鋼材レイアウトに輪郭を追加するには

鋼材レイアウトに輪郭を追加するには

 

講習先で質問をいただきました。

 

「鋼材レイアウトの構成部品点数が少ないのですが、
点数を増やすにはどうしたらいいですか?」

「使用したいサイズが無いのですが、サイズの追加は可能ですか?」

 

今回は、「鋼材レイアウト」に
新しく規格を追加する方法をご紹介します。


「鋼材レイアウト」とは?

溶接タブにある「鋼材レイアウト」は、
筐体のフレームとして用いられる鋼材のモデリングを行う際に
使用します。

スケッチを用いて作成したワイヤーフレーム形状に、
登録してある山形鋼や溝形鋼のような鋼材の断面を適用し、
モデルを作成します。


まず、「鋼材レイアウト」のデフォルトで用意されている規格を確認していきます。

「ANSIインチ」と「ISO」の2種類です。

 

さらに、規格内でもTypeとサイズが限られています。

これ以外のものが使用したい、という時に使える、
規格を追加する方法をご案内していきます。

 


”鋼材レイアウトの規格ファイルが収められている場所”を検索します。

<メニューバー>から「オプション」をクリック。
<システムオプションタブ>から「ファイルの検索」を選択します。

次のフォルダを表示から「溶接輪郭」を選択します。
このパスが、”鋼材レイアウトの規格ファイルが収められている場所”です。

 

このときの注意点は、
※インストール状況によってパスが異なります。
ご使用のSOLIDWORKSで表示される場所を確認してください。
パスはコピーできません。
必要にあわせてキャプチャーをしたり、メモをするなどしてください。

 

検索した場所に輪郭を追加する

追加する輪郭の作成方法は、2通りあります。

  1. 自分でスケッチを描く、または、既存の輪郭を編集する方法
  2. SOLIDWORKSで用意されているデータをダウンロードする方法

ここでは、2.のダウンロードする方法をご紹介します。

SOLIDWORKSで用意されているデータをダウンロードする方法

SOLIDWORKSヘルプで「鋼材レイアウト」を検索すると、
サイズ(Size) の項目に

【 追加の溶接輪郭は、デザイン ライブラリ タブ で利用できます。
「ISO」SOLIDWORKS Content」の「溶接」フォルダで、Ctrlキーを
押しながらアイテムをクリックし、 zipファイルをダウンロードします。 】

とあります。

 

この方法で、<タスクパネル>の「デザインライブラリ」から、zipファイルをダウンロードし、解凍します。

今回は、「ISO」と「JIS」を追加します。

 

次に、検索した場所に輪郭を追加します。

エクスプローラで検索した場所を開き、
ダウンロードした「ISO」と「JIS」フォルダを貼り付けます。

この時の注意点は、ファイルの階層です!!
既存の規格のフォルダ構成を確認し同様にします。
※規格の「iso」フォルダの直下に、「輪郭のType」フォルダです。

これで輪郭が追加できました。

SOLIDWORKSに戻り、「鋼材レイアウト」コマンドを開きます。

「規格」に「ISO_DL」と「JIS」が追加されています。
この規格には、「サイズ」も多数用意されています。

 

もうひとつの、
【自分でスケッチを描く、または、既存の輪郭を編集する方法】
ですが、注意点は拡張子です。

この方法で追加する場合は、新たにスケッチで描くというよりは、
既存の輪郭を編集して、同じ拡張子のまま同じ場所に追加する方法をお奨めします。

ぜひ、お試しください。