フィーチャー Tag

2D?3D?穴ウィザードの使い分け

  今日のご質問はこちら! ============== いつもメルマガ楽しみにしています。 幅広い方々が理解して、楽しく進めていけるように 色々工夫なさっていてとても勉強になります。 「アセンブリコマンド 穴シリーズ」についてですが、 一番おききしたいのは「3Dスケッチによる穴位置決めの利点」と 「どんな場合に使用していくのか」という事についてです。 フィーチャーコマンドの穴ウィザードについても 位置決めの際、どうしてはじめから3Dスケッチになってしまうのかがわかりません。 私は同じ平面にしか穴を打ったことがない為、予め面を選択し、 コマンドを起動することで、2Dスケッチのまま位置決めをしています。 でも、通常にコマンドを起動すると3Dになってしまうのは、 きっと3Dの方が使いやすい、または多くのニーズがあるのではないかと 考えてました。 やはり何か使い勝手がいいのでは?それを知らないだけでは??? と思っていますが、いかがでしょうか? ============== いつもお読みいただきありがとうございます。 穴をあけるコマンドはいくつかあり、 アセンブリ上では「穴シリーズ」といいますが、 今回は部品ドキュメント、フィーチャータブ内にある 穴ウィザードで解説をしていきますね。 (基本は同じです)       書いてもらっている通り、穴をあけるには2Dと3Dスケッチ、 両方の方法があります。 それぞれのメリットを確認します。 2D:編集しやすい。 スケッチ面が分かりやすい。 (以上のメリットはかなり重要なので、 2Dで出来るものは2Dを使うことをオススメします。) 3D:円筒面など曲面への穴あけが簡単。 フィーチャーが1つにまとまっているから変更が簡単。 (2Dで難しい時のみ使うという認識でもOK)     やり方も見てみましょう。 まずは2Dでは? このように穴をあけたい面を選択してから に入ります。     出てきた左側のメニューから穴の仕様を決めたら、位置のタブに移ります。 モデルの上にカーソルを持っていくと、穴のプレビューが表示されます。 先ほど選択した面(右側)に穴があけられます。 でも、高さの違う左側にはうまくあけられません。   =============== 他の面にも同じ仕様で穴を開けたい場合などに便利なのが 3Dスケッチを使った方法です。 今度はどこも選択しないでコマンドに入ります。     位置タブに移ると3Dスケッチのボタンが ありますのでクリックします。モデルの穴を開けたい場所をクリック。 ちょっと極端ですが、どの面にも同じ仕様の穴を一度にあけられました。 それぞれの穴は「点」コマンドになっていますので、 スマート寸法で最後に寸法を入力します。(青→黒点に変わります)                 さらに、3Dスケッチが生かされるのは曲面です。 曲面に穴を開けたい場合、3Dは便利です。 これを2Dでやろうとしたら大変ですよね。 3Dならワンクリックです。 あとから位置を決めていくので、 まずは大まかな位置でクリックして配置してください。   さらにここに、拘束を付けます。 拘束を付けるポイントは最初に基準面などの 面か軸と「一致」させることです。 ただ、面とだけだとまだ不足なので寸法も入れます。 点とエッジを選択したくなりますが、 円筒など曲線の場合、円の中心からになりうまく寸法が取れません。 下図のように側面を選択し、点との寸法を入れてください。   これで完全定義された穴が完成しました。 (さらに「円形パターン」を使えば、この円筒上にいくつも穴ができます!) 次回、ここにボルトを入れるなどネジ編に続きます。  ...

