データ活用 Tag

3D CADデータを活用しよう ~3DPDF~

  3Dモデルは、製品の形状や構造を 視覚的に把握できます。 形状が“わかりやすい”ことが利点ですよね。 SOLIDWORKSでは3Dモデルを作成します。 わかりやすいモデルは 相手にイメージを伝えやすくなります。 活用しない手はないということで、   今回は、 3D CADは持っていないけれど データは見たい!! 普段3D CADを扱わない人に 簡単にデータを見てもらいたい!! そんなときに活躍する方法をご紹介します。   3D CADのデータを3D PDFに書き出す   今回は、こちらのアセンブリモデルを 3D PDFとして保存します。     <メニューバー>「保存」のプルダウンメニューから 「指定保存」をクリックします。   設定を次の通りに行い、保存をクリックします。 ファイルの種類:Adobe Portable Document Format (.pdf) 3D PDF保存:チェックを入れる 3D PDFを作成することができました。     作成した3D PDFは、 Adobe Acrobat Readerなどの ソフトがインストールされていれば、 ファイルを開いて閲覧することができます。 3Dデータは、マウスを使ってモデルを 拡大縮小、回転、平行移動などを行えます。     その他にも、部品を透明することもできます。 ホルダー部品のみを透明にしてみましょう。 まず、モデルツリーを確認します。 「モデルツリーの切り替え」をクリックします。 モデルツリーが展開されました。 ホルダーを右クリックし、「透明」を選択します。   ホルダー部品を透明にすることができました。 この他にも 簡易的な距離計測やパース表示にするなど できることは多いです。 お手軽で良い方法だと思いますので、 試してみてください。    ...

パンフレット等に!ネジをネジらしく見せる方法

  おねじを作った場合、 ネジに見えなくて困ったことありませんか? 分解図やパンフレットなど ビジュアル要素が必要な場合に使える方法をご紹介します。     さて、問題です。 こちらは、両方ともM10の長さ50mmの六角ボルトです。 ただ、片方は全ネジ仕様なのですが、 どちらかわかりますか? ・ ・ ・ ・ ・ 見分けがつきませんよね? そこで、ネジをねじらしく表示させる方法を行うと。 このように、分かりやすくなります。 左が全ネジ、右が通常の六角ボルトでした。   ************ では、やり方です。 ネジを設定したモデルのツリーの 「アノテートアイテム」の上で右クリック。 ショートカットメニューから「詳細設定」をクリック。 アノテートプロパティのダイアログボックスが表れます。 「シェイディングされたねじ山(I)」にチェックを入れ、 「OK」をクリックします。     ネジ長さを指定した部分だけ縞模様が現れ ネジらしく見えるようになりました。     注意していただきたいことは、 この表示を有効にしたまま操作すると SOLIDWORKSに負荷がかかり、動作が遅くなる可能性があります。 設計の際は、チェックをはずしておくことをお奨めします。  ...

フィーチャーに画像を貼り付ける

SOLIDWORKSでは、こんな風に 画像データを貼り付けることができます。    今日はその、「画像の貼り付け方」をお伝えします。 必要なものは、 PNGやJPGなどの貼り付けたい画像です。 曲面にも貼れるので、 私は円筒のフィーチャーを用意しました。 使用するコマンドは「デカル」です。 左側のツリーからディスプレイマネージャーへ。 真ん中のコマンドがデカルです。 「デカルライブラリを開く」ボタンの下当りで 右クリックすると、 「デカル追加」というメニューが 出てくるので、そちらをクリック。 画面が開きました。 参照から挿入したい画像を選びます。 次にマッピングタブに移り、 「選択ジオメトリ」が水色の選択状態で 貼り付けたい面を選択します。 できました。 ↓実際貼り付けた画像がこちらのJPG画像 ・・・なんだか背景がグレーに見えて、 「アレ?」という感じがしますよね。 でもこれ、光の当り具合によるので よく光の当たる場所ではしっかり白いことが確認できます! それから、背景を透過しているPNGも 貼れるのですが、そのままだと こんな真っ黒になってしまうのです。 プレビューと全く違いますよね。 そんな時は 「デカルイメージアルファチャンネルを使用」にチェック。 できました。 ご活用いただけたら幸いです。  ...

