【図面テクニック】参考寸法の表示方法

【図面テクニック】参考寸法の表示方法

 

図面に寸法を記入する際、
本来、記入しなくてもいい寸法でも、
図面上で表記しておきたい寸法に( )をつけて
表記するのが「参考寸法」です。

 

今回は図面ドキュメントで、寸法を参考寸法の表示に変える方法を
長さと半径の2種類でご紹介します。

 

 

長さの寸法を変更するには

それでは、操作方法を見ていきましょう。
表示を変更したい寸法を選択します。

寸法を選択するとツリーの表示が寸法配置のプロパティにかわります。

寸法テキストの項目の下図のボタンを押すと・・

 

寸法値に( )かっこが付いた参考寸法の表示に変わりました。

 

******

半径を参考寸法の( R )にするには

半径寸法は通常はこのように表示されます。

 

寸法配置のプロパティで、
寸法テキストの「R」は残し、<DIM>を削除します。
(※SOLIDWORKSでは寸法は自動的に <DIM> で表されます。)

 

( )カッコ表示のボタンをおします。

 

簡単にカッコが追加できました。

 

一度お試しください。