「SOLIDWORKS活用研修Part2 マルチボディ設計編」 2日間 (大田区)

「SOLIDWORKS活用研修Part2 マルチボディ設計編」 2日間 (大田区)

「SOLIDWORKS活用研修Part2 マルチボディ設計編」 2日間

in 大田区産業プラザ

※こちらのセミナーは終了いたしました。ありがとうございました。

 

■日時:  2014年 7月31日(木)、8月1日(金) (2日間)

■時間:  ●7月31日(木)   13:00~18:00  ●8月  1日(金)   10:00~16:00

■定員: 8名

■募集締切: 2014年 7月22日(火)

■主催: 株式会社アドライズ

■概要

本講座では、SOLIDWORKSを使用してモデル構築方法、トップダウン設計の基本を習得することができます。

■このような方へ

・SOLIDWORKSの基本操作ができる方

・3次元設計の方法をお求め方

■内容

1.基本操作チュートリアル(基本的な部品モデリング)

2.マルチボディとインポートデータ編集の方法

3.トップダウン設計 3つの大切なこと

4.マルチボディ機能によるトップダウン設計

5.動きのアニメーション

(個別のQ&Aは時間が取れ次第、受け付けます。)

(都合により、内容・順番を変更する場合があります。)

 

■講 師: 株式会社アドライズ 代表取締役
諏訪東京理科大学非常勤講師
牛山 直樹

■会場: 大田区産業プラザ(PiO)6F E会議室
(東京都大田区南蒲田1-20-20)

地図・交通手段 http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

 

■講師のことば:

<3次元CADによるトップダウン設計とは>

製品や部品の設計を進める方法は、そのアプローチ手順によりトップダウン設計とボトムアップ設計に
大別できます。

ボトムアップ設計は、あらかじめ個々の部品の詳細が決まっており、部品から全体を組み立てる方法です。
標準部品を多様する製品や過去の設計資産が流用できる場合の設計では、効率が良く有効な方法です。

しかし、仕様から構想するような設計は苦手です。

一方トップダウン設計は、与えられた条件などから製品や部品を構想し、おおまかな全体像から考え始め、
徐々に個々の部品を作りこんでいく方法です。

 

 

■受講料: 68,000円(テキスト代込、税込)

 

■お支払い方法※

※前払いいただきます。弊社指定の口座へお振込みいただきます。
お申込みをいただいた時点では仮予約とさせていただき、
ご入金の確認が取れましたところで、「お申込みの成立」となります。
(お申込みをいただきましたら、追ってお振込先などをメールにてご案内いたします)

■お申し込み方法

<h5お申込み締切日までにinfo@cadrise.jpへ、
以下の①~⑦とともにお申込みください。

折り返しメールにてご連絡いたします。

①申込セミナー:2014年 7月31日(木) 8月1日(金) 2日間 大田区 (①はこのままにしてお送りください。)
②貴社名
③所在地
④受講者の人数
⑤受講者の部署名・役職・ご氏名
⑥お申込みご担当者名
⑦ご連絡先電話番号

■お申し込み、お問い合わせ先

株式会社アドライズ キャドライズ事務局 上野まで
E-Mail:info@cadrise.jp
TEL:0266-55-2097 FAX:0266-55-5703