穴ウィザード Tag

詳細穴コマンド

穴ウィザードコマンドは、 ねじ穴を作成するコマンドですね。   今まで、穴ウィザードでは 「ザグリ穴+下穴」の組み合わせを 一度に行うことができませんでした。 しかし、それを可能にしたのが SOLIDWORKS2018からの新機能、 「詳細穴」コマンドです。   このコマンドでは、表側からの穴仕様と、 そのさらに下の穴仕様、そして、 裏側からの穴仕様を個別に設定できます。 加工段階のある穴を作成することができます。   ●実際に使用してみましょう 1. フィーチャータブ「穴ウィザード」コマンドの フライアウトボタン▼をクリックして、 「詳細穴」コマンドをクリック。 2. PropertyManager が開き、 「表側」フライアウトが表示されます。 ●表面要素のザグリ穴を設定します 3. 最初に、穴のタイプを選択します。 プルダウンをクリックし、「表側座グリ」をクリック。 4. 穴を開ける面を選択します。 5. 次に、ザグリ穴の要素仕様を設定します。 ザグリ穴の仕様が設定できました。   ●次に、2番目の表面要素の穴の仕様を決めます 6. 「表側」フライアウトから 「アクティブ要素の下に要素を挿入」をクリック。 7. プルダウンをクリックし、 「ねじ穴-ストレート」をクリック。 8. 穴の要素仕様を設定します。 2番目の表側要素の穴の仕様が設定できました。   ●穴位置を決めます 9. 「位置」タブに切り替えます。 10. スケッチタブ「点」コマンドが 選択状態になっていることを確認します。 (選択状態になっていなかったら選択します。) 11. 穴を開けたい位置でクリックします。 (寸法を入れて位置を決めることもできます。) 12. OKをクリック。 13. 表側がザグリ穴、その下の穴が タップ穴の加工が出来ました。   まとめ 今回は、 表側から「ザグリ穴+タップ穴」を設定しましたが 色々な穴の加工方法が選択でき、 裏側からも設定ができます。 ぜひお試し下さい。...

「一致するネジ山フォルダ」で干渉を分ける

前回の続きです。 ネジ部分干渉認識を1つにまとめる 前回はファスナーフォルダーで ネジ部分の干渉をまとめました。 ツールボックスから挿入したネジなどには有効でしたね。 でも、作成したフィーチャーにねじ山を作ったものには有効ではないので、 そういったものには『一致するネジ山フォルダ』を使用します。 ↑ ここに入っているものは、ネジ山としての干渉だけです。 前回のファスナーフォルダーよりいいところは 問題のない干渉だけが入っているということです。 同じネジ山の干渉でも問題のある干渉はこのフォルダーに入りません。 こんな風にまとまったら便利だと思いませんか? でもこれ、しっかり作らないと なかなかこのフォルダーに入ってくれません。 穴側の穴ウィザードと軸側のねじ山フィーチャーが 同じ規格、同じサイズになっていることが重要です。 穴ウィザードのねじ山の仕様 (ツリーの穴ウィザードを展開して「穴のねじ山」を参照) ↑ 穴側、JISのM10x1.0で作成しました。 ↓ 軸側も同じくJISのM10x1.0で作成します。 ※軸側のねじフィーチャーでは、 規格が「なし」を選択されていたり、 深さがブラインドの指定になっていたりする場合は 一致するねじ山としては認識されません 以上のように揃えて作成されたネジに関して 干渉計算すると、出てきます。 オプションから「一致するねじ山フォルダを作成」に チェックを入れると、 フォルダに入ります。 沢山干渉が出てしまうような場合など、 簡単に除外できるので機会がありましたらご活用ください。  ...

2D?3D?穴ウィザードの使い分け

  今日のご質問はこちら! ============== いつもメルマガ楽しみにしています。 幅広い方々が理解して、楽しく進めていけるように 色々工夫なさっていてとても勉強になります。 「アセンブリコマンド 穴シリーズ」についてですが、 一番おききしたいのは「3Dスケッチによる穴位置決めの利点」と 「どんな場合に使用していくのか」という事についてです。 フィーチャーコマンドの穴ウィザードについても 位置決めの際、どうしてはじめから3Dスケッチになってしまうのかがわかりません。 私は同じ平面にしか穴を打ったことがない為、予め面を選択し、 コマンドを起動することで、2Dスケッチのまま位置決めをしています。 でも、通常にコマンドを起動すると3Dになってしまうのは、 きっと3Dの方が使いやすい、または多くのニーズがあるのではないかと 考えてました。 やはり何か使い勝手がいいのでは?それを知らないだけでは??? と思っていますが、いかがでしょうか? ============== いつもお読みいただきありがとうございます。 穴をあけるコマンドはいくつかあり、 アセンブリ上では「穴シリーズ」といいますが、 今回は部品ドキュメント、フィーチャータブ内にある 穴ウィザードで解説をしていきますね。 (基本は同じです)       書いてもらっている通り、穴をあけるには2Dと3Dスケッチ、 両方の方法があります。 それぞれのメリットを確認します。 2D:編集しやすい。 スケッチ面が分かりやすい。 (以上のメリットはかなり重要なので、 2Dで出来るものは2Dを使うことをオススメします。) 3D:円筒面など曲面への穴あけが簡単。 フィーチャーが1つにまとまっているから変更が簡単。 (2Dで難しい時のみ使うという認識でもOK)     やり方も見てみましょう。 まずは2Dでは? このように穴をあけたい面を選択してから に入ります。     出てきた左側のメニューから穴の仕様を決めたら、位置のタブに移ります。 モデルの上にカーソルを持っていくと、穴のプレビューが表示されます。 先ほど選択した面(右側)に穴があけられます。 でも、高さの違う左側にはうまくあけられません。   =============== 他の面にも同じ仕様で穴を開けたい場合などに便利なのが 3Dスケッチを使った方法です。 今度はどこも選択しないでコマンドに入ります。     位置タブに移ると3Dスケッチのボタンが ありますのでクリックします。モデルの穴を開けたい場所をクリック。 ちょっと極端ですが、どの面にも同じ仕様の穴を一度にあけられました。 それぞれの穴は「点」コマンドになっていますので、 スマート寸法で最後に寸法を入力します。(青→黒点に変わります)                 さらに、3Dスケッチが生かされるのは曲面です。 曲面に穴を開けたい場合、3Dは便利です。 これを2Dでやろうとしたら大変ですよね。 3Dならワンクリックです。 あとから位置を決めていくので、 まずは大まかな位置でクリックして配置してください。   さらにここに、拘束を付けます。 拘束を付けるポイントは最初に基準面などの 面か軸と「一致」させることです。 ただ、面とだけだとまだ不足なので寸法も入れます。 点とエッジを選択したくなりますが、 円筒など曲線の場合、円の中心からになりうまく寸法が取れません。 下図のように側面を選択し、点との寸法を入れてください。   これで完全定義された穴が完成しました。 (さらに「円形パターン」を使えば、この円筒上にいくつも穴ができます!) 次回、ここにボルトを入れるなどネジ編に続きます。  ...