SOLIDWORKS Tag

CommandManagerが見当たらなくなってしまったら_SOLIDWORKS

SOLIDWORKSのCommandManagerとは、 SOLIDWORKSのコマンドをリボン形式で表示するツールバーです。 デフォルトの状態では、CommandManager が有効になっているため、 ドキュメントを開くとSOLIDWORKS画面の上部にあります。   このCommandManagerですが、SOLIDWORKSを使用していると 意図せず固定が外れたり非表示になったりする場合があります。 そこで今回は、CommandManagerに関する3つの対処方法をご紹介します。 ・CommandManagerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 ・CommandManagerが非表示になってしまった場合 ・CommandManagerをロックする   Command Managerの固定が外れて(フローティング)してしまった場合 フローティングする原因は? CommandManagerの「フィーチャー」「スケッチ」などのタブをドラッグすると、 非固定になりフローティングウィンドウになります。 ※非固定になったCommandManagerは、SOLIDWORKS画面の中や外へドラッグして移動できます。   フローティングしたCommandManagerを固定するには CommandManager 上部のロゴ部分をドラッグしている際に、 SOLIDWORKS画面の3箇所(上、左、右)に現れる ドッキングアイコンの上にカーソルを持っていき、   アイコンの上で放します。     Command Managerが非表示になってしまった場合 非表示になる原因は? 何かの拍子にキーボードの「F10」キーを押してしまったなどが考えられます。 ※CommandManagerの表示/非表示は「F10」キーにショートカットが割り当てられています。   CommandManagerを表示するには ・キーボードの「F10」キーを押す  または、 ・メニューバー「表示」−「ツールバー」−「CommandManagerを有効化」にチェックを入れる     また、このようなことを防ぐために、SOLIDWORKS2016以降は 下記方法でCommandManagerをロックできます。 CommandManagerをロックする メニューバー「ツール」−「ユーザー定義」をクリックします。 現れた「ユーザー定義」ダイアログボックスより 「ツールバー」タブ−「CommandManagerとツールバーのロック」にチェックを入れます。   お試しください。 ...

図面にロゴをコピーして貼りつける-DXF_SOLIDWORKS

前回のSOLIDWORKS操作マニュアルでは 企業やブランドのロゴの 図を挿入する方法 をご紹介いたしました。 記事はこちらから → 図面にロゴを挿入する-図_SOLIDWORKS   今回は図面シートフォーマットに、企業やブランドのロゴの DXFデータをコピーして貼りつける方法 をご紹介いたします。 完成図はこちら   操作方法 ファイル形式がDXFのロゴを挿入します。 まず、AutoCADなどの2D-CADでDXF ファイルを開きます。   コピーして貼りつけたいエンティティ(今回はロゴ)を選択し、クリップボードにコピーをします。 (AutoCADではCOPYCLIPコマンド、ショートカットキーは、 Ctrl + C です。)   SOLIDWORKSでコピーをしたエンティティ(今回はロゴ)を貼りつけるための 図面ドキュメントを開きます。 ※AutoCAD のDWGまたはDXFファイルは、SOLIDWORKSの 部品、アセンブリ、図面ドキュメントにエンティティをコピー&ペーストできます。   今回は図枠と同じシートフォーマットにロゴを挿入したいため、 シートフォーマットタブから「シートフォーマット編集」をクリックし、 シートフォーマットの編集に入ります。   メニューバー →編集 →ペースト を選択し、貼り付けます。 (ショートカットキーは、 Ctrl + C です。)   図面上にロゴマークが貼りつきました。 (ロゴはブロックとして貼りつきます。)   もう一度「シートフォーマット編集」をクリックし、シートフォーマットに編集に入り、   ロゴをドラッグして位置や、 PropertyManagerの パラメータ - ブロックスケール で大きさを変更します。   「シートフォーマット編集」をクリックし、シートフォーマット編集を終了します。   ぜひお試しください。   ...

図面にロゴを挿入する-図_SOLIDWORKS

大半の企業はオリジナルの図枠を保持しています。 そこで今回は、図面シートフォーマットに 社名やブランドのロゴを挿入する方法をご紹介いたします。 ※SOLIDWORKSの図面ドキュメントでは図枠のことをシートフォーマットと呼びます。 完成図はこちら     操作方法 シートフォーマットタブから「シートフォーマット編集」をクリックし、 シートフォーマットの編集に入ります。   こちらのロゴマークを挿入します。(ファイル形式は.jpegです。)   メニューバー →挿入 →図 を選択します。 ※このコマンドでは、図 (.bmp, .gif, .jpg, .jpeg, .tif, .tiff, .wmf, .png, .psd) を挿入できます。   ダイアログボックスが現れます。 挿入したいファイルを選択し、「開く」をクリック。   スケッチ図PropertyManagerが表示され、図面上にロゴマークが挿入されます。   下記を使用して図をドラッグしてロゴマークの大きさを調整します。 ■スケッチツールを使用 スケールツールは、図のサイズの変更に使用する各端点にハンドルがある作図線のことです。 ■アスペクト比固定 選択すると縦横比が固定されます。 図を配置をしたい位置にドラッグして移動します。 (ポインタが十字矢印のときに移動できます。) 大きさと位置が決まったら、「OK」ボタンをクリック。   ロゴマークが挿入できました。   シートフォーマット編集を終了します。   まとめ さらに、テンプレートで保存をしておけば、ロゴマークの入った図面を雛形として使用できますね。 ファイル →指定保存 →図面テンプレート(*.drwdot)で保存をします。 また、オリジナルの図面テンプレートの作成方法は下記の図面教材でご紹介しています。 ご活用いただけましたら幸いです。 ■書籍「よくわかる3次元CAD SOLIDWORKS演習 図面編」 ■DVD「よくわかる!SOLIDWORKS図面3 【設定編】」 ...

