ループ選択 Tag

連続するエッジを簡単に選択する

複雑な形状の輪郭を参照する際に “ここからここまでのエッジを選択したいのにうまく選択できない” ということがあります。 連続する接続エッジを選択する場合、 細かいエッジがたくさん含まれていると選択しにくいですよね。 今回は、 指定エッジから指定エッジまでの 「連続したエッジを簡単に選択する方法」 をご紹介いたします。   「部分ループ選択」 「部分ループ選択」とは、指定エッジから指定エッジまでの連続したエッジを 簡単に選択することができる機能です。 例えば下図のように、連続したエッジを選択したいときに使うと便利です。 今回は時計回りにエッジを選択してみます。 手順 (1) 選択の開始となるエッジをクリックします。 (2) 「Ctrl」キーを押しながら選択の終了となるエッジを「右クリック」します。 (3) メニューから「部分ループ選択」をクリックします。 (4) 部分的に連続したエッジを選択することができました。 注意点 手順(2)では、中点より始点に近い側を右クリックすること。 上図のように中点より終点に近い側(赤い矢印のあたり)を右クリックした場合は、始点から反時計回りに連続したエッジが選択されます。 ※ ソリッドボディのエッジを選択する場合は、選択エッジが同じ面上にある必要があります。   まとめ いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介した「部分ループ選択」は、細かいエッジが含まれていればいるほど効果を発揮します。 操作方法はとても簡単ですが、かなりの時間が短縮できますね。   補足「ループ選択」 接続エッジの外周を一度に選択する方法には 「ループ選択」があります。 こちらもあわせてご確認ください。 https://cadrise.jp/manual/so_manual/loop/ ...

ループの選択

スケッチを描いていて、既にあるエッジやスケッチを参照することは多いかと思います。 そういった場合、エンティティ変換やエンティティオフセットなどを使います。 その際Ctrlを押しながらクリックすることで複数のエッジを選択します。 しかし、複雑になればなるほど手間が増えてしまいます。 また、形状的にエッジが隠れて選択しづらいときもあるかと思います。 そこで「ループ選択」を使います。   たとえば下図が完成としましょう。                 星型のスケッチを描き、押し出します。                 新たにスケッチに入ります。                 エッジを右クリックすると、メニューがあらわれるので 「ループ選択」を選びます。                 「ループ選択」を選ぶことによって そのエッジに隣接する面の外周を一気に選択できます。 そして「エンティティオフセット」をクリック。                 「反対方向」にチェックをします。               「押し出しカット」をクリック。               完成。                 外周の方向を反転することも出来ますので 必要とする外周でなかった場合はハンドルにより修正してください。             作業の効率化に役立てましょう。      ...