図面に用いる線の太さを変更する_SOLIDWORKS

図面に用いる線の太さを変更する_SOLIDWORKS

日本の機械図面は概ねJIS規格を基準にしています。
図面に用いる線は線の形状と太さによる種類があり、これらを組み合わせて使用します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
線の形状: 実線・破線・一点鎖線・二点鎖線
線の太さの種類: 細線・太線・極太線
太さの比率: 1:2:4
太さの基準: 0.13mm,0.18mm,0.25mm,0.35mm,0.5mm,0.7mm,1mm,1.4mm,2mm
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

太さの使用例として、
細線を0.25mmとした場合、太線は0.5mm、極太線は1mm。

また、線の形状は用途によって規定されています。
例えば、品物の外形を表す外形線は太い実線というように。

 
ところが・・
SOLIDWORKSのデフォルト設定では、細線が0.18mm、太線が0.25mmです。
比率は、1:1.388‥ 
図面に表すものの形状によっては用途の区別がつきにくいですね。

そこで、線の太さを変更する方法のご紹介です。
今回は、SOLIDWORKSの図面ドキュメントで、外形線の太さを0.25mmから0.35mm に変更します。

 

線のフォント

 
メニューバーから「オプション」をクリック。

システムオプションのダイアログボックスが開きます。
タブを「ドキュメントプロパティ」に切り替え、「線のフォント」をクリック。

エッジのカテゴリから「可視エッジ」を選択します。
「線の太さ(H):」をプルダウンから「0.35mm」に変更し、
「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

※可視エッジ=SOLIDWORKSでは外形線です。
※今回は関係ありませんが、スタイル(S):=線の形です。

 
外形線の太さが変わりました。
 

変更後

 

変更前

この方法は、既に書き上げた図面にも有効ですよ。
お試しください。