画像をなぞってスケッチを描く方法

本日のご質問、 デザイン画を取り込んで、なぞるように スケッチができる方法をご紹介します。 ============== よく動画で写真を取り込んでマウスの モデリングをしているのを見ていますが 解説が英語なのでイマイチ分かりづらい のですができましたら解説のほど 宜しくお願い致します。 又写真はどういう風に変換し 取り込んでいるか、お願い致します! ============== ご質問ありがとうございます。 (弊社発行のメルマガ読者様限定で 募集した質問に回答しています) 写真、基本的にピクチャファイル(jpg,png,gif,bmpなど) であれば使えます。 今回はシンプルで曲線のある形状としてハートを 例題にしました。(男性の方も是非トライしてくださいね) 上の画像を右クリックで画像を保存してください。 では、SOLIDWORKSで新規部品ドキュメントをひらいてください。 まずは画像の大きさを調整するため作図線で矩形を描いておきます。 (画像全体でも大きさを調整することはできますが、 余白込みになってしまうのでこのように欲しいもののサイズで指定します。) 面を選択してスケッチに入ります。 ツール→スケッチツール→スケッチ図 保存しておいたハートを開きます。 先ほどの矩形の中に納まるよう画像を調整します。 更に、背景の白も消していきましょう。 左のメニュー、下側の透明度の項目を ユーザー定義 にして、 スポイトで背景の白を指定、 透明度を1.00にします。 OKすると だいたいですが、取れました。 ココまでで一旦、このスケッチは終了させてください。 レイアウトスケッチのように、このスケッチは 直接立体化などしないスケッチになります。 (ツリーの名前を変更しておくと分かりやすいですよ!) あとは、またスケッチを新たに開始して スプラインなどで曲線をなぞるように描いていきます。 作成の途中でいらなくなったら非表示にすることも出来ます。 色々展開は出来ると思いますが、 私はドームコマンドを使ってプックリ膨らませてみました。 フリーハンドだけでこういった形状を作るのは難しいですが、 なぞるだけならすぐ出来てしまいますね! 「寸法を入れなくていいの?」 と思う方もいると思いますが、入れなくても大丈夫です。 ただ、一番最初の作図線のように 最大寸法は決めておいた方がいいです。 ****** 弊社で編集しているこの書籍でも詳しく解説してます! ↓こんな複雑な形状のクジラもスケッチ図があれば作れます! 作成過程を少しだけお見せすると、 側面と平面の図を2枚組み合わせて元を作り、 これを立体的に作り込んでいくのです。 こちらはサーフェスなど使って、難易度高いですので 興味ある方は書籍でご確認くださいね。...

ロゴのトレース

今回は【ロゴのトレース】をしてみたいと思います。   以前の「テキスト その1」 「テキスト その2」では文字を部品の面にスケッチしましたが、 今回はテキストではなく「ロゴ」などの「bmp」や「png」形式に保存した画像をスケッチ図として持ち込み、 トレースする方法をご説明します。               ↑まず、上の図のようなモデルをつくります。                               ↑今回は「CADRISE.bmp」の画像を取り込みます。 画像を挿入したい面にスケッチに入り、 「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ図」を選択します。                         ↑適度な位置に配置します。(《CAD》のみトレースします)                       ↑早速スケッチをはじめましょう。 画像を挿入したままの同じスケッチで、 「直線」と「スケッチフィレット」を用い《CAD》をトレースします。 トレースする図形によっては「円弧」や「スプライン」等を使い分けてください。                       ↑スケッチを終了します。                     ↑《CAD》をトレースしたスケッチを選択して、「フィーチャー」の「ラップ」をクリック。                       ↑「ラップパラメータ」の「浮き出し」を選択します。                       ↑つぎに「浮き出し」する「面」を選択し、ここでは厚さ「3.00mm」で、OKをクリックします。                       ↑ロゴを「浮き出し」でトレースできました。                       ↑また、「掘り込み」を選択し「3.00mm」の場合は上の図のようになります。 ※ 「線彫り」は、面上にスケッチの輪郭の2Dフィーチャーを作成することです。      ...

DXF/DWGの挿入

今回は【DXF/DWGの挿入】についてご説明します。 【DXF/DWGの挿入】は客先から図面を頂き、それを参考に設計したいとき等に便利です。 今回は上図の図面を挿入したいと思います。 新規部品ドキュメントから入ります。 スケッチを入れたい面を選択します。今回は「正面」にします。 メニューバーから挿入→DXF/DWGをクリックします。 すると図の画面が立ち上がります。「次へ」をクリックします。 単位が「Inches」になっていることが多いのでそういった場合は「Millimeters」にします。 挿入するレイヤーを選びます。ファイルが重いときは必要なものだけ選びましょう。 プレビュー表示されているので確認しながら選択できます。 今回はここでは特に設定を変えません。 DXFファイルを挿入できました。 スケッチを終了します。 これを部品としてアセンブリに組み込んだり、 レイアウトスケッチとして参照しながらモデリングしたり出来ます。  ...