スケッチ Tag

丸みのあるコーナー部に仮想交点を表示するには

2D図面作図の際、「丸みのあるコーナー」に寸法を入れるには、 仮想交点が必要になります。 もし、あなたがスケッチの直線で仮想交点を作図しているのなら、 今回の記事が有益です。 スケッチの直線を作図して仮想交点を作るよりも 手軽な方法をご紹介します。     「仮想交点」の作成方法 1. 仮想交点が必要な2本の直線をCtrlキーを押しながら、 順番にクリックして選択します。 2. そして、スケッチツールの「点」をクリックします。 3. 選んだ2本の直線の仮想交点が作成されます。 4. 残りの仮想交点も作成します。 5. 寸法入力は、この仮想交点をクリックします。 いかがでしたか? 仮想交点が簡単に作成できたと思います。 ぜひ、ご活用ください。  ...

スマート寸法ポインタの種類

    スケッチで寸法を入れる時に、 このようなポインタになって困ったことはありませんか? 実は、このポインタの時には 十字矢印を基準に角度寸法を入れる状態になっています。 今回は、このポインタが表示される原因と使い方、解除方法をみていきます。   **** 【解除方法は?】 スマート寸法を使用していて、十字矢印が現れたときには Escキーを押すと解除できます。   しかし、よく見てみると、点がまだ選択されています。 点に関連しない箇所へ寸法を入れたい場合は、 もう一度Escキーを押します。 すると、点の選択が解除され、 スマート寸法が使用できる状態に戻ります。   【このポインタ、どんな時に出てくるの?】 スマート寸法コマンドに入り、点をクリックします。 その後、点に接続している線をクリックすると現れます。 また、スケッチを描いて寸法を入れる動作の中で、 いつの間にかこの十字矢印が現れている時があります。 これは、作図の最後に点が選択された状態からスマート寸法コマンドを開始し、 線を選択している場合が多いです。   【どうやって使用するの?】 十字矢印を仮想の線として認識し、角度寸法を入れることができます。 (上の動作からの続きとなります) 十字矢印の一つの矢印を選択します。 選択した矢印を仮想の線として認識し、角度寸法が現れます。 クリックして角度寸法を配置します。 いかがでしたか? スマート寸法コマンドで現れる、 十字矢印のポインタが、どうして現れていたのか 原因がわかればスッキリしますよね。 解除するにはEscキーです!  ...

【モデリング】スケッチの余分な線を修正する

今回はスケッチを描くときに陥る イライラを解消するコマンドをご紹介いたします。 スケッチを描く際に 余分な線を追加してしまうことがありませんか? 書き残しや 二重に線を引いてしまう等。 スケッチ画面上で簡単に見つけることが出来ればいいのですが、 目視だとなかなか見つけられない場合があります。 このような余分な線が残っていると スケッチが完全定義になりません。 余分な線が残っているのか見つけられない場合、 それを簡単に解消するコマンドがあります! 「スケッチ修復」です。 それでは操作を見ていきます。 コマンドマネージャーのスケッチタブより 「スケッチ修復」をクリックします。 ※コマンドマネージャーにない場合は、メニューバーから 「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ修復」 を選択してください。 書き残し等とび出した線の箇所が 虫眼鏡ツールでズームになって表示されます。 そこから不要な線を選択して削除します。 同じように他にもないか調べていきます。 画面上にこのようなダイアログボックスが現れています。 まだ余分な線がある場合、この矢印で送って調べることが出来ます。 修正が終了したら、 ダイアログボックスのキャンセルボタンを押します。 次に2重に引いてしまった線など重複した線について。 こちらを探すのは難しいことですが、 実は「スケッチ修復」コマンドを実行すると同時に 自動的に削除されています。 余分な線が削除できました。 ぜひ試してみてくださいね。...

