部品の動きを確認しよう ~制限合致②~

部品の動きを確認しよう ~制限合致②~

 

前回に引き続き、【制限合致】のご紹介です。

第1弾はこちらから
↓ ↓ ↓
部品の動きを確認しよう ~制限合致①~

部品の動きを確認しよう ~制限合致①~

 

第2弾の今回は、
[サブアセンブリのフレキシブル化]です。

下図の前回のアセンブリを

最終組立となるアセンブリに挿入して
動きを確認します。

コンフィギュレーションとは違い
可動範囲もリアルにわかるのでとても便利です。

 

 

 

[サブアセンブリのフレキシブル化]

 

まず、2種類のアセンブリを用意します。
①トップアセンブリ (装置全体の最終組立品のこと)
②サブアセンブリ (トップアセンブリを構成する組立品のこと)
※今回の②は前回で【制限合致】をつけたアセンブリを指します。

 

実際にサブアセンブリを挿入したトップアセンブリ

 

ところが・・・

 

サブアセンブリ作成時は
制限距離の範囲で動いたテーブルが、
トップアセンブリに挿入すると動きません。

これはサブアセンブリが“リジット”という
固定された状態だからです。

 

そこで、サブアセンブリを“フレキシブル”という
固定されていない状態にする必要があります。

※SOLIDWORKSのデフォルト設定では、
トップアセンブリの中でサブアセンブリは
一つのユニットとして動作するため
固定される仕様です。

 

ツリーからサブアセンブリを右クリック。
コンテキストツールバーから
「サブアセンブリをリジットに指定」をクリックします。

 

すると・・・

サブアセンブリがフレキシブルになります。

 

ツリーをよく見るとフレキシブルに設定したアセンブリは、
アイコンが変わっています。

どのサブアセンブリがフレキシブルで
可動するのかすぐにわかりますね。

 

 

フレキシブルにしたことで、
サブアセンブリのテーブルは
制限合致で定義した可動域の範囲で移動します。

 

 

より具体的に動きを再現することができますね。
ぜひお試しください。