干渉認識 Tag

マルチボディの干渉認識

干渉認識コマンドは、アセンブリをした部品同士の干渉を 簡単に検出することができます。 SOLIDWORKS2019からこの干渉認識が部品ドキュメントの マルチボディで使用できるようになりましたね。 ※マルチボディ・・部品ドキュメント内に複数のソリッドボディがある状態   マルチボディでも使える「干渉認識」 干渉認識はこれまではアセンブリで使用できたコマンドです。 ここでは、 アセンブリドキュメントでアセンブリをしたモデルと そのモデルを部品ドキュメントのマルチボディに変更したモデル を使用して干渉認識を比較してみます。 使用するモデルは歯車ポンプです。 歯車は、円筒形の簡易的な形で作成しているため干渉が起きます。   ●アセンブリドキュメントでの干渉認識 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 上下の歯車に干渉が起きていることが確認できます。 (他にもネジ部に干渉が起きていますね)   ●部品ドキュメントでマルチボディ状態の干渉認識 次に、歯車ポンプのアセンブリをマルチボディ化したモデルで アセンブリと同様に干渉認識を行います。 ドキュメントは部品です。 (部品ドキュメントのアイコンとソリッドボディが複数あることが確認できます。) 評価タブ→「干渉認識」コマンドをクリック。 「計算」をクリックすると干渉結果が表示され、 アセンブリと同様の箇所に干渉が起きていることが確認できます。     このマルチボディの干渉認識は、 アセンブリドキュメント内にマルチボディの部品が含まれいる場合 も干渉を調べることができます。 これは、鋼材のようにマルチボディで構築する部品が混在する組立品で有効です。 (鋼材機能を使用するとマルチボディになります。) 下図のモデルは、 フレーム部:鋼材機能を使用して作成した部品 カバー:それぞれ作成した部品 それらをアセンブリドキュメントでアセンブリしています。 「干渉認識」コマンドで確認をします。 その際に、オプションの「マルチボディ部品の干渉部分を含む」にチェックを入れます。 「計算」をクリック確認すると・・・ マルチボディになっている鋼材部分に干渉があることがわかりました。 どうやら鋼材同士の突き合わせ処理を忘れたようですね。   まとめ マルチボディの干渉認識は、部品ドキュメントで使用する以外にも、 アセンブリドキュメントにマルチボディの部品が含まれている状態でも使用できます。 ぜひ、お試しください。 ――――――― 余談ですが・・・ SOLIDWORKS2018以前でマルチボディの干渉を確認するには、 「組み合わせ」コマンドで代用できますよ。...

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

ネジ部分干渉認識を1つにまとめる

今回はお問合せを頂いていた続編をお伝えします。 ネジ穴にネジを入れた構造を作り、 干渉認識を計算すると、干渉が発生してしまいますよね。   でも、これは「取り除かなければいけない干渉」ではありません。 一つずつ確認して無視することも可能ですが、 【ネジに関する干渉】をまとめた1つのフォルダにいれることも可能です。     例として、下記のようなモデルを作成しました。 (穴ウィザードでネジ穴をあけ、 ツールボックスよりJIS規格のネジを挿入しています) 干渉認識では、3つの干渉が見つかりました。   ここで、その下にあるオプションから 「ファスナーフォルダの作成」 にチェックをいれます。   すると、 先ほどの3つの干渉がファスナーというフォルダに入りました。   ”ファスナー”合致で挿入された部品への干渉部分がフォルダに入ったということです。   このフォルダに移動されていない干渉は その他の問題が原因となり、検証が必要と一目で分かりやすくなります。   もう一つ、似たものに 「一致するねじ山フォルダ」があります。 こちらもまた解説していきますね。   お楽しみに♪...

USB007

干渉認識

今回は【干渉認識】についてご説明します。 干渉認識とはその名の通りアセンブリ内で干渉している箇所がないか、 調べてくれる機能になります。 一目で問題がある箇所が分かるので非常に便利です。     これはUSBのアセンブリです。 このアセンブリについて干渉箇所があるか確認してみましょう。 メモリ基盤、ケース(下側)、ケース(上側)の3部品から構成されています。 パッと見では干渉している箇所があるかわかりません。     ケースを透明にしてみます。 …しかし、まだわかりずらいです。       早速干渉認識してみましょう。 CommandManagerの中に評価タブがあります。 その中に干渉認識があります。       選択構成部品に調べたいアセンブリを入れて「計算」をクリックします。     すると結果が表示されます。 5箇所干渉しているようです。     モデルを見ると赤くなっているところがあります。 ここが干渉箇所です。     5箇所全て選択すると図のようになりました。 ケース(下側)のピンが干渉していることがわかったので修正します。     今回は図のように設計変更しました。     再度干渉認識をして、干渉箇所が無くなったことを確認できました。 ...