下のモデルのエッジが点線で表示されるのを回避する

下のモデルのエッジが点線で表示されるのを回避する

今回も質問の回答をしていきます。
T様ありがとうございました。

今回のご質問は、表示に関するものです。

***************

コンベアのアセンブリを表示していて、
表示倍率を引き気味に(全体見渡すよう)した場合、
1mmくらいの厚さのコンベアベルトの下にある部材のエッジが
破線のように見えてしまいます。
 
表示を拡大すると徐々にエッジが消えていくのですが、
全体見渡し画面で、エッジを消したいです。
 
今私ができる対策としては、エッジを表示したくない部品のみを
シェーディング表示することで破線のようなものが消えます。
しかし、この方法ですとシェーディング表示された部品が
ぼやけて見えてしまい部品の存在がわかりにくくなります。
 
部品をシェーディング表示にせず、破線のようなものを消す方法を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

***************


どういうことかというと、下図のようになにかしらの部品の上にベルトなど
薄いものが覆う形状ってあると思います。
is-08
実際これをSOLIDWORKSで作ってみると。。
is-01
このように、下のモデルのエッジの線が出てしまうのです。
(拡大すると出ません)
is-14



T様のようにシェイディング表示にすると、
確かに線は消えますが、ぼやけた印象になりますよね。
is-02
is-12
更に、前回図面でご紹介した「正接エッジの表示/非表示」を
モデルに対しても「削除」設定にしてみると。
is-13
is-03

ダメでした。






*******

原因と対策

*******

こうなってしまうのは、
ベルト部分の薄さに原因があります。

あまりに薄いので出てきてしまうんです。



対策としては2つ考えられます。
ですが申し訳ありません。
どちらの対策も設計を変えてしまうような方法になります。

(1)厚みを増やす
(2)クリアランスをあける

どちらも”1mm”で効果が出ますが、その1mm分設計とは変わりますので
プレゼン資料に使用するなどで絵的なものが欲しいときのみ有効な手段です。
(T様のようなアセンブリの場合は厚みを増やす方が有効と思われますが、
 どっちの方法で消すのがいいかはモノによりますのでご検討ください。
 弊社も資料画像などはこのように少し変えて撮っています。)

(1)厚みを0.1mmから1mmへ増やした場合  (2)間に1mmのクリアランスをつけた場合
is-09
is-08

このように消えました。


ただ、さらに縮小させると結局出てくるんです。。
必要なサイズで表示されないよう調整ください。
is-11

明確な回答にならず申し訳ございませんが、
これも1つの方法ということでご案内させて頂きました。


上記の方法は外観的な対策となります。
設計データは変更しない方がいいので、
外観用のデータを用意しお試しください。

また、ほかの回避方法を見つけましたら
ご案内していきたいと思います。