中空のシェルモデル

中空のシェルモデル


 
「シェル」フィーチャーは、
3Dモデルの外面から指定した厚み分を残して、
均一にくり抜くコマンドです。

外装部品、板金部品などの板厚が均一なモデルを
作成するときに便利なコマンドですね。

 
このような箱形状を作成する際に使用します。

 

ところで

「シェル」フィーチャーを行ったのに
形状がかわらなかった場合はありませんか?

 
SOLIDWORKSの入門講座でよくある現象ですので
今回、皆さんと共有したいと思います。

 

シェル

このような場合
あれ・・・おかしいな・・と思い

もう一度シェルコマンドを行おうとすると
下記のようなエラーメッセージが現れ適用できません。

 

これは、既に
内側が指定した厚みで中空になっている からです。

一見するとわかりませんが、
断面表示にして確認すると空洞化しています。

 

なぜ?

この原因は、削除する面が選択されていないからです。

既存のシェルフィーチャーに「フィーチャー編集」に入ると
「削除面」に何も選択されていないことがわかります。

 

まとめ

シェルコマンドで削除面を選ばなかった場合は、
中空の形状ができます。

モデル作成の過程で敢えて中空にすることもありますが、
通常は、削除面を選択して使用します。

エラーメッセージが現れた場合は、
フィーチャー編集に入って設定を確認してくださいね。

 

▼関連記事はこちら
シェル
分割ライン②  ~分割ラインフィーチャーの活用~