表示 Tag

拡大/縮小のマウスホイール操作を反転する

デフォルト設定は・・ 拡大/縮小はマウスのホイールボタン(中ボタン)で行います。 デフォルトの操作は、マウスポインタのある位置を中心に、 ・奥に転がす  → 縮小 ・手前に転がす → 拡大   今回は、他種アプリケーションをご使用の方で、 “拡大と縮小を思うようにコントロールできない” という方にご覧いただきたい マウス操作を下記のように反転したい場合の変更方法です。 ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小   変更方法 メニューバーからオプションをクリック。   システムオプションタブ → 表示 から、 「マウスホイールによる拡大/縮小を反転」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。 ※デフォルトではチェックが入っていません。 ※システムオプションはPCに依存する設定です。 SOLIDWORKSを終了して次回起動したときにも有効です。   設定が変更できました ・奥に転がす  → 拡大 ・手前に転がす → 縮小 これで操作性が上がる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お試しください。...

表示パネルで作業効率アップ!

表示パネルとは 「表示パネル」を使用すると、部品、アセンブリ、図面ドキュメントで 設定をした様々な表示設定をすばやく確認することができます。   前回は、部品を透明化する方法をご紹介しました。 →アセンブリで部品の透明度の変更する しかし、複数の部品を透明にしていくと、 どの部品を透明にしたのかわからなくなる場合があります。 そこで、「透明化した部品を確認する方法」を例に、 「表示パネル」をご紹介します。   表示パネルを使ってみよう 「表示パネル」はデフォルトでは折りたたまれています。 そこで、表示パネルを展開します。 FeatureManager デザインツリー上部のタブの右側にある > をクリック。 ※表示パネルを折りたたむには < をクリックします。   透明化した部品は、「透明度」の列にアイコンが表示されます。   現在、サブアセンブリ「コンテナ組立」は透明化をしています。   透明化を解除するには、「表示パネル」の解除したい部品や サブアセンブリの行のアイコンをクリックします。   透明度アイコンが消え、   モデルの表示が元に戻ります。   まとめ また、「表示パネル」では、透明度の他にも 非表示/表示、表示モードや外観なども確認できます。   中でも、 非表示/表示 の設定は、 アイコンをクリックするごとに 素早く部品やボディ、スケッチ、平面などの 非表示と表示の切り替えができ、とても便利です。 ぜひお試しください。 ...

アセンブリで部品の透明度の変更する

アセンブリドキュメントで 他の部品の影に隠れた部品を移動したいときや、 隠れた部品の位置関係を確認したいときに 手前の部品を透過したくなりませんか。 今回ご紹介する方法は次の場合に有効です。 ・装置のカバーを設計したら中身が見えなくなってしまったとき ・ある部品の中に入っている部品を選択したいとき ・材質がガラスや透明樹脂などの場合にそれらしく見せたいとき   部品の透明度の変更 使用するモデルは、 弊社書籍「よくわかる3次元CADシステムSOLIDWORKS入門」に 掲載のアセンブリモデル「コーヒーミル」です。 この「コーヒーミル」のアセンブリドキュメントを使用してご紹介します。 【部品の透明化】 【サブアセンブリの透明化】   【部品の透明化】 まず、アセンブリで使用している部品「ホッパー」を透明に変更します。 透明にしたい部品をクリックします。   すると、コンテキストツールバーが現れます。 「透明度変更」をクリックします。   部品「ホッパー」が透明になりました。 ホッパーを透明にしたことで、内部のミル刃の詳細な様子が確認できます。   【サブアセンブリの透明化】 次に、アセンブリで使用している サブアセンブリ「コンテナ組立」を透明に変更します。 FeatureManager デザインツリーからサブアセンブリ「コンテナ組立」をクリック。 コンテキストツールバーから「透明度変更」をクリックします。 ーーー サブアセンブリ品は、選択しているものが サブアセンブリなのか、部品なのかを混同しやすいので、 FeatureManager デザインツリーからの選択をお奨めします。 ーーー   サブアセンブリ「コンテナ組立」全体が透明になります。   注意点 透明度変更をするとその部品の面を選択し難くなります。 その際は以下の方法をお試しください。 ・Shiftキーを押しながら透明にした部品の面をクリックする ・透明にした部品の背後に何も部品がない状態にして透明にした部品を選択する 次回は、透明化をした部品を確認するのに便利な機能、 「表示パネル」をご紹介します。...

