ネジ Tag

「ねじ」の長さを追加する方法 – Toolbox

製品を設計する際には、 自分でモデリングを行う部品だけでなく 標準部品も使用しますよね。 そこでアセンブリ作成の効率を上げるために 使用する標準部品の追加機能が「Toolbox」です。 SOLIDWORKSのアドイン機能として 搭載されている「Toolbox」には、 さまざまな工業規格に対応した標準部品が用意されています。 それらの部品は、アセンブリドキュメントの画面上に ドラッグ&ドロップするだけで簡単に追加できます。 ※Toolboxが搭載されていないパッケージもあります。 Toolboxの使用方法はこちらから https://cadrise.jp/manual/so_manual/toolbox_bolts/ そんな素敵な機能ですが、 皆さんはToolboxを使用して ボルトを挿入しようとした際に、 “挿入したいボルトの長さがなかった” という経験はありませんか。 今回はToolboxに用意された既存のデータを編集し カスタマイズをする方法をご紹介いたします。 「Toolboxコンフィギュレーション設定」   まず、「デザインライブラリ」をクリックします。 (SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目が「デザインライブラリ」です。) 次に、「Toolboxコンフィギュレーション設計」をクリックします。   Toolboxの設定ダイアログボックスが開きます。   「ハードウェアのカスタマイズ」をクリック。   Toolboxの規格に「JIS」をクリックして選択します。   カテゴリから「ボルトとネジ」をクリック。   タイプに「六角ボルト」をクリック。   「全ねじ六角ボルト(部品等級A)」を選択します。   今回はボルトの首下の長さ変更したいので、 標準プロパティから「Length」をクリック。   「新規サイズを追加」をクリック。   「新規サイズ追加」ダイアログボックスが開きます 追加したいサイズと長さを入力し「OK」をクリック。   スクロールバーを移動すると1番下に 新しいサイズが追加されています。   いかがでしたでしょうか。 カスタマイズを行うと更に使い勝手が良くなりますね。 ぜひ、お試しください。...

簡単にねじ山のモデリングをする方法

ねじ山をリアルに見せたい時に どうやって3Dモデルで作成しようかと 悩んだことはありませんか。 作成するにしても ヘリカルとスパイラルコマンドで 螺旋を描きねじの谷スケッチを書き・・・ と大変だったかと思います。 そんな3Dモデルで ねじ山をリアルに作成するときに 便利なコマンドをご紹介いたします。   「ねじ山」 円筒形状に対してねじ山をモデリングできます。 (これはSOLIDWORKS2016からの機能です。)     メニューバー/挿入から、 「フィーチャー」→「ねじ山」をクリックします。     コマンドを実行すると 下図のようなアラートメッセージ現れます。 ※これは実際に加工する寸法が適用されたスケッチ輪郭ではないので、 3Dデータからの生産には用いないようにとのメッセージです。 OKをクリックします。   ねじ山コマンドが実行され、PropertyManagerが開きました。   今回は全ねじボルトを作成してみたいと思います。 まず、ねじ山を作成したいエッジを選択します。     選択するとプレビューが表示されます。     この時に、オフセットにチェックを入れ 距離を設定すると(場合によっては反対方向にチェック) モデル端までねじ山を作成することができます。     次に、押し出し状態を設定します。 今回は「次の選択まで」を選択し、六角ボルトの裏面を選択します。     選択するとプレビューが表示されます。   次にネジの仕様を設定します。 種類:「Metrir Die」 サイズ:「M4x0.7」 ねじ山の作成方法:「ねじ切り」にチェックを入れる   スクロールバーを下に移動して ねじ山のオプションを設定します。 「右ねじ」と「端面でトリム」にチェックを入れる       OKボタンをクリックすると、 ねじ山を作成することができました。   いかがでしたでしょうか。 簡単にねじ山を作成することができますね。     上記の方法でねじ山を作成したモデルを図面化すると、 作成された形状の通りに投影されるので実形図示になります。     図面でねじを通常図示したい場合は、 メニューバー/挿入から、 「アノテートアイテム」→「ねじ山」を使用してください。     こちらはネジ部を作成する方法でご紹介をしています。 https://cadrise.jp/manual/screwcreated/ あわせてご覧いただければ幸いです。    ...