非アクティブスケッチの色の変更方法

部品やアセンブリなどのモデル作成の際、 スケッチをレイアウト用として参照すると便利です。 一方で、複雑な形状や部品点数が多いモデルになってくると スケッチが見えにくくなり、操作に困ることがあります。 そこで今回は、システムオプションから 非アクティブスケッチの色を変更する方法をご紹介します。 モデル作成時、編集中ではないスケッチの色はグレーです。 この編集中ではないスケッチを「非アクティブスケッチ」といいます。 (編集中のスケッチはアクティブスケッチ) モデルと非アクティブスケッチの色が同じグレー系なので 同化してしまい、見えにくいです。 そこで、 非アクティブスケッチの色を変更して見えにくさを解消してゆきます。 オプションをクリックします。 メニューから 色 をクリックします。 色スキーム設定の項目から「スケッチ、非アクティブ」を選択し、編集ボタンをクリックします。 色の設定ウインドウでグレーと区別しやすい色を選択し、 OKボタンをクリックします。 事例はピンクを選択しています。 OKボタンをクリックして、オプションを閉じます。 非アクティブスケッチが見えやすくなりました。 いかがでしたか? お好みの色で設定をお試しくださいね。 *****お知らせ***** 大好評をいただいております、 【よくわかる!SOLIDWORKS 図面】 “お得な3巻セット”を更にキャンペーン価格で 買えるのは6月末までです。 ↓ ↓ ↓ https://cadrise.jp/dvd/dvd_zumen_lp/...

パワートリム

「エンティティのトリム」の中から 【パワートリム】についてご説明します。 【パワートリム】はエンティティの トリムの中でも素早く不要な線を取り除ける機能です。 上のようなスケッチがあり外側の線だけが必要だとします。 内側の円弧と鉛直線が不必要なので切り取ります。 Command Managerから【エンティティのートリム】をクリックします。 オプションで【パワートリム】を選択します。 図のように切り取りたい線の上をまたぐようにドラッグします。 線をまたぐと同時に線が切り取られます。 続けてもう一つの線も切り取ります。 不必要な2本の線を切り取ることができました。 --------------------------------------- しかし、パワートリムの機能はこれだけではありません。 線を切り取るだけでなく、線を伸ばしてつなげることもできてしまうのです。 【パワートリム】は上のように開いた線を繋げることもできます。 開いた線の先端をクリックします。 繋げたいところまでドラッグします。 開いた線を繋げることができました。...

画像をなぞってスケッチを描く方法

本日のご質問、 デザイン画を取り込んで、なぞるように スケッチができる方法をご紹介します。 ============== よく動画で写真を取り込んでマウスの モデリングをしているのを見ていますが 解説が英語なのでイマイチ分かりづらい のですができましたら解説のほど 宜しくお願い致します。 又写真はどういう風に変換し 取り込んでいるか、お願い致します! ============== ご質問ありがとうございます。 (弊社発行のメルマガ読者様限定で 募集した質問に回答しています) 写真、基本的にピクチャファイル(jpg,png,gif,bmpなど) であれば使えます。 今回はシンプルで曲線のある形状としてハートを 例題にしました。(男性の方も是非トライしてくださいね) 上の画像を右クリックで画像を保存してください。 では、SOLIDWORKSで新規部品ドキュメントをひらいてください。 まずは画像の大きさを調整するため作図線で矩形を描いておきます。 (画像全体でも大きさを調整することはできますが、 余白込みになってしまうのでこのように欲しいもののサイズで指定します。) 面を選択してスケッチに入ります。 ツール→スケッチツール→スケッチ図 保存しておいたハートを開きます。 先ほどの矩形の中に納まるよう画像を調整します。 更に、背景の白も消していきましょう。 左のメニュー、下側の透明度の項目を ユーザー定義 にして、 スポイトで背景の白を指定、 透明度を1.00にします。 OKすると だいたいですが、取れました。 ココまでで一旦、このスケッチは終了させてください。 レイアウトスケッチのように、このスケッチは 直接立体化などしないスケッチになります。 (ツリーの名前を変更しておくと分かりやすいですよ!) あとは、またスケッチを新たに開始して スプラインなどで曲線をなぞるように描いていきます。 作成の途中でいらなくなったら非表示にすることも出来ます。 色々展開は出来ると思いますが、 私はドームコマンドを使ってプックリ膨らませてみました。 フリーハンドだけでこういった形状を作るのは難しいですが、 なぞるだけならすぐ出来てしまいますね! 「寸法を入れなくていいの?」 と思う方もいると思いますが、入れなくても大丈夫です。 ただ、一番最初の作図線のように 最大寸法は決めておいた方がいいです。 ****** 弊社で編集しているこの書籍でも詳しく解説してます! ↓こんな複雑な形状のクジラもスケッチ図があれば作れます! 作成過程を少しだけお見せすると、 側面と平面の図を2枚組み合わせて元を作り、 これを立体的に作り込んでいくのです。 こちらはサーフェスなど使って、難易度高いですので 興味ある方は書籍でご確認くださいね。...