【モデルテクニック】任意の断面の表示状態を保存する

  前回は「断面表示」についてご紹介しました。 ↓ ↓ ↓ モデルの断面表示   今回は、断面表示の応用となる機能をご紹介します。 機能は 「断面表示の保存」 です。 上の図のように、自分で作成した断面を いつでも表示できるようになったら便利ですよね!   まずは、任意の断面表示を作成してみましょう。   <ヘッズアップビューツールバー>から 「断面表示」をクリック   今回の設定は、 正面を選択して、角度を60°   「断面2」にチェックを入れ、 平面を選択して、距離を80mmです。   画面上はこのようなプレビューになっています。   この表示状態を保存します。 スクロールバーを動かして、 プロパティの一番下にある「保存」をクリック。     「指定保存」のダイアログボックスが現れます。 表示方向名に「テスト断面」と入力し、 「保存」をクリックします。 これで断面表示の 状態が保存できました。   それでは確認していきましょう。 メニューバーから 「表示」→「表示コントロール」→「表示方向」 を選択します。   「表示方向」のダイアログボックスが現れます。 「テスト断面」が保存されていることが確認できます。   モデルの表示方向を、正面、等角投影などにしていても、 この「テスト断面1」を選択すると、 保存された断面の表示状態になります。   ぜひお試し下さい。...

【モデルテクニック】モデルの断面表示

  今回はモデルの表示方法のひとつ、 「断面表示」 をご紹介します。   円筒のモデルがあります。 外見では、このモデルの中側がどうなっているのかわかりませんよね。   断面表示は、モデルの内側形状の確認や、 内側の要素を選択したいときなどに有効です。   それでは、断面表示を使用してみましょう。   <ヘッズアップビューツールバー>から 「断面表示」をクリック。 ※メニューバー「表示」→「表示タイプ」→「断面表示」 から選択することもできます。   プロパティに切り替わり、プレビューが表示されます。     OKをクリックすると、断面が表示されて内側が確認できます。   断面が表示されている間は、「断面表示」アイコンがONになっています。     クリックすると解除できます。     断面の方向を追加することもできます。     また、SOLIDWORKS 2017からは 断面表示にした際の非表示部分の透明度を指定できるようになりました。   OKをクリックすると、   マルチボディの場合は、透明化を除外するボディも指定できます。 色々とお試しいただけると幸いです。...

表示方向の新規作成方法

図面の端に表示するモデルについて、 通常は不等角投影などで表示させておくことが多いと思いますが、 「もうちょっと回転させて後側が見えるようにしたい」 とか、 「裏側から見た図にしたいけど、その表示方向がない」 などと困ることはありませんか? ということで、今回は、 個別で表示方向を設定したビューの作り方をご紹介します。 ※向きなど分かりやすいよう弊社書籍(よくわかるSOLIDWORKS演習)より クジラを使用しております。 青枠で表示されている部分、 右側面図から斜めに引き出したところ、 くじらがそっぽ向いてしまいました。 こちらに向けて見ましょう。 ちなみにこのモデルは不等角投影にするとこのようになります。 ですから、不等角投影に差し替えてみましょう。 レイアウト表示>モデルビュー 出てきた左側のモデルビューのメニューから 矢印ボタンで「次へ」へ 表示方向の選択画面より「不等角投影」をクリックして マウスをグラフィック領域にずらします。 こちらを向いたクジラがでてきました。 そっぽ向いたのは削除し、こちらを配置しましょう。 さらに もう少し角度を変えた表示させたいという場合は、 今ある表示方向からはできません。 新規で表示ビューを作成しましょう。 ここからは部品ドキュメントに移ります。 マウスホイールや矢印キーなどを使ってモデルを 回転させ、良い角度を決めてください。 キーボードの入力を半角入力の状態で、「スペース」キーを押すと 表示方向のウィンドウが出ます。 ↑画像のように新表示方向をクリック。 表示方向名として、その表示に名前をつけておきます。 (今回は「図面用」としました) OKを押すと、図面用というビューが完成しました。 保存しておきます。 図面ドキュメントにもどります。 先ほど不等角投影にした表示方向のところを見ると。。。 新たに図面用のビューが追加されています。 完成です。 いかがでしたか? 部品によっては色々な向きで作成されていると 回転する必要のあるものも出てくるかもしれません。 ぜひ分かりやすい角度で表示してみてくださいね。 ...

