【図面テクニック】直径(半径)の寸法配置を一ヶ所だけ変える

【図面テクニック】直径(半径)の寸法配置を一ヶ所だけ変える

今回も図面ドキュメントで使えるテクニックをご紹介いたします。

ドキュメントプロパティで寸法を中央配置に設定しておくと
自動的に中央に寸法が配置されて便利です。

中央配置設定の場合、補助線や中心線とかぶってしまった時
直線寸法などは下図のように寸法配置のプロパティで中央揃え
を外して移動させることができます。

しかし、直径(半径)寸法の場合は、寸法配置のプロパティでは
グレー表示になっていて中央揃えを外すことができません。

そんなときに便利な機能を紹介します。

それでは、操作方法を見ていきましょう。

配置を変えたい直径(半径)寸法を右クリックします。
表示オプション → 寸法中央揃え のチェックを外します。

これで寸法をドラッグすると、自由に動かすことができます。

あまり多用することはありませんが、知っていると便利な機能です。

お試しいただけたら幸いです。