デザインライブラリ Tag

沢山のねじ挿入時に便利!簡単に合致を付ける方法

みなさんは、作成したねじのモデルをアセンブリ内に挿入し、 合致をつける際、どのようにしていますか? 「既存の部品/アセンブリ」コマンドよりねじを読み込み、 ねじを挿入したい穴と合致をつけることが多いと思います。 しかし、同じ使い方をするねじの場合、 毎回同じ方法で合致をつけることは、 「とても手間だ」と感じる方も多いのではないでしょうか。 今回は、この手間を解消できる オススメのコマンドをご紹介いたします。 ****** まずは、ねじの部品ドキュメントを開きます。 フィーチャータブ「参照ジオメトリ」コマンドの フライアウトボタン▽をクリックします。 「合致参照」コマンドをクリックします。 合致参照をつけたい部分を選択し、OKボタンをクリック。 今回は、ねじの頭とねじ部分の付け根のエッジを選択します。 FeatureManager デザインツリーに 合致参照のフィーチャーが追加されました。 ※保存をして、ドキュメントを閉じます。 では、実際にアセンブリに挿入してみましょう。 (今回は、先に挿入したい穴を含んだ部品ドキュメントが、 アセンブリドキュメントに挿入してあります。) 合致参照をつけたねじの部品ドキュメントを、 ねじを挿入したい穴を目掛けて ドラック&ドロップで挿入すると 自動で合致がつきました。 いかがでしたか。 挿入する数が多くなればなるほど威力を発揮する この「合致参照」コマンド。 ぜひ、お試しださい。 また同様に、簡単にねじの挿入ができる方法として 【デザインライブラリ】にねじを追加登録して使用する方法があります。 こちらも使用頻度の高い部品・アセンブリデータを登録しておくと 簡単に挿入できる便利な機能になりますので 併せてご確認ください。 ***** よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】 https://cadrise.jp/manual/so_manual/designlib/ *****...

よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】

よく使う購入部品や標準部品をアセンブリドキュメント内に配置する際、 どのように部品データを読み込んでいますか?       SOLIDWORKSの「既存の部品/アセンブリ」コマンドから、 あるいはエクスプローラーからドラッグ&ドロップで読み込む方が 多いのではないでしょうか。   しかしこれらの方法では、 ファイルを読み込もうとする度に その部品の保存先のフォルダを 探しに行かなければなりません。   今回は、こういったときに簡単に部品を読み込める オススメの方法をご紹介します。       それは、 「デザインライブラリ」です。 【デザインライブラリとは?】 使用頻度の高い部品・アセンブリなどのデータを、 登録しておくことができる場所です。 簡単にドキュメントへ追加することができます。     まずは、よく使う部品の保存先のフォルダを登録します。 SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目の「デザインライブラリ」をクリック。 「ファイルの場所を追加」をクリックし部品の保存先フォルダを指定します。 (ここでは、「標準部品」というフォルダを指定しました)   すると、右側の「デザインライブラリ」に指定したフォルダが追加されます。 (「標準部品」という先ほど指定したフォルダが加わっていますね) こちらをクリックすると、フォルダ内に保存されている部品などが デザインライブラリ下部に表示されます。   あとは実際にこれらの部品を配置したいアセンブリドキュメントを開き、 配置したい部品をアセンブリドキュメントへ ドラッグ&ドロップすれば簡単に配置できます。   以降、この部品を配置する際は 「デザインライブラリ」から簡単にアセンブリへ 読み込むことができます。         いかがですか? お仕事によっては何度も使う部品が沢山ある方も いるかと思います。 決まったアイテムは、探しに行かなくてもすぐにドロップできたら 作業効率も大幅に上がりますね。     ******** その他、活用方法もご紹介します。 「デザインライブラリ」から スケッチをブロックにして登録したり、 注記(テキスト)を登録し読み込むこともできます。   また、グループの共有ディレクトリにフォルダ作成し、 そのフォルダをデザインライブラリに登録することで、 データを共有して使用できます。 色々な活用方法がありますので まだ使ったことがない方は是非試してみてくださいね。  ...

アセンブリ上でネジを挿入する

⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 今回もメルマガ読者様から頂いた質問に回答します。 ========== アッセンブリーで、ツールボックスを使用して、 ネジ、ナットを設置することがあります。 設計変更になり、ねじの長さ、径を変えたい場合です。 元のパーツを後から変更することができないので、 新たにパーツを配置しているのですが、かなり面倒です。 何か良い方法はないのでしょうか? よろしくお願い致します ========== 前回穴ウィザードであけた穴にネジやナットを挿入します。 結論からいいますと、元のパーツから変更出来ます! 最後には変更方法までご案内しているのでご覧くださいね。 では、早速やってみましょう。 前回の要領で穴をあけた部品をアセンブリドキュメントで開いてください。 (M5の穴を座ぐりあり、なしで2箇所に開けました) 早速挿入してみましょう。 1:挿入したい部分をクリックして、 2:画面の右側にあるタブから本のマークをクリック。   Toolboxをダブルクリック。 JISなど使用する規格を選択。 いろんな種類がありますので挿入したいものを選んで ドラッグして近くに持っていきます。 近づけると自動的にはまりますので、マウスをうまく調整してください。 サイズウインドウも出てきますので、確定させます。 ネジが入りました!!!! ※座ぐりがある場合 図の場所を選択してくださいね。 では、変更していきます。 まずは長さの変更。 変更したいネジをクリックすると、 オレンジの矢印が出現します。 この矢印を ドラッグすると長さが変わります。 ネジをM5からM3に変更します。 該当するネジをツリーから右クリック。 出てきたメニューから「Toolbox 構成部品編集」を選択。 サイズのウインドウが出てくるので 選択し直すことができます。 または、画面左側のメニューから 変更できます。↓  ...