モデリング Tag

角にRを付ける【フィレット】の活用方法

※フィレットと面取りの違いは下記よりご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/fillet/   フィレットの活用方法について解説します。 しっかり使いこなせば、ロフトを使わなきゃできないような形状が フィレットのあるコマンドで簡単にできてしまうなど、 操作も簡単になります。 その反面、フィレットをつける順番で形状が変わったり、 希望通りどころかエラーになってフィレットがつけられない、 なんてことも起こりえます。 今回は要点とコツをまとめました。   ◆フィレットタイプは4種類 (上画像のように固定サイズフィレットが初期設定になっています) 画像左から ・固定サイズフィレット 選択したエッジに対し、指定したサイズでのRをつける。 エッジを選択する他、面を選択しても面に接するエッジに適用される。 ・可変サイズフィレット 選択したエッジに対し、各部分にそれぞれのRをつける。 ・面フィレット 基準面と選択した面にあるエッジに対してRをつける。 ・フルラウンドフィレット 3面に対しRをつける。 3面であればロフト形状などの変形型にも適用され、簡単にRがつく。   ◆フィレットを一度に広範囲につけるには フィレットは直線エッジと、 (↓設定により)正接でつながれたエッジ上に適用されます。 フィレットを連続的に広範囲に適用させたい場合、 最初に角が無いよう、周りからフィレットをつけて 正接でつながるエッジにしておきます。 しかし、周りのフィレットのRがあまりに小さいと エラーになる可能性もありますので、 そういった場合は大きいRのフィレットからつけてください。   ◆フィレットをつける順番に注意 フィレットをつける順番によって形が変わる場合があります。 このような形状の2辺にフィレットをつけるとします。(青部分)   ①斜めを1番、底側を2番でフィレットをつけた場合 ②底側を1番、斜めを2番でフィレットをつけた場合 ※②では通常だと底板までフィレットが延長されます。 「正接の継続」チェックを外し、 フィレットオプションにて「エッジを保持」にチェックの 設定で行っています。 最後に、上手にフィレットをつけるコツをご紹介します。 ◆上手にフィレットをつけるコツ 1、大きいサイズのRからつける 2、一度につかない場合には小分けにしてつける 3、入れる順番に気をつける 4、できるだけ最後の仕上げにまとめてつける  ...

終了しました

3次元CAD講習会(SOLIDWORKSモデリング編)in 長野県南信工科短期大学校

※ 終了しました。ありがとうございました。 3次元CAD講習会(SOLIDWORKS モデリング編) in 長野県南信工科短期大学校 日程 2016年 9月7日(水)、8日(木)(2日間) 時間 9:00 ー 16:00 お申込み・お問合せ先 長野県南信工科短期大学校 担当:木下 TEL0265-71-5051 FAX:0265-72-2064 〒399-4511  上伊那郡南箕輪村 8304-190 E-Mail:nanshinkotan@pref.nagano.lg.jp http://www.nanshinkotan.ac.jp/ ...

3次元CAD SolidWorks練習帳

入門の次はこれでモデリング練習   難易度:★★☆☆☆ 価格: 2,200円(本体2,000円+税10%) 出版社: 日刊工業新聞社   基本形状から花などの身近なもの、複雑な形状の応用まで全50のモデリング課題を掲載。 図面をもとに形状を3Dモデルを作成していきます。 操作方法習得の近道は、何度も練習することです。 入門書で学んできた操作や機能をこちらの課題で繰り返し使うことで、 形状のモデリング力が高まり操作スピードも上がります。   【作成課題例】 40以上の課題を図面から3Dモデルを作成する練習帳です。      ...

3次元CAD SolidWorks「板金」練習帳

板金用3Dモデルを学べる練習帳   難易度:★★★☆☆ 価格: 2,200円(本体2,000円+税10%) 出版社: 日刊工業新聞社 練習用課題として板金製品・組立製品の板金部品含めて50以上掲載。 板金の3Dモデルを効率よく作成する方法を学べ、モデリングスキルが向上します。 巻末にSheetWorksの基本操作ガイドを収録。 ※スケッチや拘束などの基本操作は省略箇所もあるため、 入門書籍などを既に学ばれた方におすすめです。   【作成課題例】 さまざまな形状の板金モデル課題を図面から3Dモデルを作成する練習帳です。          ...

よくわかる3次元CADシステム 実践SolidWorks

トップダウン設計でより実践的な設計手法を学ぶ   難易度:★★★★☆ 価格: 3,520円(本体3,200円+税10%) 出版社: 日刊工業新聞社   3次元設計手法【マニホールドデザイン】を概念から詳しく習得できます。 部品を作成してアセンブリで組み立てるボトムアップ設計ではなく、 全体構成を考えてから部品を作りこんでいくトップダウン設計を マルチボディ機能を使用して解説しています。 ※トップダウン設計は新しく製品を設計するときに有効な方法です。 操作方法は、図などのビジュアルと手順で分かり易くお伝えしています。   【作成課題】 ミニカー      ...

