ねじ山 Tag

ネジ部を作成する方法

  前回ご紹介したネジをネジらしく見せる方法。 https://cadrise.jp/manual/indicatethread/ こちらで紹介したのは、見た目を「ねじらしく見せる」設定でした。   しかし、そもそもこのモデルにねじの設定をしていなければ、 表示できないのはもちろん、図面でもただのねじっぽい円柱になってしまいます。   そこで、今回はねじ部の作成方法をご紹介します。 この操作を行うと、しっかりねじ部が表示されます。 ※ねじ穴は「穴ウィザード」コマンドで作成できます。   ではねじ部の作成方法を見ていきましょう。 メニューバーの「挿入」から「アノテートアイテム」を選択し、 アノテートアイテム内の「ねじ山」をクリックします。   プロパティが開くので、ねじの設定をしていきます。   「円形エッジ」の選択エリアに、 ねじの開始点となるエッジをクリックします。 エッジを選択した後に、規格を選択します。 ここでは「JIS」を選択します。   次に、ねじサイズの設定を行います。 このモデルは、円筒の直径が10mmなので M10x1.5(並目)を選択しています。 ねじのサイズによって細目もあるので、 必要に応じて設定してください。   ねじサイズを設定したら、ねじの長さを設定します。 このモデルでは、端から25mmの長さに設定しています。 OKをクリックするとモデルにネジ部が作成できます。 前回ご紹介した「シェイディングされたねじ山」の表示を させていると、モデルに縞模様が現れて、 設定した長さにねじができていることが確認できます。   前回と今回のやり方を合わせると、図面にした時に上記ビューが作成できます。 今回はネジ部の作成方法をご紹介しました。  ...

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

ネジ部分干渉認識を1つにまとめる

今回はお問合せを頂いていた続編をお伝えします。 ネジ穴にネジを入れた構造を作り、 干渉認識を計算すると、干渉が発生してしまいますよね。   でも、これは「取り除かなければいけない干渉」ではありません。 一つずつ確認して無視することも可能ですが、 【ネジに関する干渉】をまとめた1つのフォルダにいれることも可能です。     例として、下記のようなモデルを作成しました。 (穴ウィザードでネジ穴をあけ、 ツールボックスよりJIS規格のネジを挿入しています) 干渉認識では、3つの干渉が見つかりました。   ここで、その下にあるオプションから 「ファスナーフォルダの作成」 にチェックをいれます。   すると、 先ほどの3つの干渉がファスナーというフォルダに入りました。   ”ファスナー”合致で挿入された部品への干渉部分がフォルダに入ったということです。   このフォルダに移動されていない干渉は その他の問題が原因となり、検証が必要と一目で分かりやすくなります。   もう一つ、似たものに 「一致するねじ山フォルダ」があります。 こちらもまた解説していきますね。   お楽しみに♪...