【回転・ロフト・組み合わせ】スプーンを作ってみよう03

https://cadrise.jp/manual/so_manual/spoon02/ ご好評いただいておりますスプーンの第3弾、 あと少しで完成です! 前回のこの形までは出来ていますか?? 大事な設定をお伝えしていなかったのですが、 この押し出し-薄板フィーチャーの設定画面にある □ マージする のチェックは外しておいてくださいね。 マージしてしまうと本体のソリッド(かたまり)と 一体化している状態なのであとで抜き取れなくなります・・・   今日はひとまずここまでを目指します。 最初はすくう部分のつぼを作っていきましょう。 まずはスケッチですね。 ◆ポイント◆ ・エンティティ変換でレイアウトスケッチをコピーしますが、 先端を少しとび出させます。 (端点をドラッグでスケッチを伸ばせます。その後寸法入力!) ・真ん中のブロックのスケッチはレイアウトの中点までにしてください。 (また端点をドラッグで中点まで縮めます。 うまく縮められない場合は中点に作図線を引いてトリムでもOKです) ・上の図では分かりやすいようオレンジ色で出していますが、 回転の軸になるよう中心線をいれてください。   【回転 ボス/ベース】 上のような設定にします。 ※ここでも「結果のマージ」にチェックが入らないよう注意してください。 このような形になりましたか?↓↓↓ では、柄とつぼを「ロフト」でつなぎます。 この次にやる「組み合わせ」では 要素をくっつけて1つになっている必要があるので オプションのチェックに気をつけてください。 押し出しと回転の薄板を作成するところでは 「マージする」のチェックを外すようお願いしておりましたが、 ここではチェックを入れます。 ただ、チェックを入れるだけではやはり本体のソリッドも 一体化してしまいます。   そこで、設定画面最下部にある 「フィーチャーのスコープ」です。 デフォルトの状態では「自動選択」になっていますが、 チェックを外し、「選択ボディ」をチェック。 2つの薄板(↓の緑と青)を選択します。 こうすることで、本体はマージせず、つぼと柄をつなぐことができます。       できましたか? ここまでできれば、あとはこの2つの要素の重なっている部分だけを抜き出します。 挿入 → フィーチャー → 組み合わせ 要素がしっかり作られていなければ「組み合わせ」を選択できません。 その時は今までの過程をもう一度確認してください。 ブーリアン演算を使って共通部分だけを抜き出しています。 こちら、詳しくは検索してみてくださいね。 最後に柄の端をフィレットで丸めたら完成です! 3回にわたってお伝えしてきましたスプーン、如何でしたか? 一つひとつの手順は分かっていても、 こうやって曲面を作るのはまだまだ大変な作業だったのではないでしょうか。 引き続きみなさんのお役に立てる情報を発信してまいります。  ...

【スイープ】SOLIDWORKS2016からの新機能

今回はSOLIDWORKS2016と2017で進化した機能のうちのひとつをご紹介します。 【スイープ】コマンド   無料メールセミナー「よくわかる便利機能編 その1 STEP3」では コイルばねのような立体的螺旋形状の作成方法をご案内しています。 作成方法をコマンドでご紹介すると 「ヘリカルとスパイラル」コマンドで螺旋のスケッチを描き、 【スイープ】コマンドで立体形状を作成します。   ーーーーーーーーーー これまでのバージョンの【スイープ】コマンドでは 「輪郭となるスケッチ」と「パスとなるスケッチ」の2種類が必要でした。 ですので、輪郭のスケッチを描くために、 パスとなる螺旋の先端に垂直になる面(法平面)を作成して 円の輪郭をスケッチをする必要がありました。 この”先端に垂直になる面を作成する”ことが難しくて、 何度も試行錯誤してしまう部分でもあります。   では、SOLIDWORKS2016からはどうなったのか? 【スイープ】コマンドを選択すると PropertyManagerの「輪郭とパス」に新たな選択肢があります。 ○スケッチ輪郭 ○円形の輪郭   スケッチ輪郭を選択するとこれまで通りです。   円形の輪郭を選択すると・・・・ 円の直径を入力するだけで 輪郭のスケッチが無くても肉付けできてしまうのです!! 円形であれば面の作成やスケッチの手間が省けて とっても簡単になりますよね。 (もちろん輪郭は法平面に作成されています)   さらに! 今まで輪郭スケッチがそのスイープの始点になっていましたが、 パスがあれば両方向に延ばせます。 パスの途中に輪郭を描いてもOKになりました。   さらにさらに! SOLIDWORKS2017からは、 輪郭の指定が「スケッチ」だけでなく「面」でもOKです。 (スケッチ輪郭で面を選択します) 輪郭にはすでに出来ているフィーチャーの面を選択することで パスだけをスケッチすれば【スイープ】が可能となりました。 どんどん便利になり嬉しいですね。 ...

