、 最初に角が無いよう、周りからフィレットをつけて 正接でつながるエッジにしておきます。 しかし、周りのフィレットのRがあまりに小さいと エラーになる可能性もありますので、 そういった場合は大きいRのフィレットからつけてください。   ◆フィレットをつける順番に注意 フィレットをつける順番によって形が変わる場合があります。 このような形状の2辺にフィレットをつけるとします。(青部分)   ①斜めを1番、底側を2番でフィレットをつけた場合 ②底側を1番、斜めを2番でフィレットをつけた場合 ※②では通常だと底板までフィレットが延長されます。 「正接の継続」チェックを外し、 フィレットオプションにて「エッジを保持」にチェックの 設定で行っています。 最後に、上手にフィレットをつけるコツをご紹介します。 ◆上手にフィレットをつけるコツ 1、大きいサイズのRからつける 2、一度につかない場合には小分けにしてつける 3、入れる順番に気をつける 4、できるだけ最後の仕上げにまとめてつける  ...

「フィレット」と「面取り」について

今回は【フィレットと面取り】について説明します。   「フィレット」は角がR(なめらか)になります。 「面取り」はその名の通り、角がとれます。 面取り・フィレットは即座に適用されます。       「フィレット」 下の図のように矩形を描き、フィーチャーで押し出しをします。             フィーチャーの「フィレット」をクリック。                 フィレットするアイテムに向かって左側のエッジを選択します。 (Rはここでは10.00mm) 下の画像のようになります。                 なめらかな角です。               「面取り」 今度はフィーチャーの「フィレット」の▼をクリックして「面取り」を選択します。                   「面取りパラメータ」に向かって右側のエッジを選択します。 (ここでは距離は10.00mm、角度は45度にします)                   完成です。                  ...

【訂正】「実践SolidWorks」の誤表記について

「SolidWorks実践」P92につきまして誤りがございましたので 訂正のご案内をさせていただきます。   P92下半分の操作において プロパティ画面では「軸受面」となっておりますが、 こちらが誤りとなります。 図に示すモデルの緑色の面を選択すると プロパティの選択アイテムには面<1>が正しい表示となります。   誤:軸受面 正:面<1> ※下図参考画像となります。   (クリックすると拡大されます)   大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。 今後ともよろしくお願いします。     株式会社アドライズ CADRISE事業部        ...

練習帳【f 39】40-10x90°カットの方法(39P)

                  【基本形状応用 f】完成モデル 弊社発行の『Solidworks 練習帳』39Pの 【基本形状応用 f】作成方法について お客様よりお問合せいただきましたので、 こちらでも回答させて頂きます。 ご参考ください。   ※バージョン2014にて回答しております。 ご使用のバージョンにより多少の 操作方法が異なります。 今回の回答でご不明な点がございましたら お問合せください。 ***************** <40-10x90°カットの方法> 今回ご案内するのは、上の完成モデルの 中央上部、三角にカットされている部分です。   ================= 詳しい操作方法の前に、 大まかな流れをご案内します。   (1)40幅の三角形をスケッチ (2)10幅の三角形をスケッチ (「エンティティのミラー」使用) (3)「ロフトカット」にて 2つの三角形をつなげてカット =================   <操作手順>                 直前までの形状はこのような形になります。 ここからスタートします。       (1)40幅の三角形をスケッチ ⇒水色部分を作ります                   正面の長方形部分を選択します。 「スケッチ」タブ→「直線」内→「中心線」 を使用し、上辺中心から垂直に 「中心線」を引きます。   「直線」にて中心線の下部から 三角形の斜め線を左右どちらかに 1本引きます。   「エンティティのミラー」を選択 下記のようなメニューが出現します。                   ミラーコピーする方に斜めに書いた「直線」 ミラー基準に「中心線」を選択すると、 図のような黄色い線が出現します     「OK」すると 左右対称の三角形ができました!       スマート寸法にて三角の幅と (斜め線上端の点同士の距離) 角度を内角90度 (斜めの2線を選択) に設定します。   最後に三角形最後の直線を 追加し、閉じます。     (2)10幅の三角形をスケッチ 1の40幅の三角形と同じ手順で 背面に10幅の三角形を作成します。     (3)「ロフトカット」にて   2つの三角形をつなげてカット     1、2の手順で作成した 2つの三角形を輪郭メニュー内に 順番に指定します。     「OK」すると カットが完成します。 *****************       作成はできましたか? うまくできなかったり、 他の部分の解説が欲しいなど ありましたらお気軽にご連絡ください。  ...

SOLIDWORKS練習帳 基本形状A 3Dプリンタ出力

  SOLIDWORKS練習帳の中から基本形状Aを3Dプリンタで出力してみました。   基本形状Aは、「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」を組み合わせ、 5つのフィーチャーにより作成された部品です。   https://www.youtube.com/watch?v=rzFvhxPCKCo   この動画は早送りで、9倍速くらいになっています。   実際には、W 50 × D 25 × H 25 (mm) の大きさで、30分ほどの出力時間でした。   もちろん、プリンタに送ったデータは、SOLIDWORKSで作成しています。   より詳しく3次元CAD SolidWorks(ソリッドワークス)を勉強したい方は、 よくわかるSOLIDWORKS教材本をご覧下さい。   入門書から練習帳までCADRISEのおすすめの本。 3次元設計の習得のための無料ダウンロードデータ付きです。 ...