【レイアウトスケッチ】スプーンを作ってみよう02

  昨年末、↓でスプーンのスケッチ課題を出させて頂きました。 今回からは立体にしていきますよ! https://cadrise.jp/manual/so_manual/161227spoon/   早速作ってもらったファイルを開いてから続きをお読みください。   まずは今あるスケッチを押し出しフィーチャーで 厚み20mmの立体にします。   でも今のままでは折角キレイなスケッチが描けても、 キレイなスプーンにはほど遠いですよね。 スプーンを横からよく見ると、曲線で斜めにできています。 ですから次は、断面形状を作ります。       【課題】下図のようなレイアウトスケッチを作成してみましょう ※ヒント:スケッチコマンドで作ります。 寸法は3箇所だけですが、拘束によって形状は完全定義できます。 スケッチ出来ましたら名前を「レイアウトスケッチ」に変更しておいてください。 (ツリーの名前をダブルクリックすると編集できます)     これだけだと物足りない方もいると思いますので、 柄の部分もやっちゃいましょう。 先ほど作ったレイアウトスケッチを元に下図の形状を作ります。 変な形ですが、最後に「組み合わせ」で重なってるところだけ残す操作が入り、 ちゃんとスプーンになります。 スケッチは↓こんな感じ。(この拘束マークは?色々お試しください!) これを下記設定で押し出します。 ・スケッチ平面 ・中間平面 ・幅40.00mm ・片側に押し出し ・厚み1.00mm   さて、また次回に続きます。 次回はすくう部分(「つぼ」というんですね)の 丸みを「回転」を使って作り、 今回作った柄と「ロフト」でつなげます。 お楽しみに♪...

【スプラインの使い方】スプーンを作ってみよう

  突然ですが、今日はスケッチ課題を出題します!   お題はこちら(画像クリックでPDFもダウンロードできます) スプーンのすくう部分をスプラインで描いています。 この部分をうまく作れるかがポイントですね。     ****************** 以下は回答になりますので、 この課題に取り組まれる方は後でご確認くださいね。   やり方、大きく分けて2通りあるかと思います。 1)中心線が描いてあるので上下どちらか半分だけ作って 「エンティティのミラー」で対称に作る方法 2)すくう部分のスプラインだけ一度にぐるっと描いてしまう方法   中心線があるので、1の方法で取り組まれた方も多いと思います。 どちらの方法でも作成可能です。 ただ、スプラインはカーブの制御が難しいので、 1回で描いたほうがより滑らかでキレイな曲線が描けます!     ですから、まずは2の方法をご案内しますね。 中心線を描いたら「スプライン」を選択。 ぐるっと描いてしまいます。 このとき、描き始めから終わりまでのクリックは5箇所です。 3回目のクリックは中心線の端と重ねてくださいね。 外形が描けたら拘束を入れていきます。 上図のように中心線に対して対称の拘束を付けます。 拘束の付け方は2点と中心線をCtrlキーを押しながら選択して、 左側に現れたメニューより「対称」を選択   次に寸法を入れます。 出来ました^^         ************** 次に1で作る場合 (スプラインの制御方法も入れてます。 また区切が分かりやすいよう、背景を変えました) 上半分だけ描いて、「エンティティのミラー」 このような形になりました。 お気づきになりましたか?先端。 これで食べたら痛そうですよね^^;   丸めていきましょう。 もう一度スプラインで描いた曲線をクリックすると 左側にメニューが出ます。 パラメータでも数値を変えられますが、 スケッチにも矢印が出現しています。 この矢印を「ハンドル」といいます。 この矢印をドラッグして向きや長さを変えることでも 曲線をコントロールできます。 (先端にある●と途中にあるダイヤマークでドラッグ可能です)   正解は無いのでキレイに見えるポイントを探してみてください。 (ぐるっと1回で描いた方がいいというのが、 分けるとこのように滑らかな曲線を作る操作が必要になるからです) いじりすぎておかしくなってしまった!という場合は 同じメニュー内の下に「全ハンドルをリセット」というボタンがあります。 そちらで初期値に戻ってやり直してください。     柄の部分はトライしてみてくださいね。 こちらは「エンティティのミラー」で作ります。     いずれ、これを肉付けして立体化するまでの 工程を追ったスプーン作成のシリーズにしますので、 出来たスケッチは保存しておいてもらえると幸いです。 ...

