合致 Tag

アセンブリで仮の合致をつける

アセンブリドキュメントで部品をアセンブリする際に 部品同士に“拘束は付けたくない” でも、“指定する位置に部品を配置したい” そんな場合はありませんか。 今回は、 弊社書籍「3次元CAD SolidWorks練習帳」に掲載のモデル「水羽車」を例に、 有効なオプションをご紹介します。   合致コマンド「位置付けのみに使用」を使う こちらの「水羽車」のアセンブリドキュメントを使って実際にやってみましょう。 水羽車を側面から見ると回転するブレード部分が傾いています。 このブレード部分を下図のように、 “垂直にした状態で維持したい!”けれど稼働する箇所なので“合致をつけて固定をしたくない!” そんなときの合致の方法です。 まず、ブレードのパーツの平面とアセンブリの平面を一致させます。 ( ※ わかりやすいよう平面を表示にしています。)     <アセンブリタブ> →「合致」を選択します。   アセンブリの平面とブレードの平面を選択し、「一致」の合致をつけます。 ※ プレビューでブレード部が垂直になっていることが確認できます。   しかし、このまま「OK」を選択すると、合致の拘束がついてモデルが稼働しません。 ※「一致」の合致拘束がついて可動部が動かないことがわかります。   そこで、オプションの「位置付けのみに使用」にチェックを入れます。 これで合致拘束をつけずに位置決めをすることができます。 「OK」を押して合致コマンドを終了します。   すると、見た目はブレードが垂直になって固定されているようですが・・・ ブレードパーツをドラッグすると 合致情報がついていないためブレードが回転します。 また、合致は FeatureManager デザインツリーに履歴として追加されません。   まとめ 合致コマンドで 「位置付けのみに使用」にチェックを入れると 構成部品は合致によって定義された位置に移動するが 履歴として残らない 仮の合致 をつけることができます。 アセンブリで部品を組み付けるときに、 部品の収まりや距離の確認を簡単に確認できるので便利です。 いろいろ試してみてくださいね。...

部品の動きを確認しよう ~制限合致②~

  前回に引き続き、【制限合致】のご紹介です。 第1弾はこちらから ↓ ↓ ↓ 部品の動きを確認しよう ~制限合致①~ https://cadrise.jp/qanda/limit-mates/   第2弾の今回は、 [サブアセンブリのフレキシブル化]です。 下図の前回のアセンブリを 最終組立となるアセンブリに挿入して 動きを確認します。 コンフィギュレーションとは違い 可動範囲もリアルにわかるのでとても便利です。       [サブアセンブリのフレキシブル化]   まず、2種類のアセンブリを用意します。 ①トップアセンブリ (装置全体の最終組立品のこと) ②サブアセンブリ (トップアセンブリを構成する組立品のこと) ※今回の②は前回で【制限合致】をつけたアセンブリを指します。   実際にサブアセンブリを挿入したトップアセンブリ   ところが・・・   サブアセンブリ作成時は 制限距離の範囲で動いたテーブルが、 トップアセンブリに挿入すると動きません。 これはサブアセンブリが“リジット”という 固定された状態だからです。   そこで、サブアセンブリを“フレキシブル”という 固定されていない状態にする必要があります。 ※SOLIDWORKSのデフォルト設定では、 トップアセンブリの中でサブアセンブリは 一つのユニットとして動作するため 固定される仕様です。   ツリーからサブアセンブリを右クリック。 コンテキストツールバーから 「サブアセンブリをリジットに指定」をクリックします。   すると・・・ サブアセンブリがフレキシブルになります。   ツリーをよく見るとフレキシブルに設定したアセンブリは、 アイコンが変わっています。 どのサブアセンブリがフレキシブルで 可動するのかすぐにわかりますね。     フレキシブルにしたことで、 サブアセンブリのテーブルは 制限合致で定義した可動域の範囲で移動します。     より具体的に動きを再現することができますね。 ぜひお試しください。    ...

部品の動きを確認しよう ~制限合致①~

  装置設計で機械の動きを表現する場合、 コンフィギュレーションを用いることがあります。 コンフィギュレーション機能は、 1 つのドキュメント内に 形状違いなど複数の部品やアセンブリモデルを作成できます。   例えばシリンダなどの装置設計で動きをみる際に コンフィギュレーションを用いた場合は 「最大」や「最小」といった特定の位置の状態を再現できます。 コンフィギュレーションの追加はこちらから https://cadrise.jp/manual/so_manual/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%bf%bd%e5%8a%a0/     設計をするときに、 「実際の動きを確認しながら設計をしたい」 と思ったことありませんか? 今回ご紹介するコマンドを使用することで、 部品がどのように動くのかを表現することができます。 2回に渡ってご紹介する内容はこちら☟ 第1弾 【制限合致】 第2弾 【サブアセンブリのフレキシブル化】     今回は、設定をするにあたっての準備段階 【制限合致】 です。   まず、動きを持たせたいアセンブリを用意します。 今回は、テーブルが下記の設定で移動します。 ・テーブルの中心と下部品の端の移動量250mm 最小値:70mm(下部品端から) 最大値:320mm(下部品端から)   移動前(最小値)   移動後(最大値)       それでは、距離を制限した合致をつけましょう。 アセンブリタブ→「合致」コマンドをクリック。 合致設定に、図の2つ面を選択します。 「詳細設定合致」を展開し、「制限合致」をクリック。 距離に最小値:70mm(下部品端から)が選択されます。 最大値と最小値を設定します。 最大値:320mm(下部品端から) 最小値:70mm(下部品端から)   合致コマンドを終了します。 移動距離を制限した合致をつけることができました。   距離制限をつけたことにより テーブル可動域の範囲で移動します。     次回は、このアセンブリ部品を 実際の装置(トップアセンブリ)に挿入して動かします。 【サブアセンブリのフレキシブル化】 ご期待ください。...