沢山のねじ挿入時に便利!簡単に合致を付ける方法

みなさんは、作成したねじのモデルをアセンブリ内に挿入し、 合致をつける際、どのようにしていますか? 「既存の部品/アセンブリ」コマンドよりねじを読み込み、 ねじを挿入したい穴と合致をつけることが多いと思います。 しかし、同じ使い方をするねじの場合、 毎回同じ方法で合致をつけることは、 「とても手間だ」と感じる方も多いのではないでしょうか。 今回は、この手間を解消できる オススメのコマンドをご紹介いたします。 ****** まずは、ねじの部品ドキュメントを開きます。 フィーチャータブ「参照ジオメトリ」コマンドの フライアウトボタン▽をクリックします。 「合致参照」コマンドをクリックします。 合致参照をつけたい部分を選択し、OKボタンをクリック。 今回は、ねじの頭とねじ部分の付け根のエッジを選択します。 FeatureManager デザインツリーに 合致参照のフィーチャーが追加されました。 ※保存をして、ドキュメントを閉じます。 では、実際にアセンブリに挿入してみましょう。 (今回は、先に挿入したい穴を含んだ部品ドキュメントが、 アセンブリドキュメントに挿入してあります。) 合致参照をつけたねじの部品ドキュメントを、 ねじを挿入したい穴を目掛けて ドラック&ドロップで挿入すると 自動で合致がつきました。 いかがでしたか。 挿入する数が多くなればなるほど威力を発揮する この「合致参照」コマンド。 ぜひ、お試しださい。 また同様に、簡単にねじの挿入ができる方法として 【デザインライブラリ】にねじを追加登録して使用する方法があります。 こちらも使用頻度の高い部品・アセンブリデータを登録しておくと 簡単に挿入できる便利な機能になりますので 併せてご確認ください。 ***** よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】 https://cadrise.jp/manual/so_manual/designlib/ *****...

ネジ部を作成する方法

  前回ご紹介したネジをネジらしく見せる方法。 https://cadrise.jp/manual/indicatethread/ こちらで紹介したのは、見た目を「ねじらしく見せる」設定でした。   しかし、そもそもこのモデルにねじの設定をしていなければ、 表示できないのはもちろん、図面でもただのねじっぽい円柱になってしまいます。   そこで、今回はねじ部の作成方法をご紹介します。 この操作を行うと、しっかりねじ部が表示されます。 ※ねじ穴は「穴ウィザード」コマンドで作成できます。   ではねじ部の作成方法を見ていきましょう。 メニューバーの「挿入」から「アノテートアイテム」を選択し、 アノテートアイテム内の「ねじ山」をクリックします。   プロパティが開くので、ねじの設定をしていきます。   「円形エッジ」の選択エリアに、 ねじの開始点となるエッジをクリックします。 エッジを選択した後に、規格を選択します。 ここでは「JIS」を選択します。   次に、ねじサイズの設定を行います。 このモデルは、円筒の直径が10mmなので M10x1.5(並目)を選択しています。 ねじのサイズによって細目もあるので、 必要に応じて設定してください。   ねじサイズを設定したら、ねじの長さを設定します。 このモデルでは、端から25mmの長さに設定しています。 OKをクリックするとモデルにネジ部が作成できます。 前回ご紹介した「シェイディングされたねじ山」の表示を させていると、モデルに縞模様が現れて、 設定した長さにねじができていることが確認できます。   前回と今回のやり方を合わせると、図面にした時に上記ビューが作成できます。 今回はネジ部の作成方法をご紹介しました。  ...

