【モデルテクニック】任意の断面の表示状態を保存する

【モデルテクニック】任意の断面の表示状態を保存する

 

前回は「断面表示」についてご紹介しました。

↓ ↓ ↓

モデルの断面表示

 

今回は、断面表示の応用となる機能をご紹介します。
機能は

「断面表示の保存」

です。

上の図のように、自分で作成した断面を

いつでも表示できるようになったら便利ですよね!

 

まずは、任意の断面表示を作成してみましょう。

 

<ヘッズアップビューツールバー>から

「断面表示」をクリック

 

今回の設定は、

正面を選択して、角度を60°

 

「断面2」にチェックを入れ、

平面を選択して、距離を80mmです。

 

画面上はこのようなプレビューになっています。

 

この表示状態を保存します。

スクロールバーを動かして、
プロパティの一番下にある「保存」をクリック。

 

 

「指定保存」のダイアログボックスが現れます。

表示方向名に「テスト断面」と入力し、

「保存」をクリックします。

これで断面表示の 状態が保存できました。

 

それでは確認していきましょう。

メニューバーから

「表示」→「表示コントロール」→「表示方向」

を選択します。

 

「表示方向」のダイアログボックスが現れます。

「テスト断面」が保存されていることが確認できます。

 

モデルの表示方向を、正面、等角投影などにしていても、

この「テスト断面1」を選択すると、

保存された断面の表示状態になります。

 

ぜひお試し下さい。