練習帳【f 39】40-10x90°カットの方法(39P)

            【基本形状応用 f】完成モデル   弊社発行の『Solidworks 練習帳』39Pの 【基本形状応用 f】作成方法について お客様よりお問合せいただきましたので、 操作マニュアルでも掲載いたします。 ご参考になれば幸いです。 ※SOLIDWORKS2014にて回答しております。 ご使用のバージョンにより 多少ですが操作方法が異なります。 ご了承ください。   ***************** <40-10x90°カットの方法> 今回ご案内するのは、上の完成モデルの 中央上部、三角にカットされている部分です。 ================= 詳しい操作方法の前に、 大まかな流れをご案内します。 (1)40幅の三角形をスケッチ (2)10幅の三角形をスケッチ (「エンティティのミラー」使用) (3)「ロフトカット」で 2つの三角形をつなげてカット =================   <操作手順>           直前までの形状はこのような形になります。 ここからスタートします。     (1)40幅の三角形をスケッチ ⇒水色部分を作ります           正面の長方形部分を選択します。 「スケッチ」タブ→「直線」内→「中心線」 を使用し、上辺中心から垂直に 「中心線」を引きます。   「直線」にて中心線の下部から 三角形の斜め線を左右どちらかに 1本引きます。   「エンティティのミラー」を選択 下記のようなメニューが出現します。             ミラーコピーする方に斜めに書いた「直線」 ミラー基準に「中心線」を選択すると、 図のような黄色い線が出現します       「OK」すると 左右対称の三角形ができました!     スマート寸法にて三角の幅と (斜め線上端の点同士の距離) 角度を内角90度に設定します。 (斜めの2線を選択)   最後に三角形最後の直線を追加し、 閉じます。     (2)10幅の三角形をスケッチ (1)の40幅の三角形と同じ手順で 背面に10幅の三角形を作成します。     (3)「ロフトカット」にて   2つの三角形をつなげてカット   1、2の手順で作成した 2つの三角形を輪郭メニュー内に 順番に指定します。       「OK」するとカットが完成します。   ...

21

フィルパターン

今回は[フィルパターン]についてご説明します。   [フィルパターン]とは定義された領域にフィーチャーのパターンや 定義済みのカット形状を配置し、フィーチャーパターンを作成する機能です。   フィルパターンは 境界の選択→パターンレイアウト(配列形状)の選択→パターン化するフィーチャーの選択 といった順序でパターン化します。   最初に「境界の選択」から行います。 まず境界線となるスケッチを描きます。   境界線が描き終わったら一度スケッチを終了します。   次に「パターンレイアウト(配列形状)の選択」をします。   <フィーチャータブ/パターン>フィルパターンをクリックします。   先ほど描いたスケッチを選択し、パターンレイアウトを選択します。        ※今回は穿孔を選択します。 次に「パターン化するフィーチャーの選択」をします。         ※今回は菱形を選択します。   今回はこのように設定してみます。                   そしてOKをクリックして完成です。   今回はパターン化するフィーチャーをSOLIDWORKSで用意されているものから選択しましたが、自分で作成した形などをパターン化することも可能です。...

スマート寸法

今回は【スマート寸法】について説明します。   寸法は、作成したスケッチ線の長さや角度を入力するのに必要なコマンドです。 寸法には、「線の長さ・円の径の大きさ・角度」などがあります。 これらの数値を入力することで3Dモデルの形にします。     ここでは「直線」で適当な三角形を書き、線の長さと角度の寸法を入力し、 図形の大きさを整えていきます。                                           コマンドマネージャーから「スマート寸法」をクリックするか、 または、マウスの右クリックをして下の図のように「スマート寸法」を出します。       「スマート寸法」を選択したら左の一辺をクリックしてみましょう。                         カーソル寸法がついてくるので、画面上適当な箇所でクリックします。                   クリックすると下記のような図が出てくるので、そこで「100」と入力します。 「enter」もしくはOKをクリックすることで、線の長さが確定します。                                             寸法配置プロパティ主要値に、現在選択している寸法の長さが表示されます。 ここの数値を変更することでも、長さを変えることが出来ます。               角度を入力したい場合は、まず先に「スマート寸法」をクリックし、 その角度にあたる左右の直線をそれぞれクリックします。 すると寸法の表示が角度に変わります。                 --------------------------------- 重複して寸法を入れてしまうと、下記のように黄色に変わりエラーとなります。 その場合は問題解決ができなくなるので、「キャンセル」をクリックし、 重複しないように気をつけましょう。                 ●従動寸法に設定 ・参考寸法扱いになり、エラーを回避できます。ただし、寸法の変更が出来ません。 ●駆動寸法のままに設定 ・エラー(重複寸法)になります。黄色に表示されている箇所が矛盾している部分です。 削除することで矛盾が解決します。                                                    ...

完全定義

今回は【完全定義】について説明します。 矛盾のない完全なモデルを作成するには、スケッチを完全定義にする必要があります。 完全定義とは、図形に寸法や幾何拘束などの情報を与えて形状を定義することです。     スケッチの定義状態には、次の3種類があります。 ●未定義…スケッチの定義が不十分な状態 (青色で表示) ●完全定義…スケッチの情報が完全である状態 (黒色で表示) ●重複定義…スケッチの寸法が重複していたり、拘束が矛盾している状態(黄色で表示)               スケッチを完全定義にするには、「スケッチの形状・大きさ・位置」の情報を 不足なく与えると完全定義になります。   形状の情報 (どのような形をしているか…ここでは長方形)                   大きさの情報 (大きさはどのくらいか)                     位置の情報 (空間のどこにあるのか)                   未定義のスケッチでもフィーチャーを作成することは可能ですが、 後の変更のためには、完全定義にしておくことが望ましいです。 また、重複定義(未解決・無効)のスケッチは、 モデルがエラーになるので必ず修復しましょう。                ...