表示方向 Tag

【モデルテクニック】任意の断面の表示状態を保存する

  前回は「断面表示」についてご紹介しました。 ↓ ↓ ↓ モデルの断面表示   今回は、断面表示の応用となる機能をご紹介します。 機能は 「断面表示の保存」 です。 上の図のように、自分で作成した断面を いつでも表示できるようになったら便利ですよね!   まずは、任意の断面表示を作成してみましょう。   <ヘッズアップビューツールバー>から 「断面表示」をクリック   今回の設定は、 正面を選択して、角度を60°   「断面2」にチェックを入れ、 平面を選択して、距離を80mmです。   画面上はこのようなプレビューになっています。   この表示状態を保存します。 スクロールバーを動かして、 プロパティの一番下にある「保存」をクリック。     「指定保存」のダイアログボックスが現れます。 表示方向名に「テスト断面」と入力し、 「保存」をクリックします。 これで断面表示の 状態が保存できました。   それでは確認していきましょう。 メニューバーから 「表示」→「表示コントロール」→「表示方向」 を選択します。   「表示方向」のダイアログボックスが現れます。 「テスト断面」が保存されていることが確認できます。   モデルの表示方向を、正面、等角投影などにしていても、 この「テスト断面1」を選択すると、 保存された断面の表示状態になります。   ぜひお試し下さい。...

表示方向の新規作成方法

図面の端に表示するモデルについて、 通常は不等角投影などで表示させておくことが多いと思いますが、 「もうちょっと回転させて後側が見えるようにしたい」 とか、 「裏側から見た図にしたいけど、その表示方向がない」 などと困ることはありませんか? ということで、今回は、 個別で表示方向を設定したビューの作り方をご紹介します。 ※向きなど分かりやすいよう弊社書籍(よくわかるSOLIDWORKS演習)より クジラを使用しております。 青枠で表示されている部分、 右側面図から斜めに引き出したところ、 くじらがそっぽ向いてしまいました。 こちらに向けて見ましょう。 ちなみにこのモデルは不等角投影にするとこのようになります。 ですから、不等角投影に差し替えてみましょう。 レイアウト表示>モデルビュー 出てきた左側のモデルビューのメニューから 矢印ボタンで「次へ」へ 表示方向の選択画面より「不等角投影」をクリックして マウスをグラフィック領域にずらします。 こちらを向いたクジラがでてきました。 そっぽ向いたのは削除し、こちらを配置しましょう。 さらに もう少し角度を変えた表示させたいという場合は、 今ある表示方向からはできません。 新規で表示ビューを作成しましょう。 ここからは部品ドキュメントに移ります。 マウスホイールや矢印キーなどを使ってモデルを 回転させ、良い角度を決めてください。 キーボードの入力を半角入力の状態で、「スペース」キーを押すと 表示方向のウィンドウが出ます。 ↑画像のように新表示方向をクリック。 表示方向名として、その表示に名前をつけておきます。 (今回は「図面用」としました) OKを押すと、図面用というビューが完成しました。 保存しておきます。 図面ドキュメントにもどります。 先ほど不等角投影にした表示方向のところを見ると。。。 新たに図面用のビューが追加されています。 完成です。 いかがでしたか? 部品によっては色々な向きで作成されていると 回転する必要のあるものも出てくるかもしれません。 ぜひ分かりやすい角度で表示してみてくださいね。 ...

表示方向

今回は【表示方向】についてご説明します。 【表示方向】は特定の角度に設定することも出来、非常に便利な機能です。   ↑上の図のように、普段の表示は「等角投影」か「不等角投影」が多いと思います。 この図を特定の角度に設定し、必要に応じていつでもその設定した角度で 見られるように設定していきましょう。   ↑まずCommandManagerの表示から、表示コントロール→表示方向をクリックします。 (または、右クリックで【表示方向】をクリック)   ↑既に設定してある表示方向にしたいときは、ダブルクリックします。 たとえば「左側面」をダブルクリックしてみると、上の図のように表示が切り替わります。   ↑新しいオリジナルの角度を設定します。   ↑表示方向の左上の「新規表示方向」をクリックし、新しい表示方向を登録します。 ここでは「角度A」とします。   ↑「角度A」が登録されました。「角度A」をダブルクリックしてみると、新規設定した角度になります。...