押し出し Tag

押し出しフィーチャー「輪郭選択」

押し出しフィーチャーを作成した際に、 スケッチのアイコンが 下図のようになっていたことはありませんか。 これはスケッチを「輪郭選択」していることを現しています。 「輪郭選択」って何? ということで、今回は 押し出しフィーチャー「輪郭選択」についてご説明します! 問題提起です。 このような形状を作成する際はどのような手順で行いますか? 弊社の書籍やDVDをご愛顧いただいている皆さんは、 (1) 矩形のスケッチを描いて押し出し。 (2) 円のスケッチを描いて押し出しカット。 このような手順行っている方がほとんどだと思います。 履歴はこのようになります。 上記の手順で行った場合、スケッチのアイコンも 輪郭選択ではなくスケッチのアイコンです。 では、「輪郭選択」のアイコンが現れるのは? 輪郭選択の設定ができるのは次の場合です。 押し出しフィーチャーを作成時に 同一のスケッチ内に複数の閉じたスケッチ輪郭がある場合 例えばこのようなスケッチで押し出しを行う場合 プロパティ画面に「輪郭選択」の設定が現れ、 選択する輪郭によって出来上がる立体形状が変わります。 【パターン1】 【パターン2】 【パターン3】 注意点としては、 選択した輪郭が意図せず選択解除された場合には エラーが起こるということです。 まとめ 近年のバージョンでは輪郭に閉じたスケッチだけでなく モデルエッジとスケッチ輪郭を選択できるなど 使い方によっては便利な機能ですね。 2Dデータを取り込み、簡単に3Dモデルにして 形状を確認する際に「輪郭選択」は有効です。 ただし、 3Dデータを共有して編集することが多い設計のモデルの場合には 使用したスケッチ輪郭が明確にわかるように ・同一スケッチ内に閉じた輪郭を2つ描かない ・「輪郭選択」は極力使用しない ことが望ましいです。 「輪郭選択」はモデルの使用目的によって使い分けがおすすめです。 ...

薄板フィーチャー

薄板フィーチャー

開いたスケッチを薄板状に押し出したい時、 (通常は矩形など閉じたスケッチを 押し出して立体化していますよね) そこで便利なのが【薄板フィーチャー】です。 スケッチに厚みを付けて作成される(薄い板のような) フィーチャーです。 板金形状やパイプ形状を作るのに便利な機能です。 押し出しだけでなく、回転などのフィーチャーにもあります。 ただ、板の表面と裏面があるので、 寸法を入れるときは基準に注意が必要です。 【薄板フィーチャー】は  「押し出しボス/ベース」フィーチャーの プロパティ から設定することができます。 例えば、下のようなスケッチを薄板状に押し出します。 フィーチャータブから、「押し出しボス/ベース」をクリック。 すると、ツリーがプロパティマネージャーに切り替わるので、 薄板フィーチャーにチェックを入れます。 「薄板フィーチャー」のプロパティが展開され、 押し出し状態のプレビューを確認できます。 「中間平面」では描いたスケッチの両側に厚みができます。 「片側に押し出し」にすると片側にのみ厚みを付けられますが、 「反対方向」ボタンで、スケッチの上側に厚みをつけるか、 下側に厚みをつけるか変更することができます。 また、「自動フィレットコーナー」にチェックを入れると、 板の曲げ部分にフィレットをかけることができます。 半径の設定値は、曲げの内側の半径値です。 上記のプロパティのように設定すると、 このような薄板状のモデルが完成します。  ...

押し出し状態の種類②

「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 押し出し状態の中から、モデリングに活用できる3つをご紹介します。 (※画像は全て「押し出しカット」したものです)   【① 端サーフェス指定】 .                 . スケッチ平面から、指定したサーフェス(面)まで押し出します。     . . 【② オフセット開始サーフェス指定】  .                         . 指定したサーフェスから一定の距離まで押し出します。 .     . . 【③ 中間平面】 .                   . スケッチ平面から、両側に等しく押し出します。 . .     ....

テキスト その1

今回は【テキスト その1】について説明します。 「テキスト」コマンドはスケッチで文字を描くことができます。 スケッチで描いた文字を「押し出し」「カット」することができます。 今回は基本の描きかたをしましょう。 下の図のように矩形100mm×50mmを10.00mm押し出します。               下図の面からスケッチに入り、「テキスト」をクリックします。               ここでは「SOLIDWORKS」と入力します。               フォントスタイルやサイズを変更するには「スケッチ テキスト」の 一番した下の「ドキュメントフォント使用」のチェックをはずし、 「フォント」をクリックします。                         「フォント選択」が出てきますので、必要に応じたサイズ、スタイルを選択します。 フォントの大きさの「単位」を選択して「15mm」にします。               入力した「SOLIDWORKS」は、クリックした箇所に文字が配置されます。 (クリックしない場合は原点を始点とします)               スケッチを終了します。               「SOLIDWORKS」と文字を書いたスケッチを選択し、 フィーチャーの「押し出し」をクリックます。 ここでは、「浮き彫り」「3.00mm」に設定します。               OKをクリックすると浮き彫りされた「SOLIDWORKS」の文字ができます。                ...

ブラインド

押し出し状態の種類①

「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 押し出し状態の中から、よく使用する3つをご紹介します。 (※画像は全て「押し出しカット」したものです) . 【 ① ブラインド 】                   . スケッチ平面から距離を指定して押し出します。       【 ② 全貫通 】 スケッチ平面から、既存するモデル形状を全て貫通するように押し出します。     . . 【 ③ 次サーフェスまで 】 スケッチ平面から、スケッチ輪郭と交差する次のサーフェス(面)まで押し出します。       ...

抜き勾配 オン/オフ

  【勾配】とは「水平面に対する傾きの度合い」のことです。 SOLIDWORKSでは、「押し出しボス/ベース」と「押し出しカット」の 【抜き勾配オン/オフ】を設定することで、簡単に勾配をつけることができます。   例えば、100mm × 100mm の正方形を 100mm押し出す場合、 上のようなプロパティと、押し出し状態のプレビューが表示されます。   この時、プロパティから「抜き勾配オン/オフ」ボタンを押すと、 勾配の角度を指定できるようになります。     抜き勾配をオンにして、角度を10度に設定すると、このように勾配がつきます。 標準状態では、勾配は内側に向かってつくように設定されています。       「外側に抜き勾配指定」にチェックを入れると、勾配は外側に向かってつきます。     【抜き勾配】は、押し出しカットでも同様に設定することができます。  ...