パンフレット等に!ネジをネジらしく見せる方法

  おねじを作った場合、 ネジに見えなくて困ったことありませんか? 分解図やパンフレットなど ビジュアル要素が必要な場合に使える方法をご紹介します。     さて、問題です。 こちらは、両方ともM10の長さ50mmの六角ボルトです。 ただ、片方は全ネジ仕様なのですが、 どちらかわかりますか? ・ ・ ・ ・ ・ 見分けがつきませんよね? そこで、ネジをねじらしく表示させる方法を行うと。 このように、分かりやすくなります。 左が全ネジ、右が通常の六角ボルトでした。   ************ では、やり方です。 ネジを設定したモデルのツリーの 「アノテートアイテム」の上で右クリック。 ショートカットメニューから「詳細設定」をクリック。 アノテートプロパティのダイアログボックスが表れます。 「シェイディングされたねじ山(I)」にチェックを入れ、 「OK」をクリックします。     ネジ長さを指定した部分だけ縞模様が現れ ネジらしく見えるようになりました。     注意していただきたいことは、 この表示を有効にしたまま操作すると SOLIDWORKSに負荷がかかり、動作が遅くなる可能性があります。 設計の際は、チェックをはずしておくことをお奨めします。  ...

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

ネジ部分干渉認識を1つにまとめる

今回はお問合せを頂いていた続編をお伝えします。 ネジ穴にネジを入れた構造を作り、 干渉認識を計算すると、干渉が発生してしまいますよね。   でも、これは「取り除かなければいけない干渉」ではありません。 一つずつ確認して無視することも可能ですが、 【ネジに関する干渉】をまとめた1つのフォルダにいれることも可能です。     例として、下記のようなモデルを作成しました。 (穴ウィザードでネジ穴をあけ、 ツールボックスよりJIS規格のネジを挿入しています) 干渉認識では、3つの干渉が見つかりました。   ここで、その下にあるオプションから 「ファスナーフォルダの作成」 にチェックをいれます。   すると、 先ほどの3つの干渉がファスナーというフォルダに入りました。   ”ファスナー”合致で挿入された部品への干渉部分がフォルダに入ったということです。   このフォルダに移動されていない干渉は その他の問題が原因となり、検証が必要と一目で分かりやすくなります。   もう一つ、似たものに 「一致するねじ山フォルダ」があります。 こちらもまた解説していきますね。   お楽しみに♪...

アセンブリ上でネジを挿入する

⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 今回もメルマガ読者様から頂いた質問に回答します。 ========== アッセンブリーで、ツールボックスを使用して、 ネジ、ナットを設置することがあります。 設計変更になり、ねじの長さ、径を変えたい場合です。 元のパーツを後から変更することができないので、 新たにパーツを配置しているのですが、かなり面倒です。 何か良い方法はないのでしょうか? よろしくお願い致します ========== 前回穴ウィザードであけた穴にネジやナットを挿入します。 結論からいいますと、元のパーツから変更出来ます! 最後には変更方法までご案内しているのでご覧くださいね。 では、早速やってみましょう。 前回の要領で穴をあけた部品をアセンブリドキュメントで開いてください。 (M5の穴を座ぐりあり、なしで2箇所に開けました) 早速挿入してみましょう。 1:挿入したい部分をクリックして、 2:画面の右側にあるタブから本のマークをクリック。   Toolboxをダブルクリック。 JISなど使用する規格を選択。 いろんな種類がありますので挿入したいものを選んで ドラッグして近くに持っていきます。 近づけると自動的にはまりますので、マウスをうまく調整してください。 サイズウインドウも出てきますので、確定させます。 ネジが入りました!!!! ※座ぐりがある場合 図の場所を選択してくださいね。 では、変更していきます。 まずは長さの変更。 変更したいネジをクリックすると、 オレンジの矢印が出現します。 この矢印を ドラッグすると長さが変わります。 ネジをM5からM3に変更します。 該当するネジをツリーから右クリック。 出てきたメニューから「Toolbox 構成部品編集」を選択。 サイズのウインドウが出てくるので 選択し直すことができます。 または、画面左側のメニューから 変更できます。↓  ...