募集中

『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS マルチボディ設計編)』in 南信工科短期大学校 8/25~27

『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS マルチボディ設計編)』in 南信工科短期大学校 南信工科短期大学校 在職者向けスキルアップ講座 3次元CAD SOLIDWORKSが持つマルチボディ機能を活用した設計手法と関連コマンドを学びます。 マルチボディ機能を活用することで構想設計から部品設計を効率よく行えます。 日時: 2021年8月25日(水)~ 8月27日(金)(3日間) 9:00 ~ 16:00 セミナー開催場所: 南信工科短期大学校 講義棟 C107 共通実習室 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 受講申込み・セミナー詳細: 受講申込み方法やセミナーの詳細、受講料等については 下記PDFファイル をご覧ください。 →『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS マルチボディ設計編)』【PDF】 セミナー内容: 3次元CAD SOLIDWORKSを操作して、3次元上での構想設計から部品設計の演習を行います。 また、最終的なアウトプットとして3Dモデルから組立図と部品図の作成を行います。 ・モデリング基本操作の復習 ・マルチボディとインポートデータ編集 ・マルチボディ機能による組立モデル作成 ・3次元設計手法概要と演習 ・3Dモデルから組立図および部品図の作成 対象となる方: SOLIDWORKS を使用して製品や設備・治具の設計をしたい方 前提条件: 同校の「3次元CAD講習会(SOLIDWORKS 入門編)」を受講済の方 または、同等の知識(スケッチ・フィーチャーコマンドによるモデリングやアセンブリの作成、修正ができるなど)をお持ちの方 定員: 12名(先着順) 募集締め切り: 2021年8月4日(水) 受講申込み・問合せ先: 南信工科短期大学校 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 電話 0265-71-5051 Fax 0265-72-2064 ...

終了しました

『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS モデリング編)』in 南信工科短期大学校 7/12~13

※ 終了しました。ありがとうございました。 『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS モデリング編)』in 南信工科短期大学校 南信工科短期大学校 在職者向けスキルアップ講座 3次元CAD SOLIDWORKSを使用して、簡単な形状から複雑な形状までのさまざまな形状の3Dモデルを作成します。 演習を通してSOLIDWORKSのモデリングに関するコマンドの機能と操作方法を学びます。 日時: 2021年7月12日(月)~ 7月13日(火)(2日間) 9:00 ~ 16:00 セミナー開催場所: 南信工科短期大学校 講義棟 C107 共通実習室 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 セミナー内容: 3次元CAD SOLIDWORKSを操作して、さまざまな形状の部品モデルと簡単なアセンブリモデルを作成します。 その過程で生じる疑問点について解説もあり操作のポイントを押さえて習得ができます。 ・スケッチ、フィーチャー、アセンブリの基本操作 ・部品モデルの作成 ・スケッチ手法 ・アセンブリモデルの作成 対象となる方: SOLIDWORKS の経験が浅い方で思い通りにモデリングをしたい方 前提条件: 同校の「3次元CAD講習会(SOLIDWORKS 入門編)」を受講済の方 または、同等の知識(スケッチ・フィーチャーコマンドによる簡単な形状のモデリングが行えるなど)をお持ちの方 定員: 12名(先着順) 募集締め切り: 2021年6月21日(月) 受講申込み・問合せ先: 南信工科短期大学校 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 電話 0265-71-5051 Fax 0265-72-2064 ...

終了しました

『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS 入門編)』in 南信工科短期大学校 6/14~16

