用語解説

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

勝手違いの部品作り(エンティティ以外)

「勝手違いの部品作り」に 役立つコマンドのご紹介です。 ブラケットなどの対称部品を作る場合、 どのコマンドを使って作りますか? 「エンティティのミラー」を 使っている方も多いかと思います。   でも、エンティティだと ミラーした元を消したりと 手順もかかってしまいます。 もう一つ、SOLIDWORKSには 部品をミラーする機能があります。 「部品のミラー」 こちらは別ファイルにミラー部品を作成するので 知っていると便利ではないでしょうか?       それでは早速使用方法について解説していきますね。 まずはミラーしたい形状を↑コレで解説していきます。 モデリングできたら保存します。(今回はそのままPart1としました。) 保存してから、ミラーする基準面を選択(青い部分)します。 (面選択をしていないとコマンドが使えません) この状態で「部品のミラー」をします。 コマンドの場所は、 「挿入」→「部品のミラー」   すると、新規ファイル(Part2)で 先ほど選択した面に対称な部品ファイルができます。   Part1は保存されていますが、 新しいPart2は保存されていませんので 保存を忘れず行ってください。 使用方法としてはとっても簡単ですよね。     ここからは、さらにこの機能の解説していきます。 ミラー部品は元部品とリンクしています。 ですから、保存後であっても元部品に穴を開ければ、 ミラー部品にも穴が開きます。 しかし! ミラー部品に穴を開けても、 元部品には開きません。 上記のように、元部品に施したことは全部 ミラー部品に反映されるようになっていますが、 ミラー部品に施したものは元部品には 反映されないので気をつけて使用くださいね。     今回は以上です! お役に立てましたら幸いです。    ...

『設計ばらし』って何ですか?

今日も諏訪圏工業メッセでお問合せを 貰った内容について回答します。 「『設計ばらし』って何ですか?」 弊社の行う業務内容を書いた中に 『設計ばらし』があり、 質問して頂きました。 (図面ばらし・バラシということもあります)     3D特有のもの、 というわけではありませんし、 どのような設計を行っても、 必ず『ばらし』の作業は発生します。     【ここで1つ補足】 設計にはボトムアップ設計と トップダウン設計の2種類があります。 ・ボトムアップ設計 部品ありきの組立設計。 あらかじめ個々の部品の詳細が決まっており、 部品から全体を組み立てていきます。 ・トップダウン設計 全体像の構想から作り上げ、 細部の部品形状を作りこんでいきます。     例えばトップダウン設計では 全体像(レイアウト)が 先に作られているので形状は分かります。 しかし、そのままでは部品1つひとつの 正確な形がわからず、 製作することはできません。 だから、部品1つひとつに『ばらし』て、 機械加工等できるよう寸法公差、幾何公差、 表面粗さ、表面処理などの 作業指示まで加えた図面を描きます。   ボトムアップ設計の場合でも 組立設計後に部品1つひとつに『ばらし』ます。     これが、『設計ばらし』です。       余談ですが、この作業は設計者が 設計から『ばらし』までやることもあれば、 専任の「CADオペレーター」が行うことも あります。 (求人などである「CADオペレーター」は このような図面にするのがお仕事です)     そんな『設計ばらし』をして 部品図を作成したら、 どの部品をどこに使うのかがわかるようになっている 「組立図」も作成します。 (こちらも組図ということも) 如何でしたか? 設計といっても 様々な工程がありますよね。...

線の真ん中で貫通拘束をかける方法

  貫通の拘束をかける方法について 詳しく解説をしていきます。   その前に、「貫通とは?」を確認しておきます。 貫通拘束では、「点と、異なる面にある要素が一致します」 https://cadrise.jp/manual/kousoku/ 貫通拘束を使うには、現在編集中のスケッチの【点】と 【異なる面にある線など】が必要になります。       例題: 上記の図のオレンジ線を下の3本の円弧に貫通拘束をつける 回答: オレンジ線の両端の拘束については、 オレンジ線の端点と下の円弧を選択することで 画面左側に「貫通」が出てきます。   しかし、オレンジ線の真ん中では? 貫通拘束を使うには、現在編集中のスケッチの【点】と 【異なる面にある線など】が必要になります。 つまり、オレンジ線の中点が必要になります。 そこで、オレンジ線の線上で右クリックをすると 下記のようなメニューが出てくるので、 「中点の選択」をします。   一時的に中点が選択状態になります。 (一時的な表示なので他のところをクリックすると消えてしまいます。) そのままCtrlキーを押しながら下の円弧をクリックすると 貫通拘束ができます。 **** 【端でも中点でもない任意の位置で貫通をかけたい場合】 任意の位置にスケッチの「点」をつけ、 その点と異なる面の要素を選択します。...

いろいろな拘束

SOLIDWORKSに使われる拘束を一覧にしました。 拘束の名称 拘束付加前 拘束のコマンド 拘束付加後 備考   一致         点が線上に一致します   鉛直         鉛直になります   貫通         点と、異なる面にある要素が一致します (貫通の方法)   交点          点に対して線が交わるようになります (線の延長上になり線が交わらないことも有)   垂直             線と線が垂直になります   水平         水平になります   正接         円弧と線が正接します   対称          円や直線など中心線をはさんで対象になります   中点         線と点を選択で、線の中点に点が一致します   同一円弧           2つの円弧が同じ円弧上に並びます   同一線上         2つの線が同じ直線上に並びます   同心円         同心を持つ円になります   等しい値         同じ大きさになります   マージ         端点と端点をつなぎます  ...