エンティティ変換 Tag

エンティティ変換② ~エンティティ変換の手順~

今回は【エンティティ変換】の手順について説明します。   【エンティティ変換】は、まず、スケッチを投影したい面(この説明ではモデルの底面)を選択し、 「スケッチ」タブの「スケッチ」コマンドを選択します。                         次に、ツリーの履歴から、スケッチ面に投影したいスケッチを選択します。 履歴のスケッチをクリックすると、モデル上では選択されたスケッチが水色で表示されます。                         「スケッチ」タブから、「エンティティ変換」コマンドを選択します。         選択したスケッチを、現在のスケッチ面に投影することができました。                           「フィーチャー」タブの「押し出しカット」コマンドで、下図のように設定すると、                         モデルの底面から、上面と同じ位置の同じ大きさの穴を開けることができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                         「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。                                ...

エンティティ変換① ~エンティティ変換の機能~

今回は【エンティティ変換】の機能について説明します。   【エンティティ】とは、点やエッジ、面などの要素のことを指します。 【エンティティ変換】では、エッジ、面、スケッチ、エッジの集合などを、 スケッチ平面へ投影することができます。     例えば。 モデル上面に空いているφ10mm穴深さ10mmの4つの穴を、底面からも空けたい場合、                           モデル上面に描いたスケッチを、底面に投影することができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                           「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。  ...