※ 終了しました。ありがとうございました。 『3次元CAD講習会(SOLIDWORKS 入門編)』in 南信工科短期大学校 南信工科短期大学校 在職者向けスキルアップ講座 機械設計・開発のツールである 3次元CAD SOLIDWORKSの操作方法を学びます。 日時: 2021年6月14日(月)~ 6月16日(水)(3日間) 9:00 ~ 17:00 セミナー開催場所: 南信工科短期大学校 講義棟 C107 共通実習室 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 セミナー内容: 3次元CAD SOLIDWORKSを操作して、部品・組立・図面の作成を行い、実務でよく使用するコマンドの基本操作を学びます。 豊富なビジュアルのテキストで視覚的にもわかりやすい講習内容です。 ・3次元CADの概要 ・部品の作成(モデリング基礎) ・部品の組立(アセンブリ基礎) ・図面の作成 ・応用演習 コーヒーミルの作成 ・応用機能紹介 モーション 他 対象となる方: これから SOLIDWORKS の学習を始めたい方、 基本からしっかり SOLIDWORKS 習得したい方、 ポイントを押さえて短時間で SOLIDWORKS の基本操作を学びたい方 前提条件: 初歩的な製図知識(第三角法や線の種類・用途など)がある方、 Windows の基本操作ができる方 ※コースは、入門編(本講座) → モデリング編 → マルチボディ設計編 と難易度が高くなります。 定員: 12名(先着順) 募集締め切り: 2021年5月24日(月) 受講申込み・問合せ先: 南信工科短期大学校 〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190 電話 0265-71-5051 Fax 0265-72-2064 ...

図面に用いる線の太さを変更する_SOLIDWORKS

日本の機械図面は概ねJIS規格を基準にしています。 図面に用いる線は線の形状と太さによる種類があり、これらを組み合わせて使用します。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 線の形状: 実線・破線・一点鎖線・二点鎖線 線の太さの種類: 細線・太線・極太線 太さの比率: 1:2:4 太さの基準: 0.13mm,0.18mm,0.25mm,0.35mm,0.5mm,0.7mm,1mm,1.4mm,2mm ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 太さの使用例として、 細線を0.25mmとした場合、太線は0.5mm、極太線は1mm。 また、線の形状は用途によって規定されています。 例えば、品物の外形を表す外形線は太い実線というように。   ところが・・ SOLIDWORKSのデフォルト設定では、細線が0.18mm、太線が0.25mmです。 比率は、1:1.388‥  図面に表すものの形状によっては用途の区別がつきにくいですね。 そこで、線の太さを変更する方法のご紹介です。 今回は、SOLIDWORKSの図面ドキュメントで、外形線の太さを0.25mmから0.35mm に変更します。   線のフォント   メニューバーから「オプション」をクリック。 システムオプションのダイアログボックスが開きます。 タブを「ドキュメントプロパティ」に切り替え、「線のフォント」をクリック。 エッジのカテゴリから「可視エッジ」を選択します。 「線の太さ(H):」をプルダウンから「0.35mm」に変更し、 「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。 ※可視エッジ=SOLIDWORKSでは外形線です。 ※今回は関係ありませんが、スタイル(S):=線の形です。   外形線の太さが変わりました。   変更後   変更前 この方法は、既に書き上げた図面にも有効ですよ。 お試しください。   ...

news

セミナー情報を更新しました

2021年4月から7月に行われる 機械製図、AutoCAD、SOLIDWORKS等に関するセミナー情報を掲載いたしました。 すでにキャンセル待ちとなっている講座もありますので、 → セミナー情報 から各セミナーの詳細をご確認いただき、 お問い合わせや受講のお申込みはそれぞれの主催者までお願いいたします。 ・長野県岡谷技術専門校  〒394-0004 長野県岡谷市神明町2-1-36  電話 0266-22-2165 ・ポリテクセンター松本  〒399-0011 松本市寿北7-17-1  電話 0263-58-3392 → セミナー情報はこちら ...

締切ました

『3次元CAD(SOLIDWORKS2015)操作基礎講習会』in 岡谷技術専門校 6/30~7/2

『3次元CAD(SOLIDWORKS2015)操作基礎講習会』in 岡谷技術専門校 岡谷技術専門校 在職者向けスキルアップ講座 3次元CAD SOLIDWORKSの操作方法を基礎からやさしく学びます。 日時: 2021年6月30日(水)~ 7月2日(金)(3日間)9:00 ~ 16:00 セミナー開催場所: 長野県岡谷技術専門校 〒394-0004 長野県岡谷市神明町2-1-36 受講申込み・セミナー詳細: 受講申込み方法やセミナーの詳細、受講料等については 下記PDFファイル をご覧ください。 →『3次元CAD(SOLIDWORKS2015)操作基礎講習会』【PDF】 セミナー内容: 3次元CAD SOLIDWORKSを使用して、部品・組立・図面の作成を行い、実務でよく使用するコマンドの基本操作を学びます。 ・3次元CADの概要 ・部品の作成(モデリング基礎) ・部品の組み立て(アセンブリ基礎) ・図面の作成 ・応用演習 コーヒーミルの作成 ・応用機能紹介 モーション 他 対象となる方: 在職者の方で、3次元CADを知りたい方・試したい方 これから「SOLIDWORKS」に取り組もうとする方、あるいは実務に必要な方 ※前提知識:Windowsの基本操作ができる方 ・クリック、ダブルクリック、ドラッグ等のマウスの操作ができること ・フォルダ、ファイルの操作(指定場所に作成、保存、名前の変更等)ができること 定員: 8名(先着順) 募集締め切り: 2021年6月3日(木) 受講申込み・問合せ先: 長野県岡谷技術専門校 〒394-0004 長野県岡谷市神明町2-1-36 電話 0266-22-2165 Fax 0266-21-1000 ...