【図面】Rの線を表示/非表示

今日はレジン様から頂いたご質問に 回答させて頂きました。 2D→3Dへ移行した方にとっては ソフト間の相違に戸惑いや不便を感じることも 少なくないと思います。 =============== メール講座で、簡単にレベルアップでき、 かなり感謝しております。 レベルの低い質問かもしれませんが、、 2Dの図面で、R部分が実線で表示されるのを、 無くす方法(設定)はあるんでしょうか? 立体図の時はR部分に線が表示されていても、 問題は無いのですが、正面や側面図に R部分が実線表示されると、困ってしまいます。 他社の3Dソフト(インベンター)等は 2DでR部分の実線表示はされないので、 ソリッドワークスでも、設定可能なんでしょうか? =============== はい。可能です。 しかも、色々選べます。 まずは、どんなものがあるか並べてみますね。 使った形状はコレ。 設定を変更しないデフォルト状態で図面にすると ↓このようにR部分、実線が入ってますよね。 「表示」 この線を「正接エッジ」といいます。 それを、 「フォント使用」 「フォント使用-端点の非表示」(拡大表示) 「削除」 このように選択が可能になります。 <<設定方法>> 設定から システムオプション→図面→「表示スタイル」 その中に「正接エッジ表示」というメニューがあります。 デフォルトでは「表示」になっていますので、 必要に合わせて設定を変更してください。 ***** また、この設定は「システムプロパティ」の設定になり、 SOLIDWORKS共通のため次回起動時も継続となります。 この設定は「新規でモデルビューを作る」ときのみ反映されます。 既存の図面内のビューでこの設定を切り替えたいときは 下記画像のようにビューを右クリックから「正接エッジ」で切り替えられます。 (ビュー:あらゆる方向からモデルを投影した図のこと。図面の絵を選択してアクティブになった点線枠の中)  ...

パース表示

今回は【パース表示】についてご説明します。 パース表示とは、人間の目からみた「通常見えるビュー」です。 水平線が消失点に向かって短くなっていきます。 モデルをより立体的に表示できるので、覚えておくとよいでしょう。 ↑パース表示をしたもの(左)としていないもの(右)です。   ↑パースは「表示」→「表示タイプ」→「パース表示」を選択します。   ↑パースのプロパティは、パース表示にしてから 「表示」→「表示コントロール」→「パースプロパティ」を選択します。   ↑焦点からの距離を変更できます。...

表示方向

今回は【表示方向】についてご説明します。 【表示方向】は特定の角度に設定することも出来、非常に便利な機能です。   ↑上の図のように、普段の表示は「等角投影」か「不等角投影」が多いと思います。 この図を特定の角度に設定し、必要に応じていつでもその設定した角度で 見られるように設定していきましょう。   ↑まずCommandManagerの表示から、表示コントロール→表示方向をクリックします。 (または、右クリックで【表示方向】をクリック)   ↑既に設定してある表示方向にしたいときは、ダブルクリックします。 たとえば「左側面」をダブルクリックしてみると、上の図のように表示が切り替わります。   ↑新しいオリジナルの角度を設定します。   ↑表示方向の左上の「新規表示方向」をクリックし、新しい表示方向を登録します。 ここでは「角度A」とします。   ↑「角度A」が登録されました。「角度A」をダブルクリックしてみると、新規設定した角度になります。...