沢山のねじ挿入時に便利!簡単に合致を付ける方法

みなさんは、作成したねじのモデルをアセンブリ内に挿入し、 合致をつける際、どのようにしていますか? 「既存の部品/アセンブリ」コマンドよりねじを読み込み、 ねじを挿入したい穴と合致をつけることが多いと思います。 しかし、同じ使い方をするねじの場合、 毎回同じ方法で合致をつけることは、 「とても手間だ」と感じる方も多いのではないでしょうか。 今回は、この手間を解消できる オススメのコマンドをご紹介いたします。 ****** まずは、ねじの部品ドキュメントを開きます。 フィーチャータブ「参照ジオメトリ」コマンドの フライアウトボタン▽をクリックします。 「合致参照」コマンドをクリックします。 合致参照をつけたい部分を選択し、OKボタンをクリック。 今回は、ねじの頭とねじ部分の付け根のエッジを選択します。 FeatureManager デザインツリーに 合致参照のフィーチャーが追加されました。 ※保存をして、ドキュメントを閉じます。 では、実際にアセンブリに挿入してみましょう。 (今回は、先に挿入したい穴を含んだ部品ドキュメントが、 アセンブリドキュメントに挿入してあります。) 合致参照をつけたねじの部品ドキュメントを、 ねじを挿入したい穴を目掛けて ドラック&ドロップで挿入すると 自動で合致がつきました。 いかがでしたか。 挿入する数が多くなればなるほど威力を発揮する この「合致参照」コマンド。 ぜひ、お試しださい。 また同様に、簡単にねじの挿入ができる方法として 【デザインライブラリ】にねじを追加登録して使用する方法があります。 こちらも使用頻度の高い部品・アセンブリデータを登録しておくと 簡単に挿入できる便利な機能になりますので 併せてご確認ください。 ***** よく使う部品を簡単に呼び出す【デザインライブラリ】 https://cadrise.jp/manual/so_manual/designlib/ *****...

合致そのまま 構成部品の置き換え方法

  改造設計などをおこなっている時、 アセンブリした部品を別の部品に置き換えたい。 そのような時、合致もそのままで部品も置き換えられれば便利ですよね。   今回は、こういった場合のオススメ方法をご紹介します。 ************* まず、部品を置き換えたいアセンブリドキュメントを開きます。 置き換えたい元の部品を右クリックして、 表示されるメニューから「構成部品置き換え」をクリックします。   ①プロパティの「次の構成部品の置き換え」に、今選択した部品が選択されています。 ②「参照」をクリック。     ③ダイアログボックスから、新しく置き換えたい部品を選択します。   プロパティに戻り、「OK」をクリックすると、合致を置き換えるためのプロパティに変わります。 ※必要ない合致がある場合には、ここで削除することも可能です。 OKをクリック   簡単に構成部品を置き換えることができました。     元の部品と変更したい部品のモデリング履歴が同じ場合は、合致のエラーが発生せず変更できます。 しかし、違う場合には合致のエラーが発生します。   【構成部品の置き換え】を使用する場合、 新しく置き換える部品は、元の部品を修正して作成することをオススメします。 気になった方は是非お試しください。  ...

思うように動かないアセンブリの克服

本日はアセンブリで困った場合の対処法を2つお伝えします。     まずは先週から引き続いて机のレイアウトをしていた時のこと。 【部品の合致を反転させたい】 アセンブリで机を2つ出してきました。 この2つの机を【向かい合わせ】で配置したい と考えていました。 最初に2つの机を床と合致をつけます。 そして、机の奥の壁同士に「一致」をつけます。 あれ? 横並びになってしまいました。   向かい合う為には合致の向きを反転させたいです。 どうすればいいのでしょうか?     こういった場合は 左側の合致設定画面にあるボタン これを変えます。 向かい合わせになりました! 「一致」の他に「同心円」などでもこの整列状態の ボタンは出てきますので覚えておいてください。 ※今回床面との一致を入れてから回転させましたが、 合致の付ける順番や場所によってはこのように思わぬ方向に 回転してしまうこともあります。研究してみてください。   今回は「合致」を使って部品の向きを 変える方法をご紹介しましたが、 部品を挿入したときにマウスの左ボタンで ドラッグして部品自体を回転させる方法もあります。 部品点数が多い場合などは先に部品を回転させるのも有効です。     【部品が中に入って取り出せない!?】 大きい部品と小さい部品をアセンブリする時、 誤って小さい部品が中に入ってしまうことがあります。 確かに中にある・・・ でも選択ができないから取り出せない! どうすればいいのでしょうか?   取り出す方法は2つあります。 【方法1:外側を透明にする】 ツリーから外側の部品をクリックして コンテキストツールバーを表示。 「透明度変更」をクリック。 外側が透明になり、中の部品を選択できるようになりました。 【方法2:ワイヤーフレーム表示へ】 ヘッズアップビューツールバーから 「表示スタイル」を【ワイヤーフレーム】へ変更します。 ↓ 中の部品を選択できるようになりました。   如何でしたか? お役に立てる時があれば幸いです。...