外観 Tag

3Dモデルに自分好みの外観を設定する_SOLIDWORKS

SOLIDWORKSで3Dモデルに色を付けたり材質を設定したりするには外観を設定します。 デフォルトでもさまざまな色や材質の外観が用意されています。 しかし、モデルに外観を付けたけれど、 ”デフォルトの外観だとモデルの雰囲気に合わない” そんな時にお試しいただきたい方法をご紹介します。 ご紹介するのは外観を適用した3Dモデルに 1.色を設定する方法 2.表面の質感(テクスチャー)を設定する方法 コマンドは「外観編集」-「詳細設定」です。   下準備 まず、瓶のモデルに外観を設定します。 (今回は「ガラス(透明)」を付けています。)   ▼外観の設定方法はこちらからご確認ください。 「3Dモデルの見た目をツルツルにする_SOLIDWORKS」より「外観(素材)の設定」   それでは本題です。   1. 色を設定する 外観をガラス(透明)に設定したモデルに色の設定をします。 ①「DisplayManager」タブを選択 ②「外観表示」をクリックしONにします。 すでにモデルについている外観が表示されます。 ③「ガラス(透明)」を右クリックします。 ④メニューから「外観編集」をクリックします。   外観編集のPropertyManagerに切り替わります。 ⑤「詳細設定」をクリック。   ⑥「色/イメージ」タブの「色」で任意の色の設定が可能です。 ⑦お好みのカラーをクリックします。 (ここでは深緑に変更しました。)   ※カラーは赤枠部分でさらに細かく変更が可能です。  RGB(赤、緑、青)の数値を指定するか、スライダーで調整して設定ができます。   下図のようにさまざまなカラーに変更が可能です。   2 表面の質感(テクスチャー)を設定する 現在、表面はガラスのツルっとした質感ですが、すりガラスの様な細かい凹凸のある質感へ変更します。 ①「表面粗さ」タブをクリックします。 ②「粗2」に変更し、 ③「OK」をクリックします。   ④すりガラスのような質感(テクスチャー)になりました。   外観編集の「表面粗さ」タブには他にもたくさんの質感が入っているほか、 「イルミネーション」タブでは、さらに細かく透明度や反射率などの変更が可能です。   まとめ 外観を適用した3Dモデルの外観の色や質感を変更するには「外観編集」コマンドです。 外観をさらにカスタマイズできるので、ぜひお試しください。   ...

3Dモデルに画像を貼り付ける_SOLIDWORKS

SOLIDWORKSでは3Dモデルに 画像データを貼り付けることができます。 今日は 画像の貼り付け方 をお伝えします。   必要なものは、 PNGやJPGなどの貼り付けたい画像と3Dモデルです。 ここでは円筒の3Dモデルを用意しました。 (曲面にも画像を貼れます。)   使用するコマンドは「デカル」です。 左側のツリーから DisplayManager(ディスプレイマネージャー)へ。   真ん中のコマンドが デカル です。 「デカルライブラリを開く」ボタンの下当りで右クリックすると、 「デカル追加」というメニューが現れます。 これをクリック。   デカルの PropertyManager(プロパティマネージャー)が開きます。   「参照」から挿入したい画像を選びます。   次にマッピングタブに移ります。 「選択ジオメトリ」が水色の選択状態で、画像を貼り付けたいモデルの面を選択します。   3Dモデルに画像を貼り付けることができました。   ↓実際貼り付けた画像がこちらのJPG画像はこちら   なんだか背景がグレーに見えて、「アレ?」という感じがしますが、 これは光の当り具合によるので よく光の当たる場所ではしっかり白いことが確認できます!   また、背景を透過しているPNG画像も貼れますが、 そのままだとこんな風に真っ黒になってしまいます。 プレビューと全く違いますよね。 そんな時は「デカルイメージアルファチャンネルを使用」にチェック。 背景が黒くならず貼りつけられました。   ご活用いただけたら幸いです。  ...

3Dモデルの見た目をツルツルにする_SOLIDWORKS

今回は3Dモデルの見た目を変えます。 球体モデルを作成すると通常はこのようにくすんだ見た目で表示されます。 それが、設定を少し変えるだけで ツルツル!になります!   これは「 RealView(リアルビュー) 」という機能です。 ※PCによりご使用いただけない場合があるので、SOLIDWORKSのサポートよりご確認ください。 (メニュー選択時に文字がグレーになっている場合も使用できません。)   操作方法のご案内です ヘッズアップツールバーの「表示設定」の中にある 「 RealView Graphics 」をオンにします。 「外観」という機能で鉄やプラスチックなどの素材にすることも可能ですが、 RealView(リアルビュー)の設定で見た目は大きく変わります。 (外観の設定方法はページ内の下部でご紹介します) ↓ ↓ ↓ 背景を設定しておくと、違いは一目瞭然ですね。   この機能は、一時的に完成イメージが見たいとか、 実際の質感を見ながら作る時に有効です。 設計時は表示方向を変えるときなど処理が遅く感じたり、 キラキラして形状を確認し難くなることもあるので 必要に応じてオンにすることをオススメします。   外観(素材)の設定 画面右端のタスクパネルから「外観、シーン、デカル」をクリック。 「外観」を選ぶと、 沢山の素材などが入っています。 変更したいものを選んでドラッグ&ドロップ。 モデルの上にドロップするとメニューが現れます。 これは、モデルのどの要素にその素材を適用するかという選択肢です。 面 フィーチャー ボディ ドキュメント 外観フィルター の順で並んでいるので任意のものを選択してください。   ※背景の変更も同様に「外観」の下にある「シーン」から選び、 ドラッグ&ドロップで行えます。  ...