【図面】Rの線を表示/非表示

【図面】Rの線を表示/非表示

今日はレジン様から頂いたご質問に
回答させて頂きました。

2D→3Dへ移行した方にとっては
ソフト間の相違に戸惑いや不便を感じることも
少なくないと思います。


===============

メール講座で、簡単にレベルアップでき、
かなり感謝しております。

レベルの低い質問かもしれませんが、、
2Dの図面で、R部分が実線で表示されるのを、
無くす方法(設定)はあるんでしょうか?
立体図の時はR部分に線が表示されていても、
問題は無いのですが、正面や側面図に
R部分が実線表示されると、困ってしまいます。

他社の3Dソフト(インベンター)等は
2DでR部分の実線表示はされないので、
ソリッドワークスでも、設定可能なんでしょうか?


===============

はい。可能です。

しかも、色々選べます。

まずは、どんなものがあるか並べてみますね。
使った形状はコレ。

eg-01

設定を変更しないデフォルト状態で図面にすると
↓このようにR部分、実線が入ってますよね。
表示「表示」

この線を「正接エッジ」といいます。
それを、
フォント使用「フォント使用」

eg-06「フォント使用-端点の非表示」非表示拡大(拡大表示)

削除「削除」

このように選択が可能になります。





<<設定方法>>

設定から

eg-04

システムオプション→図面→「表示スタイル」

eg-03

その中に「正接エッジ表示」というメニューがあります。

eg-02

デフォルトでは「表示」になっていますので、
必要に合わせて設定を変更してください。



*****

また、この設定は「システムプロパティ」の設定になり、
SOLIDWORKS共通のため次回起動時も継続となります。

この設定は「新規でモデルビューを作る」ときのみ反映されます。
既存の図面内のビューでこの設定を切り替えたいときは
下記画像のようにビューを右クリックから「正接エッジ」で切り替えられます。
(ビュー:あらゆる方向からモデルを投影した図のこと。図面の絵を選択してアクティブになった点線枠の中)

24-1