Toolbox Tag

「ねじ」の長さを追加する方法 – Toolbox

製品を設計する際には、 自分でモデリングを行う部品だけでなく 標準部品も使用しますよね。 そこでアセンブリ作成の効率を上げるために 使用する標準部品の追加機能が「Toolbox」です。 SOLIDWORKSのアドイン機能として 搭載されている「Toolbox」には、 さまざまな工業規格に対応した標準部品が用意されています。 それらの部品は、アセンブリドキュメントの画面上に ドラッグ&ドロップするだけで簡単に追加できます。 ※Toolboxが搭載されていないパッケージもあります。 Toolboxの使用方法はこちらから https://cadrise.jp/manual/so_manual/toolbox_bolts/ そんな素敵な機能ですが、 皆さんはToolboxを使用して ボルトを挿入しようとした際に、 “挿入したいボルトの長さがなかった” という経験はありませんか。 今回はToolboxに用意された既存のデータを編集し カスタマイズをする方法をご紹介いたします。 「Toolboxコンフィギュレーション設定」   まず、「デザインライブラリ」をクリックします。 (SOLIDWORKSを開くと画面右側にタスクパネルがあります。 上から2つ目が「デザインライブラリ」です。) 次に、「Toolboxコンフィギュレーション設計」をクリックします。   Toolboxの設定ダイアログボックスが開きます。   「ハードウェアのカスタマイズ」をクリック。   Toolboxの規格に「JIS」をクリックして選択します。   カテゴリから「ボルトとネジ」をクリック。   タイプに「六角ボルト」をクリック。   「全ねじ六角ボルト(部品等級A)」を選択します。   今回はボルトの首下の長さ変更したいので、 標準プロパティから「Length」をクリック。   「新規サイズを追加」をクリック。   「新規サイズ追加」ダイアログボックスが開きます 追加したいサイズと長さを入力し「OK」をクリック。   スクロールバーを移動すると1番下に 新しいサイズが追加されています。   いかがでしたでしょうか。 カスタマイズを行うと更に使い勝手が良くなりますね。 ぜひ、お試しください。...

ツールボックスの編集

今回はツールボックスの編集方法を お伝えします! (前回紹介したツールボックスの使い方はコチラ) 頂いたご質問↓ =============== toolbox/コンフィギレーション/ユーザ設定の定義/設定/ ファイルの コンフィギレーションの作成と部品作成の区別が今一つ はっきりしません。 (1)toolboxの部品を加工したり、編集する時に、マスターファイルを 上書きしない場合には、 部品作成を指定し、データを保存するフォルダ を作成(指定)すればいいと理解していいでしょうか。 (2)また、sw2007で作成したデータをsw2007というフォルダに元のデータ と編集したデータを保存。 sw2013で呼び出すとすると、2013側のtoolbox側で部品作成として のフォルダをsw2007 に指定する必要がありますか? この場合、①を作成せず、sw2007とかsw2013のフォルダに元のデータと 加工したデータを保存する方法では不都合がありますか? (3)システムオプションに穴ウイザード/toolboxがありますが、 ここでのフォルダ  C:\SolidWorks Data\ と  検索boxに チェックを入れるか いれないかの区別が初心者のため理解できません。 =============== (1)ツールボックスの部品の加工、編集方法 まずは編集画面へ。 ツール→Toolbox→コンフィギュレーション 新たなウィンドウが開きますので2.ハードウェアのカスタマイズをクリック。 ここで編集が出来るようになります。 まずは部品の保管先フォルダを作成します。 (※テストというフォルダを作成しました) 元データから編集する場合、元となるデータをコピーして、 作成したフォルダにペーストします。 ⇒ これをクリックすると編集画面になります。 「有効」のチェックはこの部品を使えるようにするかどうか、 「ユーザー定義コンフィギュレーション名を許可」では画像下のコンフィギュレーション名を変更できます。 その他説明やファイル名を変更でき、 「標準プロパティ」ではサイズ、長さなど様々なものを変更できます。 元データを使って編集したい場合はコチラを編集してください。 最後に左上にある保存ボタンで保存します。 部品ファイルで部品を作成した場合は フォルダを右クリックして出てきた「ファイルの追加」で使用できるようになります。 (2)バージョンの違いについて SOLIDWORKSのツールボックスは基本的に バージョンに依存しています。 SOLIDWORKS2016は2016のツールボックス、 2014は2014のツールボックスと、それぞれ参照します。 ですから、バージョンが違うと参照がうまくいかない場合も発生します。 過去バージョンを開いた時、保存について基本的には元データのところに 追加保存もできます。しかし、新規追加する場合は「フォルダの作成」をオススメします。 あとで見たときに分かりにくくなる管理の不便さが発生するからです。 または、ツリーで部品を右クリックし、出てきたメニューから 「構成部品置き換え」にて 現バージョンに修正するなども可能です。 (3)ツールボックスの呼び出しについて バージョンに依存せず、一つのツールボックスだけを参照する 方法もあります。 設定から ツールボックスの画面で出てくる指定フォルダを 変更し、チェックボックスにチェックをいれます。 この設定をしておくと、アセンブリ上で本のマークをクリックすると、 ここで指定したフォルダが開くことになります。 私はSOLIDWORKS2016を使用していたので、デフォルトでは2016が指定されています。 しかし、2015のデータを使いたい、社内のツールボックスを使いたい場合などがあれば そのフォルダを指定して、指定のチェックを入れておきます。 いかがでしたか? 今回の内容はかなりレベルが高いかもしれません^^; 普段使わない方も、ツールボックスを使わなきゃ!という時に 思い出してもらえたら幸いです。...

アセンブリ上でネジを挿入する

⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 今回もメルマガ読者様から頂いた質問に回答します。 ========== アッセンブリーで、ツールボックスを使用して、 ネジ、ナットを設置することがあります。 設計変更になり、ねじの長さ、径を変えたい場合です。 元のパーツを後から変更することができないので、 新たにパーツを配置しているのですが、かなり面倒です。 何か良い方法はないのでしょうか? よろしくお願い致します ========== 前回穴ウィザードであけた穴にネジやナットを挿入します。 結論からいいますと、元のパーツから変更出来ます! 最後には変更方法までご案内しているのでご覧くださいね。 では、早速やってみましょう。 前回の要領で穴をあけた部品をアセンブリドキュメントで開いてください。 (M5の穴を座ぐりあり、なしで2箇所に開けました) 早速挿入してみましょう。 1:挿入したい部分をクリックして、 2:画面の右側にあるタブから本のマークをクリック。   Toolboxをダブルクリック。 JISなど使用する規格を選択。 いろんな種類がありますので挿入したいものを選んで ドラッグして近くに持っていきます。 近づけると自動的にはまりますので、マウスをうまく調整してください。 サイズウインドウも出てきますので、確定させます。 ネジが入りました!!!! ※座ぐりがある場合 図の場所を選択してくださいね。 では、変更していきます。 まずは長さの変更。 変更したいネジをクリックすると、 オレンジの矢印が出現します。 この矢印を ドラッグすると長さが変わります。 ネジをM5からM3に変更します。 該当するネジをツリーから右クリック。 出てきたメニューから「Toolbox 構成部品編集」を選択。 サイズのウインドウが出てくるので 選択し直すことができます。 または、画面左側のメニューから 変更できます。↓  ...