練習帳

スイープのための平面作成

本日のテーマは「スイープのための平面作成」です。   書籍に関してお問い合わせをいただいた問題ですが、 せっかくなので皆様と共有していきたいと思います。 今日は書籍『3次元CAD SolidWorks練習帳』の81ページに掲載のカム軸をモデルに使用します。 (モデルデータはこちらの応用問題にあります) 解答モデルデータの履歴を確認すると、平面2がオレンジ色で表示された平面1より少し傾いています。 また、この平面1も最初からある平面ではありません。 このカム軸の溝は「スイープカット」フィーチャーを使用しています。 円筒面に沿って溝を掘るため、「ヘリカルカーブ」を軌跡とし、 カーブの端点に対して垂直な平面2に描写したスケッチを輪郭としてスイープカットしています。 平面1、並びにカーブの端点に対して垂直な平面2とはどうやって作成するのでしょうか? 綺麗なモデルを作成するため、新しい平面の作成方法を学んでいきましょう! ステップ1『平面1の作成』 カム軸の溝は下図のように、緑色に表示された面から 10mmほど離れたところから始まります。 よってカム軸の円筒面に沿ったヘリカルカーブも、 緑色の面から10mm離れたところから描写を始める必要があります。 まずはそのための平面を作成してみましょう! フィーチャータブの『参照ジオメトリ』→『平面』を選択。 第一参照にピンクで表示されているモデルの面を選択し、距離を10mmとしてOKをクリック。 するとピンクの面を基準に10mmオフセットした平面が作成されます。 この平面1に、ヘリカルカーブの元となる円のスケッチを描きます。 必要なのはカム軸の円筒面と同じ円のスケッチです。 今回はエンティティ変換を使って円のスケッチをトレースしましょう。 平面を選択→スケッチを開始し、下図のエッジを選択。 スケッチタブから『エンティティ変換』コマンドをクリック。 すると下図のように円筒のエッジが平面1に投影されます。 ここを起点にヘリカルカーブを作成します。 フィーチャータブから、『カーブ』→『ヘリカルとスパイラル』を選択。 下図のようにパラメータを設定してヘリカルカーブを作成しましょう。 ステップ2『ヘリカルカーブに合わせた平面の作成』 フィーチャータブから『参照ジオメトリ』→『平面』を選択。 ヘリカルカーブとヘリカルカーブの端点を参照します。 OKをクリックすると、平面2が作成できます。 こうして新しく作成した平面2に溝を掘るためのスケッチを描いていきましょう。 平面2を選択し、『矩形中心』を使って下図のスケッチを描きます。 この矩形の中心の点とヘリカルカーブを選択し、『貫通』の拘束をつけます。 拘束がついたら、スケッチを終了しておきます。 あとは、フィーチャータブから『スイープカット』を選択し、 青い欄(輪郭)に先ほど描いた矩形のスケッチを、 ピンクの欄(パス)にヘリカルカーブを指定し、OKをクリックします。 仕上げとして溝の両端を丸めましょう。 『フィレット』を選択、『ラウンドフィレット』にチェックを入れ、 下図のように面を選択します。 反対側も同様にしてフィレットを行うことで、 カム軸の溝のモデル作成ができました! いかがでしたでしょうか? 実は平面2を作成せず、平面1に矩形を描写し、 同じような手順を踏んでも溝を掘ることはできます。 一見すると似たような溝が掘れているように思えるのですが、 測定してみると平面2を作成しなかった場合は歪んでしまっているのがわかります。 興味のある方はぜひ一度、平面2を作成せずに溝を掘り、 それがどのように歪んでしまっているのか測定してみてくださいね。 ...

練習帳【f 39】40-10x90°カットの方法(39P)

            【基本形状応用 f】完成モデル   弊社発行の『Solidworks 練習帳』39Pの 【基本形状応用 f】作成方法について お客様よりお問合せいただきましたので、 操作マニュアルでも掲載いたします。 ご参考になれば幸いです。 ※SOLIDWORKS2014にて回答しております。 ご使用のバージョンにより 多少ですが操作方法が異なります。 ご了承ください。   ***************** <40-10x90°カットの方法> 今回ご案内するのは、上の完成モデルの 中央上部、三角にカットされている部分です。 ================= 詳しい操作方法の前に、 大まかな流れをご案内します。 (1)40幅の三角形をスケッチ (2)10幅の三角形をスケッチ (「エンティティのミラー」使用) (3)「ロフトカット」で 2つの三角形をつなげてカット =================   <操作手順>           直前までの形状はこのような形になります。 ここからスタートします。     (1)40幅の三角形をスケッチ ⇒水色部分を作ります           正面の長方形部分を選択します。 「スケッチ」タブ→「直線」内→「中心線」 を使用し、上辺中心から垂直に 「中心線」を引きます。   「直線」にて中心線の下部から 三角形の斜め線を左右どちらかに 1本引きます。   「エンティティのミラー」を選択 下記のようなメニューが出現します。             ミラーコピーする方に斜めに書いた「直線」 ミラー基準に「中心線」を選択すると、 図のような黄色い線が出現します       「OK」すると 左右対称の三角形ができました!     スマート寸法にて三角の幅と (斜め線上端の点同士の距離) 角度を内角90度に設定します。 (斜めの2線を選択)   最後に三角形最後の直線を追加し、 閉じます。     (2)10幅の三角形をスケッチ (1)の40幅の三角形と同じ手順で 背面に10幅の三角形を作成します。     (3)「ロフトカット」にて   2つの三角形をつなげてカット   1、2の手順で作成した 2つの三角形を輪郭メニュー内に 順番に指定します。       「OK」するとカットが完成します。   ...

SOLIDWORKS練習帳 基本形状B 3Dプリンタ出力

SOLIDWORKS練習帳から基本形状Bを3Dプリンタで出力しました。 基本形状Bは、ブロック形状を最初に「押し出しボス/ベース」で作成し、 「押し出しカット」で削って作成していきます。 https://www.youtube.com/watch?v=GU4eZxetCLA   SOLIDWORKS操作マニュアルの基本形状B モデリング方法 のページにて、 モデルの作成方法を動画で説明しています。...

SOLIDWORKS練習帳 基本形状A 3Dプリンタ出力

  SOLIDWORKS練習帳の中から基本形状Aを3Dプリンタで出力してみました。   基本形状Aは、「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」を組み合わせ、 5つのフィーチャーにより作成された部品です。   https://www.youtube.com/watch?v=rzFvhxPCKCo   この動画は早送りで、9倍速くらいになっています。   実際には、W 50 × D 25 × H 25 (mm) の大きさで、30分ほどの出力時間でした。   もちろん、プリンタに送ったデータは、SOLIDWORKSで作成しています。   より詳しく3次元CAD SolidWorks(ソリッドワークス)を勉強したい方は、 よくわかるSOLIDWORKS教材本をご覧下さい。   入門書から練習帳までCADRISEのおすすめの本。 3次元設計の習得のための無料ダウンロードデータ付きです。 ...