【図面作成テクニック】矢印の分岐方法

【図面作成テクニック】矢印の分岐方法

こんにちは。アドライズの中澤です。

久しぶりの投稿となってしまいましたが、
 今回は弊社講師の林より、
「矢印を分岐する」方法をお伝えいたします。
注記や表面性状記号等では複数個所を矢印で指示することがあります。

今回は、上記のように近接する複数の箇所を、
1つの表面性状記号で指示す場合に利用できる
矢印の分岐方法をご紹介します。

 

【分岐手順】

こちらの表面性状記号に追加をします。

まず、表面性状記号をクリックして、選択状態にします。(黒→水色になります)


Ctrlキーを押しながら、矢印の先の点をドラッグ。
今ある矢印はそのままに、もう1本の矢印が引きずられてきます。

 

矢印が追加できました。


Ctrlキーを押しながら端点をドラッグ&ドロップすることで、
何本でも続けて追加することができます。

 

また削除するには、不要な矢印の端点を選択して
Deleteキーを押します。

このときに、削除したい矢印の端点ではなく
記号全体を選択してDeleteキーを押すと、
記号自体が削除されてしまうのでご注意ください。

 

この矢印を分岐する方法は、矢印付きの注記でも同様に行えます。
お試しください。