ラップ Tag

ロゴのトレース

今回は【ロゴのトレース】をしてみたいと思います。   以前の「テキスト その1」 「テキスト その2」では文字を部品の面にスケッチしましたが、 今回はテキストではなく「ロゴ」などの「bmp」や「png」形式に保存した画像をスケッチ図として持ち込み、 トレースする方法をご説明します。               ↑まず、上の図のようなモデルをつくります。                               ↑今回は「CADRISE.bmp」の画像を取り込みます。 画像を挿入したい面にスケッチに入り、 「ツール」→「スケッチツール」→「スケッチ図」を選択します。                         ↑適度な位置に配置します。(《CAD》のみトレースします)                       ↑早速スケッチをはじめましょう。 画像を挿入したままの同じスケッチで、 「直線」と「スケッチフィレット」を用い《CAD》をトレースします。 トレースする図形によっては「円弧」や「スプライン」等を使い分けてください。                       ↑スケッチを終了します。                     ↑《CAD》をトレースしたスケッチを選択して、「フィーチャー」の「ラップ」をクリック。                       ↑「ラップパラメータ」の「浮き出し」を選択します。                       ↑つぎに「浮き出し」する「面」を選択し、ここでは厚さ「3.00mm」で、OKをクリックします。                       ↑ロゴを「浮き出し」でトレースできました。                       ↑また、「掘り込み」を選択し「3.00mm」の場合は上の図のようになります。 ※ 「線彫り」は、面上にスケッチの輪郭の2Dフィーチャーを作成することです。      ...

テキスト その2

  今回は【テキスト その2】について説明します。       【テキスト その1】で説明した、「テキスト」コマンドの「その2」です。   今回は円柱に文字を入力してみます。 円柱に文字を書くには、「ラップ」を使います。 図のように平面から円柱を作ってみましょう。                     次に正面からスケッチに入り、「テキスト」をクリック。 「キャドライズ」と入力します。                           書体の設定をし、OKをクリック。スケッチを終了します。                   「キャドライズ」の文字を選択してフィーチャーの「ラップ」をクリックします。                             テキストを反映したい面を選択します。 ここでは、「浮き出しの3.00mm」に設定します。                             OKをクリックすると円柱に浮き彫りされた「キャドライズ」の文字ができます。                         ※表示タイプの「パース表示」をクリックするとモデルをより立体的に表示できます。    ...