角にRを付ける【フィレット】の活用方法

※フィレットと面取りの違いは下記よりご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/fillet/   フィレットの活用方法について解説します。 しっかり使いこなせば、ロフトを使わなきゃできないような形状が フィレットのあるコマンドで簡単にできてしまうなど、 操作も簡単になります。 その反面、フィレットをつける順番で形状が変わったり、 希望通りどころかエラーになってフィレットがつけられない、 なんてことも起こりえます。 今回は要点とコツをまとめました。   ◆フィレットタイプは4種類 (上画像のように固定サイズフィレットが初期設定になっています) 画像左から ・固定サイズフィレット 選択したエッジに対し、指定したサイズでのRをつける。 エッジを選択する他、面を選択しても面に接するエッジに適用される。 ・可変サイズフィレット 選択したエッジに対し、各部分にそれぞれのRをつける。 ・面フィレット 基準面と選択した面にあるエッジに対してRをつける。 ・フルラウンドフィレット 3面に対しRをつける。 3面であればロフト形状などの変形型にも適用され、簡単にRがつく。   ◆フィレットを一度に広範囲につけるには フィレットは直線エッジと、 (↓設定により)正接でつながれたエッジ上に適用されます。 フィレットを連続的に広範囲に適用させたい場合、 最初に角が無いよう、周りからフィレットをつけて 正接でつながるエッジにしておきます。 しかし、周りのフィレットのRがあまりに小さいと エラーになる可能性もありますので、 そういった場合は大きいRのフィレットからつけてください。   ◆フィレットをつける順番に注意 フィレットをつける順番によって形が変わる場合があります。 このような形状の2辺にフィレットをつけるとします。(青部分)   ①斜めを1番、底側を2番でフィレットをつけた場合 ②底側を1番、斜めを2番でフィレットをつけた場合 ※②では通常だと底板までフィレットが延長されます。 「正接の継続」チェックを外し、 フィレットオプションにて「エッジを保持」にチェックの 設定で行っています。 最後に、上手にフィレットをつけるコツをご紹介します。 ◆上手にフィレットをつけるコツ 1、大きいサイズのRからつける 2、一度につかない場合には小分けにしてつける 3、入れる順番に気をつける 4、できるだけ最後の仕上げにまとめてつける  ...

「フィレット」と「面取り」について

今回は【フィレットと面取り】について説明します。   「フィレット」は角がR(なめらか)になります。 「面取り」はその名の通り、角がとれます。 面取り・フィレットは即座に適用されます。       「フィレット」 下の図のように矩形を描き、フィーチャーで押し出しをします。             フィーチャーの「フィレット」をクリック。                 フィレットするアイテムに向かって左側のエッジを選択します。 (Rはここでは10.00mm) 下の画像のようになります。                 なめらかな角です。               「面取り」 今度はフィーチャーの「フィレット」の▼をクリックして「面取り」を選択します。                   「面取りパラメータ」に向かって右側のエッジを選択します。 (ここでは距離は10.00mm、角度は45度にします)                   完成です。                  ...

分割ライン②  ~分割ラインフィーチャーの活用~

例えば、シェルコマンドを利用してモデルの中身をくり抜きたい時                       分割ラインフィーチャーで分割した面を指定すると                           下の画像のようなくり抜きが可能になります        ...

分割ライン①  ~分割ラインフィーチャーの使い方~

【分割ラインフィーチャー】は、スケッチを投影して面を分割することができます。       分割ラインフィーチャーの使い方 【分割ラインフィーチャー】を作成するには、まず、分割したい面にスケッチを描きます。                         スケッチが描けたら、「コマンドマネージャー」の「カーブ」から、 「分割ライン」コマンドをクリックします。                     プロパティを左下の画像のように設定します。 分割タイプには「投影」を選び、スケッチを投影する面は、スケッチを描いた面を選択します。                           OKボタンをクリックして確定します。       スケッチの内側の面と外側の面をクリックしてみると、別の面になっていることが確認できます。                                    ...

テキスト その2

  今回は【テキスト その2】について説明します。       【テキスト その1】で説明した、「テキスト」コマンドの「その2」です。   今回は円柱に文字を入力してみます。 円柱に文字を書くには、「ラップ」を使います。 図のように平面から円柱を作ってみましょう。                     次に正面からスケッチに入り、「テキスト」をクリック。 「キャドライズ」と入力します。                           書体の設定をし、OKをクリック。スケッチを終了します。                   「キャドライズ」の文字を選択してフィーチャーの「ラップ」をクリックします。                             テキストを反映したい面を選択します。 ここでは、「浮き出しの3.00mm」に設定します。                             OKをクリックすると円柱に浮き彫りされた「キャドライズ」の文字ができます。                         ※表示タイプの「パース表示」をクリックするとモデルをより立体的に表示できます。    ...

押し出し状態の種類②

「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 押し出し状態の中から、モデリングに活用できる3つをご紹介します。 (※画像は全て「押し出しカット」したものです)   【① 端サーフェス指定】 .                 . スケッチ平面から、指定したサーフェス(面)まで押し出します。     . . 【② オフセット開始サーフェス指定】  .                         . 指定したサーフェスから一定の距離まで押し出します。 .     . . 【③ 中間平面】 .                   . スケッチ平面から、両側に等しく押し出します。 . .     ....

ブラインド

押し出し状態の種類①

「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 押し出し状態の中から、よく使用する3つをご紹介します。 (※画像は全て「押し出しカット」したものです) . 【 ① ブラインド 】                   . スケッチ平面から距離を指定して押し出します。       【 ② 全貫通 】 スケッチ平面から、既存するモデル形状を全て貫通するように押し出します。     . . 【 ③ 次サーフェスまで 】 スケッチ平面から、スケッチ輪郭と交差する次のサーフェス(面)まで押し出します。       ...