【モデリング】スケッチの余分な線を修正する

【モデリング】スケッチの余分な線を修正する

今回はスケッチを描くときに陥る
イライラを解消するコマンドをご紹介いたします。



スケッチを描く際に
余分な線を追加してしまうことがありませんか?



書き残しや



二重に線を引いてしまう等。




スケッチ画面上で簡単に見つけることが出来ればいいのですが、
目視だとなかなか見つけられない場合があります。


このような余分な線が残っていると
スケッチが完全定義になりません。




余分な線が残っているのか見つけられない場合、
それを簡単に解消するコマンドがあります!

「スケッチ修復」です。






それでは操作を見ていきます。

コマンドマネージャーのスケッチタブより
「スケッチ修復」をクリックします。

※コマンドマネージャーにない場合は、メニューバーから
「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ修復」
を選択してください。





書き残し等とび出した線の箇所が
虫眼鏡ツールでズームになって表示されます。
そこから不要な線を選択して削除します。




同じように他にもないか調べていきます。


画面上にこのようなダイアログボックスが現れています。

まだ余分な線がある場合、この矢印で送って調べることが出来ます。


修正が終了したら、
ダイアログボックスのキャンセルボタンを押します。






次に2重に引いてしまった線など重複した線について。

こちらを探すのは難しいことですが、
実は「スケッチ修復」コマンドを実行すると同時に
自動的に削除されています。




余分な線が削除できました。






ぜひ試してみてくださいね。