スケッチフィレットを使いこなす【仮想交点】

今回はフィレットの第2弾。 「スケッチフィレット」について。 (弊社『SolidWorks練習帳』ミニカーなどでも 使用されるテクニックのご紹介) このような2つの直線のコーナーを 「スケッチフィレット」で スケッチの段階でフィレットをつけることができます。 ↓↓↓     でも、先にフィレットを入れてしまうと 寸法を入れる際に選択されるのは このように、フィレットの手前までの寸法になります。   ※先に寸法を入れてから「スケッチフィレット」すれば 上図のように入ります。 しかし、場合によってはこのような寸法を 後から追加したいケースもありますよね。     そんなときにどうしたらいいのかというと、 『仮想交点』を作ります。 2つの直線の仮想延長上の交点に点をうち、 寸法を拾える状態にします。   【方法】 1) 2つの直線をCtrlキーを押しながら選択します。 2)点コマンド 3) できました!   交点を選択できるようになります。  ...

内径が基準の箱を作るには?

今回は「内径が基準の箱を作るには?」をお届けします。 今私は本社へ新入社員を迎える準備もしています。 しかし、今のままのオフィスでは席が用意できないので、 レイアウト変更をSOLIDWORKSを使って計画しています。 以前も先輩が行っていたので 部品(机やキャビネットなどの家具)はあります。 あとは部屋のサイズを測って箱を用意し、 その中にアセンブリで家具を設置するだけ。 こう書いてしまうと、とっても簡単に聞こえます。 でも、やってみると家具が多いため手数が多く、 アセンブリに関してもかなりのトレーニングになっています。 モノが分かりやすいので練習にオススメですよ。 さて、そこから私のつまずきポイント(笑) アセンブリの前に部屋を作る段階で止まりました。 作るにあたり、まず考えた方法は、 1:部屋の寸法を測る 2:そのサイズで矩形スケッチを描く 3:押し出しで立体化 4:シェルでくり抜く でした。 このような部屋であったり、収納用の箱を設計する場合などは 内径が基準になるものがあります。 でもこの方法だと内側のサイズが 厚みの分だけ小さくなり寸法がおかしくなります。 ここで一つ、考えが浮かびます。 「手順2を”実寸+壁の厚み”で スケッチを描いたらいいのではないか?」 確かにこれでも欲しい形は手に入りますよね。 でも、これでは図面通りではない上に、 設計変更が起きた場合なども対応できません。 ここでオススメなのがエンティティのオフセットです。 内径のスケッチを作図線で描き、 「エンティティのオフセット」で壁の厚み分の オフセットの距離を指定してスケッチを描きます。 (手順3・4は同じ。 作図線にしないと押し出し時に底抜けの筒になります。) この描き方をすることで内径(作図線の寸法)が 変わっても壁の厚みはそのまま追従します。 スケッチの寸法は、図面にする時にも 使われる寸法となりますので、 形が合っているだけでなく、 寸法の取り方にも気をつけて描いてください。 次回はアセンブリ時の”部品の回転”について お伝えします!お楽しみに...