仮想交点 Tag

丸みのあるコーナー部に仮想交点を表示するには

2D図面作図の際、「丸みのあるコーナー」に寸法を入れるには、 仮想交点が必要になります。 もし、あなたがスケッチの直線で仮想交点を作図しているのなら、 今回の記事が有益です。 スケッチの直線を作図して仮想交点を作るよりも 手軽な方法をご紹介します。     「仮想交点」の作成方法 1. 仮想交点が必要な2本の直線をCtrlキーを押しながら、 順番にクリックして選択します。 2. そして、スケッチツールの「点」をクリックします。 3. 選んだ2本の直線の仮想交点が作成されます。 4. 残りの仮想交点も作成します。 5. 寸法入力は、この仮想交点をクリックします。 いかがでしたか? 仮想交点が簡単に作成できたと思います。 ぜひ、ご活用ください。  ...

仮想線の表示設定

以前ご紹介したスケッチフィレットで、 仮想交点のつけ方についてもご紹介しておりました。 スケッチフィレットを使いこなす【仮想交点】     そして、このときに使っている仮想線についても、 表示方法が選べるってご存知でしたか?   例えば、このようにしっかり線を表示するものや、 下図のように点(星)だけで表示させることもできます。   これはお好みで変えることができます。 複雑な曲線を作ったら沢山の線があって わかり難いなという場合も 変更することでスッキリしますよ。   それでは早速設定方法です。 【ツール】→【オプション】→【ドキュメントプロパティ(下図)】→【寸法】→【仮想線】   設定できるのは プラス・星・補助線・点・なし の5種類。 選んだらOKをするだけで簡単に変わります。   お試しくださいね^^    ...

スケッチフィレットを使いこなす【仮想交点】

今回はフィレットの第2弾。 「スケッチフィレット」について。 (弊社『SolidWorks練習帳』ミニカーなどでも 使用されるテクニックのご紹介) このような2つの直線のコーナーを 「スケッチフィレット」で スケッチの段階でフィレットをつけることができます。 ↓↓↓     でも、先にフィレットを入れてしまうと 寸法を入れる際に選択されるのは このように、フィレットの手前までの寸法になります。   ※先に寸法を入れてから「スケッチフィレット」すれば 上図のように入ります。 しかし、場合によってはこのような寸法を 後から追加したいケースもありますよね。     そんなときにどうしたらいいのかというと、 『仮想交点』を作ります。 2つの直線の仮想延長上の交点に点をうち、 寸法を拾える状態にします。   【方法】 1) 2つの直線をCtrlキーを押しながら選択します。 2)点コマンド 3) できました!   交点を選択できるようになります。  ...