エンティティ変換 Tag

エンティティ変換② ~エンティティ変換の手順~

今回は【エンティティ変換】の手順について説明します。   【エンティティ変換】は、まず、スケッチを投影したい面(この説明ではモデルの底面)を選択し、 「スケッチ」タブの「スケッチ」コマンドを選択します。                         次に、ツリーの履歴から、スケッチ面に投影したいスケッチを選択します。 履歴のスケッチをクリックすると、モデル上では選択されたスケッチが水色で表示されます。                         「スケッチ」タブから、「エンティティ変換」コマンドを選択します。         選択したスケッチを、現在のスケッチ面に投影することができました。                           「フィーチャー」タブの「押し出しカット」コマンドで、下図のように設定すると、                         モデルの底面から、上面と同じ位置の同じ大きさの穴を開けることができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                         「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。                                ...

エンティティ変換① ~エンティティ変換の機能~

今回は【エンティティ変換】の機能について説明します。   【エンティティ】とは、点やエッジ、面などの要素のことを指します。 【エンティティ変換】では、エッジ、面、スケッチ、エッジの集合などを、 スケッチ平面へ投影することができます。     例えば。 モデル上面に空いているφ10mm穴深さ10mmの4つの穴を、底面からも空けたい場合、                           モデル上面に描いたスケッチを、底面に投影することができます。                           「エンティティ変換」で投影したスケッチは、元のスケッチに依存します。 なので、元のスケッチを編集すると、                           「エンティティ変換」で投影したスケッチにも編集が反映されます。  ...

ループの選択

スケッチを描いていて、既にあるエッジやスケッチを参照することは多いかと思います。 そういった場合、エンティティ変換やエンティティオフセットなどを使います。 その際Ctrlを押しながらクリックすることで複数のエッジを選択します。 しかし、複雑になればなるほど手間が増えてしまいます。 また、形状的にエッジが隠れて選択しづらいときもあるかと思います。 そこで「ループ選択」を使います。   たとえば下図が完成としましょう。                 星型のスケッチを描き、押し出します。                 新たにスケッチに入ります。                 エッジを右クリックすると、メニューがあらわれるので 「ループ選択」を選びます。                 「ループ選択」を選ぶことによって そのエッジに隣接する面の外周を一気に選択できます。 そして「エンティティオフセット」をクリック。                 「反対方向」にチェックをします。               「押し出しカット」をクリック。               完成。                 外周の方向を反転することも出来ますので 必要とする外周でなかった場合はハンドルにより修正してください。             作業の効率化に役立てましょう。      ...