マルチボディ Tag

マルチボディの干渉認識

干渉認識コマンドは、アセンブリをした部品同士の干渉を 簡単に検出することができます。 SOLIDWORKS2019からこの干渉認識が部品ドキュメントの マルチボディで使用できるようになりましたね。 ※マルチボディ・・部品ドキュメント内に複数のソリッドボディがある状態   マルチボディでも使える「干渉認識」 干渉認識はこれまではアセンブリで使用できたコマンドです。 ここでは、 アセンブリドキュメントでアセンブリをしたモデルと そのモデルを部品ドキュメントのマルチボディに変更したモデル を使用して干渉認識を比較してみます。 使用するモデルは歯車ポンプです。 歯車は、円筒形の簡易的な形で作成しているため干渉が起きます。   ●アセンブリドキュメントでの干渉認識 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 上下の歯車に干渉が起きていることが確認できます。 (他にもネジ部に干渉が起きていますね)   ●部品ドキュメントでマルチボディ状態の干渉認識 次に、歯車ポンプのアセンブリをマルチボディ化したモデルで アセンブリと同様に干渉認識を行います。 ドキュメントは部品です。 (部品ドキュメントのアイコンとソリッドボディが複数あることが確認できます。) 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 アセンブリと同様の箇所に干渉が起きていることが確認できます。     このマルチボディの干渉認識は、 アセンブリドキュメント内にマルチボディの部品が含まれいる場合 も干渉を調べることができます。 これは、鋼材のようにマルチボディで構築する部品が混在する組立品で有効です。 (鋼材機能を使用するとマルチボディになります。) 下図のモデルは、 フレーム部:鋼材機能を使用して作成した部品 カバー:それぞれ作成した部品 それらをアセンブリドキュメントでアセンブリしています。 「干渉認識」コマンドで確認をします。 その際に、オプションの「マルチボディ部品の干渉部分を含む」にチェックを入れます。 「計算」をクリック確認すると・・・ マルチボディになっている鋼材部分に干渉があることがわかりました。 どうやら鋼材同士の突き合わせ処理を忘れたようですね。   まとめ マルチボディの干渉認識は、部品ドキュメントで使用する以外にも、 アセンブリドキュメントにマルチボディの部品が含まれている状態でも使用できます。 ぜひ、お試しください。 ――――――― 余談ですが・・・ SOLIDWORKS2018以前でマルチボディの干渉を確認するには、 「組み合わせ」コマンドで代用できますよ。...

かたまりの単位で扱うソリッドボディ

https://cadrise.jp/manual/so_manual/spoon03/ 今日は前回までの中で お伝えしきれなかった部分の解説回です。 「ソリッド」、「マージ」、「組み合わせ」、、 これらの用語は【マルチボディ】を理解する上で欠かせないものになります。 何気なく使ってしまっていた用語、しっかり解説していきます!   >マージしてしまうと本体のソリッド(かたまり)と >一体化している状態なのであとで抜き取れなくなります・・・ ↑こんな風に書いていた部分がありました。   【ソリッド】とは、「かたまり」 立体の単位で独立したソリッドを ドキュメント内で扱う時は【ソリッドボディ】といいます。 例えば最初のスケッチから押し出した↓は 1つの「ソリッド」です。(ソリッドボディ)   この時点ではまだ一つしかありませんが、 作業を進めてソリッドを増やしていき、例えばこのとき。 左側のツリーを見ると ソリッドボディが3つになっていることが分かります。 (ソリッドが1つのときにこのメニューはありません) しかし、次のロフトで柄とつぼの薄板を つなげて一つにするので 2つになりました。 (最初につくった押し出しのソリッドと ロフトでつなげたソリッドの2つ) ↓この状態の時です。   もし薄板を作っている時、 □ マージする というチェック項目を付けていたら 一体化しているので別のソリッドにはなっていませんでした。   このように、1つの部品ドキュメント内に複数のかたまりがあることを 【マルチボディ】といいます。     今回は「組み合わせ」というマルチボディ機能を使いたかったので このような作成方法を試してきましたが、 別々の部品ドキュメントに作ってアセンブリで構成することも出来るので、 可能な限りはアセンブリで作成することをオススメします。 それは、マルチボディで作るとかなり慣れた方でないと あとで修正などで手を加える作業の難易度が上がるからです。   得意なものが違うので、作りたい形状に合わせて マルチボディ・アセンブリを選択できるようになるといいですよね。    ...

【回転・ロフト・組み合わせ】スプーンを作ってみよう03

https://cadrise.jp/manual/so_manual/spoon02/ ご好評いただいておりますスプーンの第3弾、 あと少しで完成です! 前回のこの形までは出来ていますか?? 大事な設定をお伝えしていなかったのですが、 この押し出し-薄板フィーチャーの設定画面にある □ マージする のチェックは外しておいてくださいね。 マージしてしまうと本体のソリッド(かたまり)と 一体化している状態なのであとで抜き取れなくなります・・・   今日はひとまずここまでを目指します。 最初はすくう部分のつぼを作っていきましょう。 まずはスケッチですね。 ◆ポイント◆ ・エンティティ変換でレイアウトスケッチをコピーしますが、 先端を少しとび出させます。 (端点をドラッグでスケッチを伸ばせます。その後寸法入力!) ・真ん中のブロックのスケッチはレイアウトの中点までにしてください。 (また端点をドラッグで中点まで縮めます。 うまく縮められない場合は中点に作図線を引いてトリムでもOKです) ・上の図では分かりやすいようオレンジ色で出していますが、 回転の軸になるよう中心線をいれてください。   【回転 ボス/ベース】 上のような設定にします。 ※ここでも「結果のマージ」にチェックが入らないよう注意してください。 このような形になりましたか?↓↓↓ では、柄とつぼを「ロフト」でつなぎます。 この次にやる「組み合わせ」では 要素をくっつけて1つになっている必要があるので オプションのチェックに気をつけてください。 押し出しと回転の薄板を作成するところでは 「マージする」のチェックを外すようお願いしておりましたが、 ここではチェックを入れます。 ただ、チェックを入れるだけではやはり本体のソリッドも 一体化してしまいます。   そこで、設定画面最下部にある 「フィーチャーのスコープ」です。 デフォルトの状態では「自動選択」になっていますが、 チェックを外し、「選択ボディ」をチェック。 2つの薄板(↓の緑と青)を選択します。 こうすることで、本体はマージせず、つぼと柄をつなぐことができます。       できましたか? ここまでできれば、あとはこの2つの要素の重なっている部分だけを抜き出します。 挿入 → フィーチャー → 組み合わせ 要素がしっかり作られていなければ「組み合わせ」を選択できません。 その時は今までの過程をもう一度確認してください。 ブーリアン演算を使って共通部分だけを抜き出しています。 こちら、詳しくは検索してみてくださいね。 最後に柄の端をフィレットで丸めたら完成です! 3回にわたってお伝えしてきましたスプーン、如何でしたか? 一つひとつの手順は分かっていても、 こうやって曲面を作るのはまだまだ大変な作業だったのではないでしょうか。 引き続きみなさんのお役に立てる情報を発信してまいります。  ...